映画:家族はつらいよ

制作年:

2016年

制作国:

日本

キャスト:

平田周造 /橋爪功

平田富子 /吉行和子

平田幸之助 /西村まさ彦

あらすじ:

主人公は平田家の熟年夫婦。子どもたちも40代となり孫にも恵まれ、一見おだやかな生活を送っていた。

妻富子の誕生日に、何が欲しいかと尋ねたところ、「離婚届」と答えたことで、家族の一大事が起こる。理由を尋ねても、ただ離婚したいの一点張りの富子。

夫周造

もっとみる

「修羅雪姫」(1973)/「修羅雪姫 怨み恋歌」(1974年)

タランティーノが「キル・ビル」でオマージュを捧げていなければ見る気がしなかっただろうし、血にまみれすぎて面白く感じなかったかもしれない1973年の「修羅雪姫」と1974年の「修羅雪姫 怨み恋歌」。二本しかないシリーズをアメリカのクライテリオンがセットで発売。

一作目は母親の復讐のために殺し屋に育てられた娘が四人ほどを順々に殺すシンプルな構成。殺気みなぎる梶芽衣子がきれい。声もきれいだし、主題歌の

もっとみる

「脚本家水木洋子 大いなる映画遺産とその生涯」

水木洋子は「また逢う日まで」「にごりえ」「浮雲」「キクとイサム」「おとうと」というキネ旬1位作品の脚本を書いており、5本は脚本家のなかで最も多い。

映画の脚本は30本ほどしか書いておらず、ほとんどが50年代で、今井正と成瀬巳喜男の作品が多い。その前後は演劇、ラジオ、テレビの脚本家として活躍。戦時中は従軍作家としてビルマの前線にグングン入っていく。

幼いころ、向かいの家まで這って行ったり、風呂屋

もっとみる

「どっこい生きてる」(1951)

東宝で「青い山脈」と「また逢う日まで」を作ったあと、おそらく日本で最初のフリーになった今井正監督。くず屋を経て1951年に独立プロで「どっこい生きてる」を監督。

天才型のロッセリーニより努力型のデ・シーカのほうがしっくりくるという今井監督がくず屋の経験を生かしながらネオリアリズム風に描いた日雇い労働者一家の苦境。デ・シーカの「自転車泥棒」のように運の悪さや自らの不注意によって、これでもか、これで

もっとみる

「今井正映画読本」

今井正に関する本。略歴、随筆、対談集、人物評、作品論、各作品の解説など、250ページにうまくまとめており、持っててうれしい。

東大時代から左翼運動に熱心だったのに、戦後の東宝争議では「組合がやりすぎたら、将来自分たちが食うに困るんじゃないか」と黒澤明と語り合い、亀井文夫が討論会で会社側をコテンパンにやっつけたのを自慢すると、「もし仮に僕が討論して勝ったにしても、一カ所だけは向うに逃げ道を作ってお

もっとみる

最近観た映画について好き勝手書くやつ。

タイトルの通り、最近見たものに関する感想を記載しておきます。

とはいえ、最近映画観ることを憚れることもあり、ちょっと頑張りたいところだったり。なんだか、2h近く集中して観賞しきることが若干辛く思えてきてしまって...。

■グリーンブック

【あらすじ】
時は1962年。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、ガサツで

もっとみる

映画「Mother」〜その“絆”は依存か愛か〜

「Mother」、観ました。めちゃくちゃ上質な映画でした。
決して幸せな気持ちになる映画ではありませんが、考える事が好きな人にとっては思考を促す有力な触媒になる作品でした。
126分全く飽きることなく引き込まれたのは、抜け目ない脚本・演出・演技の賜物です。全く笑える内容ではない映画ですが、クオリティが高すぎて笑えます。

上映中、物語に没頭しながらも色んなことに思いを馳せました。
その中で特に強く

もっとみる
ありがとうございます!他の記事も是非お読みいただけたら嬉しいです!
4

さいきん観たレトロかわいい作品

こんばんは。

今回はレトロかわいい作品を紹介します。
それではスタート!

「素晴しき男性」(1958)

▪️配給:日活
▪️形式/時間:カラー/106分
▪️監督:井上梅次
▪️キャスト:石原裕次郎、北原三枝、月丘夢路

石原裕次郎主演のミュージカル作品。

ダンサーの陽子(北原三枝)が素晴らしい
男性と結ばれることを夢見て、奮闘する
話。

(↓当時、このような形のサングラスをしていた

もっとみる

「キクとイサム」(1959)

農業を営む貧しい祖母(北林谷栄)に育てられている小学生の姉弟は黒人とのハーフ。まわりから好奇の目で見られながらもたくましく育つ。

今井正は左翼の監督なんだけど、メッセージを前面に押し出すことなく、ソフトなタッチで描いており、かえって心に迫ります。

リアルすぎて何をしゃべっているかよくわからない北林の熱演。1959年のキネ旬1位で、50年代の10年間に5回1位に輝いた今井監督も興味深ければ、雑誌

もっとみる

【映画ショーシャンクの空に描かれた本当の成功 ~なぜ不可能と言われた刑務所の外に出れたのか~】

映画『ショーシャンクの空に』を好きな人多いですね❗

当時アカデミー7部門ノミネート、

アメリカ映画ベスト100に入るなど、

今でも評価されています。

以下、ネタバレがあるので、

これから見る方は、

出来たらスルーお願いします_(._.)_

ネタバレを含むストーリーを

超簡単に説明します。

無実の罪でアンディは、

刑務所に入れられます。

暴力と屈辱の日々。

『絶対に脱出不可能

もっとみる
スキありがとうございます!
1