興行

ゴジラと行動経済

怪獣王

「ゴジラ」
世界で最も多くの作品が作られた大人気怪獣であり、
キングコングと並ので、
おそらく世界で最も有名な怪獣でしょう

別名は「水爆大怪獣」と言うそうです。
その無類の存在感から
「怪獣王」とも呼ばれています。

きっかけは水爆実験

ゴジラの映画製作においてのきっかけは、
日本の漁船が米国の水爆実験に巻き込まれ、
被曝した「第五福竜丸事件」とされています。

第1作目において、

もっとみる
ありがとうございます(^^)

渋谷のほんだな

2020年11月20日(金)12:00〜12 :55

00:00 | 00:30

【本日のゲスト】
細田 昌志さん(ノンフィクション作家)
(@kotodamasashi) · Twitter
『沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモータ
ー・野口修評伝』が10月29日刊行 されました。
https://www.shinchosha.co.jp/book/353671/preview/
この本を書くのに10年。各界関係者への徹底取材
の結果、なんと560!ページの大作です。

もっとみる

ただいま投稿中

あるスタジアムの入り口の前に交差点がありました。

そこを歩いていると、男が近づいてきました。

「いい席ありますよ」

そのいい席がいくらなのかは尋ねなかったが、あのような転売チケットは買わないほうがいいだろう。

その転売されたチケットを買い、指定された席に行ったら、知らない人が座っているだろう。

まず、チケットの転売を興行主は認めていないだろう。

そして、チケットの有効性は球場内のチケッ

もっとみる
サンキュー!

8年半

 大学を卒業して、最初に就職した会社で従事した仕事をひと言でまとめるならば、フィールドエンジニアか。実に多くの貴重な経験をさせてもらい、その経験値から自信を身につけることができた期間だった。その期間は8年半。

 同じIT業界内で転職した会社は、機器メーカーの代理店であり、SIerであるということで、レイヤーの違う仕事となった。そこではフィールドエンジニアの経験値をふんだんに活かし、さらに広く深い

もっとみる

8バンドをやめよう

バンドの世界がお客さんを取り戻していくために戦略的に取り組まねばならないと思っている内容がいくつか有ります。777はそれを詰め込んだ興行であるのですが、特に今すぐ実践できて効果的であろう取り組みとして「8バンド以上の興行をやめよう」と言う物が挙げられます。

厳密には30分ステージ3バンドがベスト。4バンドがベター。5バンドが限界。という物です。

お客さんの心理として行くこと自体が損に感じる

もっとみる

ライブハウスは後日配信の際に編集を加えるべきである

 777 Vol.2のライブのダイジェスト版を公開しました。それと同時に本動画は昨今よくアップロードされている後方からのアングル固定をアーカイブ配信するライブハウスさん、イベンターさんに向けての苦言、及び最低限この位の編集をすべきだというサンプルでもあります。

 以下に一連のツイートをまとめました。

編集のサンプルとして

補足

 要すれば後日配信は、チケットによる収益を得られなかったバンド

もっとみる

2020/07/19 777 Vol.2無事終了しました。

去る2020/07/19、777のVol.2が終了しました。ご出演頂いたバンドさん、西九条ブランニュー、お手伝いいただいたスタッフの皆様、そしてこの大変な時期にご来場いただいた皆様全員のおかげで無事成し遂げる事が出来ました。有難うございます。

興行主としての作品作り

ここ数年、本当にリハーサルでわくわくするようなことが無かったんですが、久しぶりにリハから楽しいイベントで。それを自分の企画で実現

もっとみる

ライブの次の興行スタイルってなんやろ?

ライブに行くことは、自分がファンである、ということを実感できるいい方法だった。ライブに行けなくなってもファンで居続けることって難しくない?どうやって関係性を維持するの?ライブビデオ見るのはちょっと違うよね?

ファンを維持するには

ファンという言葉は、大手保険会社も使っていた。客の方から喜んでお金を払ってくれるようにする、という命題があるのだろう。

じゃあ保険会社はどうやって顧客をファンにし続

もっとみる
お読みいただき感謝です!
2

No.0051 異例の遅さでの開幕、今年はどこが制する?

※約920文字の内容の記事です。

 おはようございます、久方ぶりになってしまいましたがこちらは相変わらず壮健です。相変わらず生活時間の調整ができずnoteの更新やら自分の時間が作れないやらで気がつけば5月末になってしまいました。

 幸いコロちゃんの影響は仕事もプライベートでもあまり受けず、25日の緊急宣言解除もあり段階的に通常の生活に戻っていくとは思います。ただスペイン風邪の時は第二波がやって

もっとみる
ありがたや…ありがたや…
3

サブカル大蔵経59笹山敬輔『興行師列伝』(新潮新書)

 春日太一に続き頼もしい芸能史家誕生。特に永田"ラッパ"雅一の項がまさに映画的で、ロッテファンとしても運命的なものを感じた。長谷川一夫の存在も映画的。松竹のすごさとしょぼさも感じる。今や吉本と東宝に押されぱなしだが、耐えて逆転底力見たい。

 興行の日本における端緒は中世の勧進興行にあり、寺社の建立や修復の資金調達を名目として、猿楽や田楽など様々な芸能が行われてきた。p.3

 お寺の建築資金が興

もっとみる
ありがとうございます。
4