総合サポートユニオン

総合サポートユニオンは、働く人の権利が守られる社会、ブラック企業によって若者が使い潰されることのない社会を目指して結成された労働組合です。総合サポートユニオンが行なっている団体交渉についての情報や、働く人にとって役立つ情報を発信していきます!http://sougou-u.jp/

総合サポートユニオン

総合サポートユニオンは、働く人の権利が守られる社会、ブラック企業によって若者が使い潰されることのない社会を目指して結成された労働組合です。総合サポートユニオンが行なっている団体交渉についての情報や、働く人にとって役立つ情報を発信していきます!http://sougou-u.jp/

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    総合サポートユニオンのコロナ相談体制の支援のお願い

     緊急事態宣言の解除以降、新型コロナウイルス被害の雇用に対する影響がますます深刻化しています。解雇、雇い止め、そして派遣切りの労働相談が増加しています。特に、女性の非正規からの相談が膨大に寄せられています。  総合サポートユニオンでは、月1000件に及ぶ労働相談を受けて法律や制度のアドバイスをしながら、団体交渉を通じて、解雇の撤回、休業補償の支払いを認めさせています。  一方で、相談受付になどかかる費用の不足が、私たち総合サポートユニオンの課題となっています。コロナにかかわら

    スキ
    26
      • 8/28に開催された、私学教員適性検査にて宣伝活動を行いました!

         8月28日、私学教員適正検査の会場2箇所で宣伝活動(チラシ配布)を行いました。私学適性は、私学教員を目指していたり、すでに私学教員をしている方などが受験する業界統一の試験です。  当日は、私学ユニオンの組合員や社会人ボランティアなどが参加し、受験者の学生や社会人に約200枚を配りました。多くの方に私学教員が頻繁に抱える労働問題への対処法やユニオンの活動内容、これまでの解決事例などをお伝えすることができました。  今回の宣伝行動は、私学ユニオンで交渉をすることで学校が変わ

        スキ
        4
        • 【(株)アップルシードエージェンシー】鬼塚社長、土日祝日・深夜の就労を禁止していたって本当?

           私たちは、株式会社アップルシード・エージェンシー(https://www.appleseed.co.jp/、本社新宿区、代表 鬼塚忠)に対し、未払い残業代の支払いなどを求めています。  ユニオンに加入したのは、著者と共に書籍の内容や構成など作成し、出版社に売り込む「作家エージェント」と本の挿絵の作成を行うAさんです。  申し入れの経緯や要求事項などはこちらの記事をお読みください。 https://note.com/sguion/n/n394d9dc98f75  さて、今回

          スキ
          10
          • 【#国際学院中学校高等学校】労基署から残業代不払い等の是正勧告が出されるもその後の団体交渉を拒否!

             皆さんこんにちは。私たち私学教員ユニオンは、埼玉県北足立郡伊奈町にある国際学院中学校高等学校(以下、国際学院と表記)と労働環境改善に向け、団体交渉(話し合い)を行っています。  これまでの交渉の状況はこちらのブログ記事をご覧ください。  今回のブログ記事では、この間の交渉の進捗状況について、報告したいと思います。 ◆教員の大量退職や教育の質の低下の懸念と向き合わない学校 国際学院では、労働法が軽視され、労働環境や待遇の不十分さから毎年多くの教員が離職しています。また、

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 私学教員ユニオン
            総合サポートユニオン
          • 裁量労働制ユニオン
            総合サポートユニオン
          • 労災ユニオン
            総合サポートユニオン
          • 介護・保育ユニオン
            総合サポートユニオン
          • ブラック企業ユニオン
            総合サポートユニオン
          • 自販機産業ユニオン
            総合サポートユニオン

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【#東洋大牛久】学校による一方的な夏休みの労働時間の延長方針を撤回させました! 

             東洋大学附属牛久中学校・高等学校(https://www.toyo.ac.jp/ushiku/)で働く現役教員が私たち私学教員ユニオンに加入し、過重労働や残業代不払い、非正規教員の待遇改善などの改善を求めて闘っています。団体交渉は、月に1回程度行っており、他の学校の教員も互いにサポートし合いながら、進めています。    先日のブログでは、過重労働の大きな原因となっていた部活について、部活顧問を拒否できる仕組みを交渉によって勝ち取ったことを報告しました。 【#東洋大牛久】団

            スキ
            4

            ㈱アップルシード・エージェンシーに未払い賃金の支払いとハラスメントの改善を求めています

            2022年8月15日、総合サポートユニオンは、株式会社アップルシード・エージェンシー(https://www.appleseed.co.jp/、本社新宿区、代表 鬼塚忠)に対し、団体交渉を申し入れました。 ユニオンに加入したのは、著者と共に書籍の内容や構成など作成し、出版社に売り込む「作家エージェント」と本の挿絵の作成を行うAさんです。 Aさんは2017年に入社して以来、残業代未払いやハラスメントを受けても我慢して働いてきましたが、今年に入り裁量労働制の導入に合意しなけれ

            スキ
            21

            東映との闘いの一年間のまとめ(長時間労働・残業代不払・セクハラについて)

            ◯はじめに私は東映株式会社に入社し、制作現場でパワハラ・セクハラ・過重労働の被害に遭い、適応障害で休職をしています。 休職期間中は、精神科やカウンセリングに通いながら、総合サポートユニオンに加盟し、東映と交渉を行ってきました。 総合サポートユニオンに加入し、交渉することを選んでから、約1年が経ったので、振り返りをしていきます。 なお、noteに書いた東映側の対応は、録音・スクショ・文書などの客観的な記録にもとづいたものです。 ◯これまでの経緯2021年7月 適応障害で休

            スキ
            804

            8/21(日)13時〜「裁量労働制相談ホットライン」を実施します

            ・国が制度拡大を推進する一方で、悪用だらけの裁量労働制  厚労省の検討会が今年7月、裁量労働制の制度改革案について報告書を公表し、労働時間制度の緩和について提唱しています。  しかし、労働者が「裁量」をもって働くことのできるはずの裁量労働制が適用されているにもかかわらず、長時間残業をさせられていたり、まったく自由に働けていないという職場が少なくありません。  今月にも、裁量労働制ユニオンと同じ総合サポートユニオンの支部である仙台けやきユニオンが支援する事件で、裁量労働制が「

            スキ
            3

            【#東洋大牛久】団体交渉を通じて、部活顧問の任意制を勝ち取りました!

            現在、東洋大牛久高校(https://www.toyo.ac.jp/ushiku/)で働く教員のAさんが私学教員ユニオンへ加入し、労働環境改善を求めて学校を相手に団体交渉をしています。 ◆教員全体の共通課題を解決したいとユニオンへ加入Aさんは民間企業からの転職後、勤続7年目ですが、学校のずさんな労働時間管理や、部活顧問などのために授業最優先で時間を使えない同校の教員の在り方に疑問を持ってきました。 昨年は学内で起きたパワハラと部活顧問のストレスのため体調を崩し、 「この

            スキ
            5

            【聖望学園】長時間労働や未払い残業代等をめぐる団体交渉が解決しました!

             私学教員ユニオンでは、長時間労働や未払い残業代、雇い止めなどについて聖望学園と団体交渉をしてきましたが、2022年7月6日付けで無事に解決しました。応援してくださった皆様、ありがとうございました。  私立学校では長時間労働や未払い残業、非正規教員に対する雇い止めなどの労働問題が横行しています。私学教員ユニオンでは、各学校の枠組みを超えて皆で協力し、団体交渉や団体行動(社会発信)などを通じて、教員の労働問題の改善に取り組んでいます。  お困りの方や、教員労働の改善を希望す

            スキ
            5

            総合サポートユニオンは若者の就職・転職の相談を受け付けています。

            総合サポートユニオンは、若者の就職・転職の相談を受け付けています。 私たちは、これまでブラック企業で働く労働者から数千件の労働相談を受け、数百社と様々な労働問題(長時間労働・残業代不払い、セクハラ・パワハラ、労働災害など)について労使交渉を行い、労働環境の改善や被害の補償を実現してきました。 こうした経験を踏まえ、ブラック企業からの転職について相談に乗り、サポートます。相談は無料で秘密厳守で行います。 以下は、私たちでできる支援の内容の具体例です。 今後就労支援を希望さ

            スキ
            4

            7/24(日)13時〜「長時間労働・パワハラ無料相談ホットライン」を実施します

             今年7月、厚労省に寄せられた2021年度のパワハラ・いじめの労働相談が初めて10万件を超えたことが明らかになりました。また今年6月には、厚労省の2021年度の労災統計によって、パワハラ・いじめによる精神疾患は過去最高を記録したことも明らかになっています。  2020年6月から大企業に対してパワハラ防止法が適用され、今年4月からは中小企業にも適用されたことで、現在は全企業にパワハラ防止措置が義務化されています。それにもかかわらず、職場の荒廃は広がるばかりです。また、そのパワハ

            スキ
            8

            7/31(日)14時~「もうブラック企業では働きたくない! 労働組合による若者向け就活・転職セミナー」を開催します。

            7/31(日)14時~「もうブラック企業では働きたくない! 労働組合による若者向け就活・転職セミナー」をオンライン開催します。 今回は、こんな悩みに応えるセミナーを開催します。 日時:7/31(日)14時~15時半 形式:オンライン(ZOOM) 対象:若者(20代~30代) 費用:無料 講師の一人は、常見陽平さん(千葉商科大学国際教養学部准教授)です。常見さんは、『「就活」と日本社会 平等幻想を超えて (NHKブックス)』や『女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座

            スキ
            9

            第4回団体交渉報告 角川ドワンゴ学園の私たちに対する不誠実な対応を知ってください

             私学教員ユニオンは、2021年3月より、N高を運営する角川ドワンゴ学園に教員の過重労働の軽減、150人担任数の削減、教員の雇い止めの問題の解決を求めて交渉を重ねてきました。  これまで3回の交渉が持たれましたが、角川ドワンゴ学園はユニオンを敵視し、HP上でユニオンに対する誹謗を続け、今年3月には組合員のひとりを雇い止めにしてしまいました。こうした中で 5月12日(木)に第4回団体交渉が開かれ、私たちは誠意ある態度を求めましたが、残念ながら受け入れられませんでした。 〇今回

            スキ
            3

            角川ドワンゴ学園N高等学校の訴訟提起に関する私学教員ユニオンの考え

            ◆はじめに 本ブログでは角川ドワンゴ学園N高等学校(以下、N高・学園)が学園HPにて2022年5月30日付で発表した訴訟提起に関するお知らせについて、私学教員ユニオンの見解を述べます。 ◆学園が裁判を起こした目的 まず、私たち私学教員ユニオンは今回のN高からの訴訟は「スラップ訴訟」であると考えています。スラップ訴訟とは、自社を批判する個人やジャーナリスト、市民団体などを相手に威圧や口封じを意図して企業が起こす訴訟をいいます。企業がスラップ訴訟を起こすのは、個人や団体を威嚇し

            スキ
            9

            【自販機】大蔵屋商事の労働組合法違反に対し、東京都が改善命令を出しました! 

            大蔵屋商事の組合に対する権利侵害について審査していた東京都労働委員会が、同社の労働組合法違反を認定し、改善命令を出しました。 詳しい命令内容は、東京都労働委員会のホームページにも載っていますので詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/meirei2022.html 大蔵屋商事が違法とされたのは、次の3点で、組合側の完全勝利と言える内容です。 また、全支店に不当労働行為を行ったことが貼り出されることになりま

            スキ
            7