見出し画像

第38回週間映画興行収入ランキング(2019年9月第1週)

【第38回週間映画興行収入ランキング(2019年9月第1週)】



今週のランキングは「天気の子」VS「ライオン・キング」VS「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。
「天気の子」のV4か?
「ライオン・キング」のV3か?
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の初登場1位か?
また、「引っ越し大名!」、「トールキン 旅のはじまり」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっています。
「2019年映画興行収入ランキング」なども是非1度ご購読ください。



集計期間 2019年8月31日~9月1日

『週間映画興行収入ランキング』
1位 「天気の子」4億1657万円
2位 「ライオン・キング」3億4417万円
3位 「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」2億5904万円
4位 「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」2億5152万円
5位 「引っ越し大名!」2億3800万円
6位 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」2億2633万円
7位 「トイ・ストーリー4」1億4611万円
8位 「ロケットマン」7933万円
9位 「ワイルド・スピード スーパーコンボ」6562万円
10位 「二ノ国」6119万円
11位 「ペット2」3640万円
12位 「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」3640万円
13位 「アラジン」2097万円
14位 「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」ー万円

「天気の子」は先週2位から1位にランクアップ。
「君の名は。」以来となる新海誠監督の長編アニメーション作品。
7週連続TOP10圏内にランクイン。
邦画アニメ監督では宮崎駿監督以来2人目となる2作連続の興行収入100億円を達成。
「アラジン」以来となる今年2作品目の興行収入100億円を達成。
令和2作目の興行収入100億円作品。
「ライオン・キング」や「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」などを退けてV4を達成。
1週目 約11億8500万円
2週目 約10億1200万円
3週目 約7億1800万円
4週目 約6億4500万円
5週目 約5億3200万円
6週目 約4億2000万円
7週目 約4億1600万円
観客動員は875万0000人を突破しています。
興行収入130億円が目標ライン。
興行収入116億5000万円を突破しています。

「ライオン・キング」は先週1位から2位にランクランクダウン。
1994年公開「ライオン・キング」をフルCGで映画化したディズニー作品。
4週連続TOP10圏内にランクイン。
目標ラインの興行収入50億円を達成。
目標ラインも興行収入60億円に上方修正。
1週目 約7億2800万円
2週目 約6億2700万円
3週目 約4億6600万円
4週目 約3億4400万円
観客動員は390万0000人を突破しています。
興行収入60億円が目標ライン。
興行収入55億5000万円を突破しています。

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」は先週から2週連続で3位を維持。
テレビ朝日系列で2018年4月期に放送された人気ドラマ「おっさんずラブ」の劇場版作品。
田中圭主演の話題作。
興行収入10億円を達成。
1週目 約3億4300万円
2週目 約2億5900万円
観客動員は92万0000人を突破しています。
興行収入20億円が目標ライン。
興行収入は12億3000万円を突破しています。

「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」は先週から2週連続で4位を維持。
劇場版「ONE PIECE」シリーズ第14作目。
4週連続TOP10圏内にランクイン。
前作「ONE PIECE FILM GOLD」(興行収入51億8000万円)を上回れるかが焦点。
来週には目標ラインの興行収入50億円を達成する見込み。
1週目 約8億0000万円
2週目 約4億4800万円
3週目 約3億0500万円
4週目 約2億5100万円
観客動員は358万0000人を突破しています。
興行収入50億円が目標ライン。
興行収入47億3000万円を突破しています。

「引っ越し大名!」が初登場5位。
土橋章宏原作による歴史小説の映画化作品。
星野源主演の話題作。
予想より高いオープニング興行を記録しています。
「超高速!参勤交代」(興行収入15億5000万円)を上回れるかが焦点。
1週目 約2億3800万円
観客動員は19万9000人を突破しています。
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入3億3000万円を突破しています。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が初登場6位。
クエンティン・タランティーノ監督の長編映画第9作目。
レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット共演の話題作。
話題作でしたが、予想よりオープニング興行は伸びませんでした。
1週目 約2億2600万円
観客動員は17万0000人を突破しています。
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入3億0000万円を突破しています。

「トイ・ストーリー4」は先週5位から7位にランクダウン。
ピクサー不朽の名作「トイ・ストーリー」シリーズ第4作目。
8週連続TOP10圏内にランクイン。
前作「トイ・ストーリー3」(興行収入108億0000万円)を上回れるかが焦点。
遅くとも再来週には興行収入100億円を達成する見込み。
今週はここまでが週間興行収入1億円以上を記録。
1週目 約13億7300万円
2週目 約8億5500万円
3週目 約6億2800万円
4週目 約4億1000万円
5週目 約3億3200万円
6週目 約2億6200万円
7週目 約1億8000万円
8週目 約1億4600万円
興行収入100億円が目標ライン。
興行収入96億0000万円を突破しています。

「ロケットマン」は先週6位から8位にランクダウン。
人気歌手エルトン・ジョンを主人公とした自伝映画。
観客動員ランキングは9位。
1週目 約1億3200万円
2週目 約7900万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入4億0000万円を突破しています。

「ワイルド・スピード スーパーコンボ」は先週7位から9位にランクダウン。
「ワイルド・スピード」シリーズ第9作目。
シリーズ初のスピンオフ作品。
5週連続TOP10圏内にランクイン。
前作「ワイルド・スピード ICE BREAK」(興行収入40億5000万円)を上回れるかが焦点。
来週には目標ラインの興行収入30億円を達成する見込み。
観客動員ランキングは圏外。
1週目 約5億0000万円
2週目 約2億9300万円
3週目 約2億0600万円
4週目 約1億0900万円
5週目 約6500万円
興行収入30億円が目標ライン。
興行収入29億1000万円を突破しています。

「二ノ国」は先週8位から10位にランクダウン。
レベルファイブの人気ゲーム「二ノ国」シリーズの劇場版アニメ作品。
興行収入10億円達成は厳しい状況。
1週目 約1億0000万円
2週目 約6100万円
興行収入5億円が目標ライン。
興行収入3億0000万円を突破しています。

「ペット2」は先週9位から11位にランクダウン。
2016年の大ヒット作「ペット」シリーズ第2作目。
6週目にTOP10圏外にランクダウン。
前作「ペット」(興行収入42億4000万円)を上回れるかが焦点。
目標ラインの興行収入20億円を達成。
目標ラインも興行収入25億円に上方修正。
1週目 約2億2300万円
2週目 約1億5400万円
3週目 約1億2700万円
4週目 約1億1100万円
5週目 約7000万円
6週目 約5700万円
興行収入25億円が目標ライン。
興行収入20億4000万円を突破しています。

「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」は先週から2週連続で12位を維持。
劇場版「ポケットモンスター」シリーズ第22作目。
前作「ポケットモンスター みんなの物語」(興行収入30億9000万円)を上回れるかが焦点。
目標ラインの興行収入30億円達成は微妙な状況。
1週目 約5億5300万円
2週目 約2億5100万円
3週目 約1億6300万円
4週目 約1億1400万円
5週目 約9700万円
6週目 約7300万円
7週目 約ー万円
8週目 約3600万円
興行収入30億円が目標ライン。
興行収入28億3000万円を突破しています。

「アラジン」は先週11位から13位にランクダウン。
ディズニーの名作アニメの実写映画作品。
ウィル・スミス主演の話題作。
「美女と野獣」(興行収入124億円)を上回れるかが焦点。
令和初の興行収入100億円作品。
1週目 約11億2200万円
2週目 約10億9700万円
3週目 約10億3100万円
4週目 約8億7900万円
5週目 約6億9800万円
6週目 約4億8900万円
7週目 約2億8700万円
8週目 約2億0900万円
9週目 約1億2700万円
10週目 約8000万円
11週目 約6200万円
12週目 約3900万円
13週目 約2000万円
興行収入120億円が目標ライン。
興行収入119億0000万円を突破しています。

「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」が初登場14位。
暁なつめ原作によるライトノベルの劇場版アニメ化作品。
全国100スクリーンでの公開ながら14位にランクイン。
観客動員ランキングは8位。
1週目 約ー万円
興行収入3億円が目標ライン。



『来週ランクイン有力作品』
(邦画)
「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」
「いなくなれ、群青」
「台風家族」
「タロウのバカ」
「スタートアップ・ガールズ」
「ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス」
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」
(洋画)
「アス」
「マトリックス」
「ブレードランナー ファイナル・カット」
「荒野の誓い」
「トリプル・スレット」

来週は9月第2週目を迎えます。
来週のオープニング成績予想
○「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」1億0000万円~2億0000万円
○「アス」1億0000万円~2億0000万円
○「いなくなれ、群青」5000万円~1億5000万円

詳しい興行収入は「2019年映画興行収入ランキング」をご購読ください。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「エンタメの殿堂」の更なる充実のため、サポートをよろしくお願いいたします。 今度も記事数増加やマガジン充実に向けて努めていきます。

noteご購読もお願いします。
3
「芸能人歴代写真集売上部数ランキング」が2020年1月に最も読まれたnoteに選出。 俳優・女優別主演映画総興行収入ランキングなどの人気noteを多数配信。 サークル「エンタメ倶楽部」会員募集中! その他、エンタメに関する様々なnoteを配信中。 購読料がお得なマガジンも充実。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。