天野 瀬捺(あまのせな)

千葉県出身。外資系航空会社元CA。作家、通訳。世界30カ国以上を旅し、オーストラリア、スイス、カナダには長期滞在。日本国内では沖縄に2年余り在住経験あり。海外に出たからこそ再認識した日本のすごさ、素晴らしさを世界に発信し続けたい。趣味は料理、散歩、おしゃべり。現在カナダ在住。
    • おばあちゃんのおひざもと

      大正3年、1914年にアメリカに生を受け、22歳までに3度も船で太平洋を横断し日本とアメリカを行き来したおばあちゃん。 ロサンゼルスの大都会から、ど田舎にある山寺の住職の嫁として日本へやってきたのは戦前昭和10年のこと。 生活のあまりの隔たり、変化に戸惑い、悪戦苦闘しながらひたすら一生懸命生きた日々。戦争が始まり、おじいちゃん(夫)が一人でテニヤン島へ赴任した時には母親一人の身となり、畑を興すところからはじめて野菜を植えて子供を養ったこと、娘の夫が白血病で亡くなった後は、孫たちの世話を一挙に引き受け、2度目の子育てを始めたこと、水道のない家に、山から竹を繋いで水を引き薪を炊いて炊事をしなければならなかったこと。そんなおばあちゃんの百年の生き様を、孫の私がおばあちゃんから聞いた通りの語り口調で再現。 大好きなおばあちゃんに感謝の想いを込めて百歳のお誕生日プレゼントに本を送ります。

    • かるた小説 ーおばあちゃんのおひざもとー

      大正3年、1914年にアメリカに生を受け、22歳までに3度も船で太平洋を横断し日本とアメリカを行き来したおばあちゃん。ロサンゼルスの大都会から、ど田舎にある山寺の住職の嫁として日本へやってきたのは戦前昭和10年のこと。生活のあまりの隔たり、変化に戸惑い、悪戦苦闘しながらひたすら一生懸命生きた日々。戦争が始まり、おじいちゃん(夫)が一人でテニヤン島へ赴任した時には母親一人の身となり、畑を興すところからはじめて野菜を植えて子供を養ったこと、娘の夫が白血病で亡くなった後は、孫たちの世話を一挙に引き受け、2度目の子育てを始めたこと、水道のない家に、山から竹を繋いで水を引き薪を炊いて炊事をしなければならなかったこと。そんなおばあちゃんの百年の生き様を、孫の私がおばあちゃんから聞いた通りの語り口調で再現。大好きなおばあちゃんに感謝の想いを込めて百歳のお誕生日プレゼントに本を送ります。

「クーデンホーフ光子の手記」 を読んで

#読書感想文 昨今世界情勢ははイギリスがEUから離脱を選んだという国民投票の結果に衝撃を受けています。 このEUにちなんで、EUの母と呼ばれる人が、実は日本人女性であ…

”生きとし生けるもの”という千年以上使われている日本語 に思う

#国語がすき 日本人であれば、誰しも一度ならず”生きとし生けるもの”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 一千年以上前に書かれた古今和歌集の中にこの言葉が既に…

日本人の自然観

#名前の由来 ”自然” (しぜん) 日常よく使う言葉であるが、実は明治維新後19世紀末になってヨーロッパ言語や英語のNature の訳語として当てられることとなった比較…

セナのCA見聞録 Vol.48 祖父と二人のハワイ旅行 その1

#おじいちゃんへ 5月の末、私は祖父と二人でハワイへ来ていました。 祖父と祖母の誕生月は必ず二人を訪ねることを常としている私は、4月の祖父の誕生日を祝うため、祖…

セナのCA見聞録 Vol.29 もぐら生活

#業界あるある CAとなり飛び始めてから数年。 アメリカ便ばかりが続く月がありました。それを数ヶ月繰り返しているうちに、私の睡眠に障害が出始めました。 アメリカか…

280

UFOの地球との交流状況が間もなく明らかになる?

#宇宙SF 数ヶ月前の話ですが、トロントで夕方放送されたニュース、CityNews の中で、オバマ元大統領がUFOについて語った、という話題が取り上げられていました。(202…