コルクラボガーデン

あきらめることで始まる人生もある-2021中間振り返り-

あきらめることで始まる人生もある-2021中間振り返り-

こんばんは。みよよです。2021年も半分が過ぎたので、中間振り返りを行いました。 1.2021年設定したテーマの振り返りまずは自分が注力したいテーマについて。 「マーケティング」「組織論」「ライティング」に時間を投資していくと年始に述べました。そして実際にライティングはスクールの入学に応募という新たな一歩を踏み出してみました。 結果は見事落ちました。 で不思議なもので、落ちたと分かった瞬間「しばらくライティングはもういいかな」と。もちろんnoteはこつこつと続けたい。

8
「ありがとう」を言いたくない

「ありがとう」を言いたくない

小6の頃、会ったこともない母の友人からBENTTONのポーチをもらった。正確には、母がポーチを受け取り、それをその日の夕食前に渡されたのである。 箱を開くとBENETTONらしいポップなピンクや黄色が飛び込んできた。私の好みとは程遠くて、しかも知らない人からのもので、本当に申し訳ないけれども「何でこんなものをくれるんだろう?」とがっかりを通り越して若干の怒りまで芽生えていた。 そこに追い打ちをかけるかのように、母から「電話でお礼を言いなさい」の一言。 いやいや、私はポー

9
「好きじゃない」のはハードルを上げすぎたからかもしれない

「好きじゃない」のはハードルを上げすぎたからかもしれない

わたしはPMS(月経前症候群)の症状が重い。イライラしたり、腹痛が起きたり。1番辛いのは眠気だ。今までは休日に眠気が襲うと、特に抵抗もなく眠っていたけれど、よくよく調べてみると寝れば寝るほど症状が重くなるらしい。 はて、困った。休日に寝ない方法を考えねば。 ただでさえあまり気が乗らない中外出はハードル高いし、読書も好きだけど何時間も読書し続けるほど自分は集中力がない。そうなると映画を見るのが1番いいかもしれない。でもなあ。 「映画を見てもしっかり感想とか言えないし、良し

8
カスタマーサクセスから懐かしのセールスに戻ります

カスタマーサクセスから懐かしのセールスに戻ります

こんばんは、みよよです。6月から心機一転、フィールドセールスの部署に異動します。実は自ら希望を出しての異動は生まれて初めて。転職の際はカスタマーサクセスを希望していたのに、なぜ元の職種であるフィールドセールスに戻るのかを、備忘録として残します。こんなキャリアもあるのか、と参考になったら幸いです。(※以下の話はあくまで私の仕事の話であり、カスタマーサクセス全体をさすものではありません) 1.売り上げアップのために、土台を整えたいという想いカスタマーサクセスの主要な業務として、

12
失われるはずだった命を消さないために奮闘するひとたちを支えて。

失われるはずだった命を消さないために奮闘するひとたちを支えて。

こんばんは。みよよです。今日は参加しているPLANETS Schoolの課題である「自分が仕事で得た専門性」についてエッセイを書きます。 1.専門性などそもそもあるのか?という前提から自問自答具体的に話すと仕事が特定されてしまうので伏せますが、私は製薬業界で製薬のプロモーション商品の受注から受注後のクライアント様のフォローを一貫してサポートしつつ追加受注を狙う営業職に従事しています。「専門性」という単語を見た時、正直 「文系仕事の私にそんなものはない」 と勝手に落ち込ん

10
マーケターとライティングがしたい34歳GWでの読書 10冊宣言

マーケターとライティングがしたい34歳GWでの読書 10冊宣言

おはようございます。みよよです。今日からゴールデンウイーク。わたしの予定は以下でした。 ・友達とカラオケ ・帝国劇場でミュージカル鑑賞 ・伊豆へ旅行。温泉とバナナワニ園を楽しむ まあ、お察しの通りすべてなくなりました。 旦那さんは「僕は思う存分ゴロゴロするんだ!何もしないって最高」と喜んでいますが、私はもともと何かをしていないと気が済まない性分なのでイライラマックスです。 せっかくなので読書をして、自分自身の学びにつなげようと考えました。しかし宣言をしないとサボって結

38
確固たる信念がない、も信念

確固たる信念がない、も信念

小学生の時「ガラスの仮面」という漫画にハマりました。主人公の北島マヤがとても羨ましかったからです。演劇に生涯をかけて自分のやりたいことを貫きとおす姿を見て、私は演劇部の強い学校を受験しようと決めた小学校4年生の春。 中学受験で私立中学に合格し、念願の演劇部に入った中学生。北島マヤのように女優になるきっかけをつかめた。そう思えたのは束の間で、私は致命的なことに気づきました。 自分には、表現したい確固たる信念がないことに。 それは表現者になりたい、と思っていた自分にとっては

6
楽な道を行く、と決めたワケ

楽な道を行く、と決めたワケ

こんばんは。みよよです。今日は普段と異なった方法でnoteを書いてみます。そう途中から有料コンテンツにしてみました。誰も読まなくてもいいや精神で、少し挑戦をしてみます。 今日は、楽な道を選ぶのが良くないと思っている人に、楽をときには選んでもいいということを、最近した私の決断をもとにお話します。 1.転職後半年の仕事でしんどいと気付いた 最近「やっぱり今の仕事は違うなあ」と気づきました。自分勝手な話ですが。というのは転職活動中多くの友達や知り合いにたくさんお世話になった。

7
300
「変わりたい」と「変わる」に大きな壁があると気付いた話

「変わりたい」と「変わる」に大きな壁があると気付いた話

こんばんは。みよよです。3月も終わり、新しい年度に向けてワクワクすることが増えていく時期。 しかし、私は不安でいっぱいの時期でもありました。どうにもこうにも仕事がうまくいかないと1人で悩んでいたのです。そんな中今週は人と話す時間を意識的に多くとりました。コルクラボでイベントを立てて、リクルート時代の友と飲み、友とzoomで雑談をしました。その中で気づいたことは以下です。 1.飲み会とカラオケは自分にとって人と仲良くなる最強の武器だったこと 2.変わるのは苦しいということ

5
【30日間note30日目】私の宝物は家の中に

【30日間note30日目】私の宝物は家の中に

30日間noteを書き続けてみました。(1日サボったけど)その中で自分が大事にしていること、りょうじさんのコーチングで気づいたことと一致していました。 私が1番大事にしているのは家族。肉がひたすら食べたいとウキウキしているかわいげのある旦那さんのことです。 結婚したら自由がなくなると結婚するまでずっと思っていました。自分の好きなことが出来なくなると。確かに外出やお金の使い方は変わりました。自分のために使う時間やお金は減った気がしています。 それでも私は別の自由が手に入っ

4