「変わりたい」と「変わる」に大きな壁があると気付いた話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「変わりたい」と「変わる」に大きな壁があると気付いた話

こんばんは。みよよです。3月も終わり、新しい年度に向けてワクワクすることが増えていく時期。

しかし、私は不安でいっぱいの時期でもありました。どうにもこうにも仕事がうまくいかないと1人で悩んでいたのです。そんな中今週は人と話す時間を意識的に多くとりました。コルクラボでイベントを立てて、リクルート時代の友と飲み、友とzoomで雑談をしました。その中で気づいたことは以下です。

1.飲み会とカラオケは自分にとって人と仲良くなる最強の武器だったこと
2.変わるのは苦しいということ
3.守るものがあるのなら捨てるものを決める必要があるということ

1はくだらないと思う人もいるかもしれませんが、順番に解説していきます。

1.飲み会とカラオケがないと人と馴染めない自分に気づく

今の職場では頼れる人がいない、というのが大きな悩みでした。ですが思い返してみれば自分は特に人と仲良くなるのが苦手だった記憶がありません。とくにここ10年はなんだかんだ所属しているコミュニティに溶け込む努力をし、楽しく暮らせています。

なぜ今の会社ではうまく馴染めないのだろう?

そう改めて友に問われたとき、他の会社やコミュニティで仲良くなった方法を思い出していました。新卒の会社では大学生のバイトの子を毎週飲みに連れていき、カラオケでオールナイト。2社目は華金は飲み屋で集合し、土日にたまにアフタヌーンティーにいき、カラオケ。5年前に通った料理教室で今でも仲良しなのはカラオケで意気投合した仲間たち。コルクラボで自分が周りに馴染めたのは塚田農場での飲みと自分で立ち上げたカラオケ部のおかげ…

ん?

私、飲み会とカラオケしかしてないやん。

今の会社はコロナ禍で入社したため、飲み会はオンラインだしカラオケなんてもっての他。要するに私は仲良くなるための得意手段を封じられたのです。自慢ではないですが合コン一時期毎週いっていたこともあったので、飲み会で盛り上げるのは大好きだし得意!カラオケも自分が好きなので盛り上げるための曲の入れ方も任せて!

でもいかないとどうしようもないよね。

いや、普通に仲良くなりなよ、いつの時代だよ!と突っ込まれそうですが、業務が忙しすぎるので、業務中に雑談って今本当に難しいのです。またいくらでも残業しても身体がびくともしない時期なら業務時間中少し無駄な時間があってもいいですが、もう無理がきかない年齢なのでできるなら仕事は無駄のないように終わらせたい。よって業務中はマシンのように働き、そのことがより自分を孤独にしていることに気づきました。

まずは仲良くなるためにチームのメンバーを飲みに誘おうと思います!(あっているのか、このネクストアクション)

2.変わるのは苦しい

高校に営業していたころ、かたくなにITは使わない!人間の手ですべてやることが愛情だ!と主張していた先生を見て「え?なんのプライドなの?」とぽかんとしていました。

でも今私は、変わることがこんなに難しいのかと痛感しています。

私は転職するときに、「無理はしない」と決めました。ですが実態は転職する前よりも多くの仕事を抱え、転職する前よりも残業時間は増えています。

人が足りない、ということもありますが1番は「自分1人でなんとかできる」という心構えが全く変わっていないことに最近気づきました。
ありがたいことに個人でたくさんの受注をいただき、1人で抱えきれない量の仕事を今しています。色々仕事を手放せるように画策していますがうまくいっていません。今までは会社のせいにしていましたが、「私がやった方が早い」と心のどこかで思っている私が本気で仕事を手放しにいっていないからだと気付きました

仕事を本気で手放したいならかわいげをたくさん振りまいてみんなが助けたいと思えるような行動をとったり、自分だけが出来る仕事ではないということをアピールするためにマニュアル作ったり、手段はたくさんあるのに、それをやるくらいなら1人でやった方が早いと自分で決めつけていました。1人で出来ないと思われるのは否定されているのではないかと感じたからです。プライドが許せませんでした。

3.守るものがあるのなら捨てるものを決める必要がある

ここで3につながります。そもそもなぜ「無理をしない」と決めたのかを振り返りました。

私にとって1番大事なのは、家族のための時間。そしてそれは昔と違って新たに増えた大事なものだということを思い出せたからです。

余談ですが私は衣替えをするときに、新しい服を買ったらその数の分古い服を捨てるというマイルールを決めています。単純にたんすが小さいからという理由ですが、新たに何かを増やすときは何かを捨てなければキャパオーバーになるということが仕事ではわかっていなかった気がします。
新しい大事なことを守るには、自分のちっぽけなプライドは多少脇においてもいいのではないか。今週色々な、信頼できる人達と会話をする中ですーーっと自分の心の呪縛が消えていきました。

だからまずは1に書いた人と仲良くなるということを意識してみる。飲み会に行けたらいいけど、出来なくても飴を配る位のかわいげ作戦はできるはずだから。時間がない中で仲良くなれる方法を考えてやってみます。

そして仕事を捨てる。人に任せられるものはどんどん任せて、1つキャパオーバーだったプロジェクトは外してもらおうと腹を決めました。夫には「時間に見合わないから降りたほうがいい」と言われていたけれど、プロジェクトを降りると自分の出世に影響が出る気がして怖かったのです。でも無理して頑張って出世したところで、体を壊すだけだとやっと気づけました。幸い他もミッションを任せてもらえているので、そちらに力を注ごうと思います。

上に書いたことがすぐできるとは思いません。今までも変わることに苦しんでいたから、また壁にぶち当たるかもしれない。けれどそのたびに何度も何度も「大事にしたいことは何だっけ?」と自問自答して、答えが出なかったら人に話して自分の中で思考を整理しようと思います。

私と話してくれたみんなへ、心から感謝をこめて。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大好きです!
リクルートでのBtoB営業を経て、現在web動画配信のサービスのプロマネみたいなことやっています。興味あることはマーケティング・ライティング・歴史(べただけど戦国時代)・歌舞伎。好きなものはうさぎ帝国とお肉と旦那さん。日々のしくじりをためていきます。