梶芽衣子の無念

今月だけで2度、『鬼龍院花子の生涯』を観てしまった。生涯通算でいえば数えきれないほど鑑賞している。清純派女優であった夏目雅子が「なめたらいかんぜよ」と啖呵を切ったシーンで有名な鬼才・五社英雄監督の作品である。

わたしの映画の好みは、幼少期から思春期あたりに父親と共に鑑賞してきた作品が骨格をなしているのは間違いがないのだが、「鬼龍院花子」に関しては父親よりももはやわたしの方が心酔していると言っても

もっとみる

エッセー「りりィ礼賛」

りりィ、享年64歳。あまりにも早すぎる死。

日本映画の金字塔とも言える遊戯三部作の最終作にして最高峰「処刑遊戯」に、松田優作演じる鳴海昌平を組織に引き込むため接近する謎のピアノ弾き「直子」として出演、ミステリアスでクールな演技で物語を彩った。

独りオールド・クロウを静かにかたむけながらりりィの弾き語りを聴く時、ハスキーボイスの歌姫の艶姿が脳裏に蘇る。

スキありがとうございます!

意外と知られていない?ジブリ映画の豪華な海外版声優 Part1

はじめに

 新型コロナの影響で長らく閉じられていた映画館も徐々に開館し始め、人が戻り始めている。公開が延期になっていた映画も続々と公開開始・公開日決定のニュースが、駆け巡っている。そんな中、全国のTOHOシネマズ(一部を除く)でジブリの4作品が再上映されることが決定したのだ。新作映画も軒並み延期になり、映画館に人が戻りづらい中での一報。その4作は『風の谷のナウシカ』、『もののけ姫』、『千と千尋の

もっとみる

エッセー「アクション女優の始祖 志穂美悦子礼賛 ”必殺女拳士”」

志穂美悦子はアクション女優の始祖であり、唯一無二、空前絶後の存在である。

 1974年12月に公開された「女必殺拳 危機一髪」で衝撃的なスクリーンデビューを飾った志穂美は、日本映画界に「美系アクション女優」という新たなカテゴリーを確立した。

 1976年公開の「必殺女拳士」は、香港のカンフーマスター・李紅竜を主人公とする「女必殺拳3部作」でその地位を不動のものとした志穂美が、新境地を切り開くべ

もっとみる
スキありがとうございます!

【アーカイブ】レビュー:『魔女卵』と渡辺祐子

2017年、CS・東映チャンネルの和泉聖治監督特集で、ジャッキー・チェン(成龍)主演『成龍拳』(77年)の封切時同時上映作だった『魔女卵』(84年)がOAされてたので、録画して見てみました。
当時田舎の東映系封切館で鑑賞するも、詳細の記憶は全くないですし、そもそも今回も映像資料目的で録画したんですが、いざ見たら物凄く真っ当な青春映画で、それはウレシい誤算でしたね。まぁ大傑作とスタオベするほどのシロ

もっとみる

ぼーっと見る「仮面ライダーウィザード」第6〜7話

第6話「キレイな花には」
第7話「思い出を買うために」

 今回のゲートは「詐欺師」マナミ(演じるのは電王の野上愛理役・松本若菜さん)。ジュエリーとか食品とか買わせるタイプの。晴人の周りのメンズが同時に被害に遭ってしまう(晴人もそうだが)。
まあそのおかげで(?)詐欺だと発覚するのだが…。

 衣装がちょっと明るめに。放映時期は秋だろうしいい感じかも。

 晴人はドーナツが好きなキャラ付けをされて

もっとみる

【表現研】「仮面ライダークウガ」における徹底されたリアリティーと隠された理想

※この記事にはネタバレが含まれています.ご注意ください.

序文

「平成」という元号が,天皇陛下の生前退位という形で幕を閉じ,それに伴って「平成ライダー」という一つの歴史も幕を閉じた.

20年紡がれてきた平成ライダーの歴史を知っている我々が今,改めてその始祖である「仮面ライダークウガ」を視聴し,評論することには何かしらの意味があるだろう.

ここでは現在放送中の仮面ライダーゼロワンと仮面ライダ

もっとみる

【KR】2020年秋放送の新仮面ライダーは『仮面ライダーセイバー/聖刃』か。

2020年6月16日、Twitter上の商標速報botのアカウントで今年の秋に放送される新仮面ライダーのタイトルとみられるものが投稿されました。

ツイート上には『KAMEN RIDER SAVER 仮面ライダーセイバー(聖刃)』と書かれた商標サイトのスクリーンショット画像が載せられています。以前より、この商標速報botのアカウント上で毎年新仮面ライダーの商標登録が入った時にはいち早くツイートされ

もっとみる
ありがとうございます!執筆の励みになります!
10

2020/06/12 映画『死神遣いの事件帖 ―傀儡夜曲―』@梅田ブルク7

本日公開の映画『死神遣いの事件帖 ―傀儡夜曲―』を観た。今、主演の鈴木拡樹さんの出演作品を見られるものから色々観ているところなので、新作を観られてとても嬉しい。1週目のおまけは、上映直前に流れる主演・鈴木拡樹さんによるメッセージ映像でした。(週替わりで演者のコメントが出るのかな。)

本作の梗概は以下の通り。

三代将軍・家光の時代。江戸に、“死神遣い”の探偵・久坂幻士郎という男がいた。幻士郎は、

もっとみる
あなたにいいことがありますように☆彡
3

ぼーっと見る「仮面ライダーウィザード」第4〜5話

(ぱっと見問題のシーン)

第4話「人形とピアニスト」
第5話「決戦のコンクール」

 今回のゲートはプライドの高いピアニスト。スランプが続く彼はコンクールに出れなくなってしまえば、過去の栄光を汚すことも無い…と考え、ファントムに襲われてもいいと考えるようになるが、それを聞いたコヨミは…

 この顔よ。OPで楽しそうにギターいじってる時と表情違いすぎてプロを感じる(眉間が特に)

 襲撃初回。やっ

もっとみる