エンベロープを持つかどうか問題

エンベロープを持つもの=消毒薬が効く

エンベロープを持たないもの=消毒薬が効きにくい

※アデノウイルス、ロタウイルスはエンベロープ(-)だけど、消毒薬は比較的に効く。

インフルはエンベロープがあるから出芽できる。確かに、インフルって消毒液で予防できそう・・・

ただ、エンベロープの有無なんて、医師になるのに必要ですか・・・?

DNAウイルスか、RNAウイルスかなんて、変異しやすいかどうかイ

もっとみる
読んでいただき、ありがとございます!!!

本当の現象として母なる星と自然世界が私達の行いの罰として人を使いウイルスなるものをばら撒き、人間達の数を調整するのであれば甘んじて受けましょう。
だが私は世界そのものを見通し、提示される言葉の中と意識の中と感受の中ではそれは起こり得ない。
神(根源)はサイコロを振らない。

これぞアメリカ! 脳死宣告された26才のコロナ患者が奇跡の回復!

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナ第三波が訪れたアメリカでは、中西部の田舎州を中心に日々感染者と死者の数が増え続けています。

本日も7万人以上の感染者と900人以上の死者が出ています。RIP

不幸なニュースが多い中、本日は奇跡的な出来事のニュースです。

26才のティオナ・ヘアストンさんは6月にコロナ感染し、ノースカロライナ州の病院に入院しました。

間もなく、合併症で脳卒中が起きまし

もっとみる
深謝でございます
2

#2 スマートワールド

『 本日未明、俳優の・・・・自宅で亡くなっているところを・・・』

まただ・・・

ここ数ヶ月、メディアでこんなニュースばかりが流れ、いい加減見飽きた。

北欧で発見された未知の細菌により、世界中の多くの人間がこの細菌によってこの世を去り、

社会活動も大きく停滞し、世界経済は混沌としていた。

その流れから世界恐慌が訪れ、自分が勤めていた会社も経営悪化により、

リストラや事業所の閉鎖など、至る

もっとみる
シェアしていただければ幸いです!

これぞアメリカ! サンフランシスコで集団万引きが流行!

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナパンデミックのアメリカでは至る都市で法秩序の崩壊が起きています。

凶悪犯罪が増えているという報道が目立ちますが、軽犯罪も増えています。

サンフランシスコから万引きで店舗が閉鎖してしまったという報道が入ってきました。

サンフランシスコの中心部にはウオールグリーンというアメリカでは大手の薬局が多数店舗を構えています。

多くのウオールグリーンが万引き被害

もっとみる
深謝でございます
2

45.周りから緑がなくなる話

写真が海で、書いてる話が緑のことなのは、正直自分でも何でって感じだけど、別にいいよね。

最近、実家の周囲が宅地開発で、畑や林がどんどんなくなっていく。

目の前の畑はすでに、似たような容姿の一軒家が立ち並び、今度は裏の畑まで、開発されるらしい。正直、精神衛生上でずいぶん助けられてきたから、すごく寂しい、というか残念だ。

確かに夏場とかはセミの声や羽虫が多くて大変だなとは思うけど、秋には夜の虫の

もっとみる
感謝感激 明日は晴天
4

ワクチン開発に、なぜこんなにも時間がかかるのか? 『ワクチン・レース』 【試し読み】

「…効果のあるワクチンを作るのはそう簡単ではない。」
これは、『ワクチン・レース』のプロローグに書かれている一文です。2020年の今を生きる私たちは、まさにこのフレーズを肌でリアルに感じています。

ノンフィクション『ワクチン・レース』は、ウイルスの研究が新時代を迎えた1960年代前半から始まります。
1962年6月の霧雨の降るある朝、34歳になったばかりの科学者レオナルド・ヘイフリックはウィスタ

もっとみる

これぞアメリカ! 老人ホームでメガクラスター! 入居者全員がコロナ感染!

こんにちは、ドクターコロナです。

出口が見えないアメリカのコロナ感染は秋の訪れと共に第三波が始まりました。

第三波は中西部の田舎州が中心です。ミズーリ、アイオワ、ミネソタ、サウスダコタ州などで、過去最高の感染者と死亡者が記録されています。

カンザス州もそのひとつです。

そのカンザスから驚きのニュースです。

春先のコロナが流行り始めた頃に世界中で老人ホームや病院で高齢者がコロナ死したのを覚

もっとみる
深謝でございます

これぞアメリカ! TikTokでトランプダンスが大流行!

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナを打ち負かしたのに、大統領選では不利を伝えられているトランプ大統領です。

劣勢を挽回するために各地でマスク無しの選挙集会を開催しており、さらなるコロナの拡散に貢献しています。

トランプ大統領の選挙集会では、YMCAやマッチョマンなどの懐かしの歌が流れるのが特徴です。先週の記事でYMCAに合わせて踊るトランプを紹介しましたが、今週はダンスが進化しています
もっとみる

深謝でございます
4

これぞアメリカ! BLM活動家がトランプタワーから宙づり!

こんにちは、ドクターコロナです。

不動産化のトランプ大統領は、いくつかの都市にトランプと名のついたビルやホテルを所有しています。

犯罪のメッカのシカゴの中心部にもトランプタワーがそびえ立っています・

そのトランプタワーの側面にロープでぶら下がり、トランプ大統領に逢わせろと叫ぶ男が出現しました。

男は、引き上げるならナイフでロープを切って死んでやると脅しながら、何と13時間にも渡ってぶら下が

もっとみる
深謝でございます
1