ブラインドライターズ

ブラインドライターズは、視覚障害者を中心に、車いすユーザーなど、障害のある人たちが働く会社です。 メンバーは、みな個性豊かで、責任感があり、活動的。私たちの仕事や、生活について語っていきます。

ブラインドライターズ

ブラインドライターズは、視覚障害者を中心に、車いすユーザーなど、障害のある人たちが働く会社です。 メンバーは、みな個性豊かで、責任感があり、活動的。私たちの仕事や、生活について語っていきます。

    マガジン

    • わたしたちの見ている世界

      視覚に障害がある人たちの生活って、どんなふうなの? 車いすで大変なことは? 意外に知らなかったことがたくさんあり、聞けば驚くことがやまほどあると思います。 もっと障害のある人たちのことを知ってください。 東京パラリンピックを控え、都市部を中心としてバリアフリー化が求められます。 周囲に障害のあるお友達がいる方、接したことがない方、ぜひマガジンを読んでみてください。そして心のバリアを解いてほしいのです。 そして、私たちブラインドライターズの応援をお願いします。

    記事一覧

    バービー人形が遊びを通して訴える、ダイバーシティと「女の子はなんにでもなれる」というメッセージ

    2018年にマテル社は「You can be anything(女の子はなんにだってなれる)」というスローガンを打ち立て、裁判官バービーを発売しました。 そのニュースを読み、和久井は…

    eスポーツ選手の障害者差別発言に対して思うこと

    ブラインドライターズ代表の和久井です。 eスポーツ選手の障害者差別発言が問題になっています。 実況配信中に「なんでそこでクリアリングすんの? 障害者やろマジで」…

    インクルーシブが人生を豊かにすること

    ブラインドライターズ代表の和久井です。 ユニバーサルデザイン、バリアフリー、インクルージョン、アクセシビリティ、ダイバーシティ……これらの言葉をよく耳にするよう…

    私たちの「文字起こし」はAIに決して負けません

    ブラインドライターズの和久井です。 文字起こし(テープ起こし、反訳とも)は、ライターや編集にとっては、最も辛い作業です。音声を起こすためには録音時間の3倍から4倍…

    駅のバリアフリー炎上問題で思うこと

    伊是名夏子さんが乗車拒否にあったと書いたブログがきっかけでSNSで炎上しました。 続いてあらゆる記事がアップされ、そこでも賛否両論吹き荒れています。 批判の多くは、…

    サポートするのは誰? 健常者の私がユニバーサルな社会が絶対に必要だと思うわけ

    ブラインドライターズ代表の和久井です。 先日、ローソンPBの新パッケージがユニバーサルデザインになっていなかった件でめちゃくちゃ食ってかかったのですが、私は社会が…

    ブラインドライターを募集しています

    ブラインドライターとして一緒に活躍してくれるかたを募集しています。 ブラインドライターは、クライアントからいただいた音源をテキスト化するお仕事です。 応募条件は…

    Kindleで読み上げ読書⑥ 『怖い絵』

    Kindleで読み上げさせて「聞く読書」できるお勧め本の紹介です。 制作者の意図とは別に、実はめっちゃバリアフリーになっていることってたまにあると思いますが、この本が…

    Kindleで読み上げ読書⑤ 『学校が教えないほんとうの政治の話』

    Kindleで読み上げさせて「聞く読書」できるお勧め本の紹介です。 みなさん、選挙には行っていますか? 投票は権利ではなく義務なので、私、和久井は毎回必ず投票に行って…

    視覚障害者向けのビジネスマナー講座開催しました

    ブラインドライターズ代表の和久井です。 去る2020年8月11日に、視覚障がい者向けのマナー教室を開催しました。 障害者雇用が推進される中、企業で働く方もどんどん増えて…

    「視覚障害者のメイクアップ、どうやるの?」→結論。ちょっとしたコツでできるんです!

    こんにちは、ブラインドライターの小林直美です。 視覚障害者がメイクをする、と聞くと、驚かれる方がいらっしゃるでしょうか。 「見えなかったらメイクできないでしょ?…

    夢は願えば叶う。食い下がって掴んだ最高の仕事

    こんにちは、ブラインドライターズの西井一博です。私がブラインドライターズを知ったきっかけは、Twitterでした。 私はあんまマッサージ指圧鍼灸師の仕事をしています。…

    私たち、最高にユニバーサルな結婚式を挙げましたーー松田昌美

    私、松田昌美は、ブラインドライターという名前をもらった最初のメンバーです。今はタレントとしても活動しています。視力は右目は全盲、左目は目の前に出された指の数が何…

    ダメ人間が経営をするということ④ iモードゲームを作ったときのこと

    和久井がフリーランスライターになって少し経った頃、神が降臨しました。 頭の中に。 「養殖中華屋さん」というゲームのアイデアです。 ライチをせいろに入れて世話してる…

    Kindleで読み上げ読書④ 『ハーバード流「聞く」技術』

    Kindleで読み上げさせて「聞く読書」できるお勧め本の紹介です。 単にパックンがハーバード出身だからこういうタイトルになったんだと思うけど、中身はパックンの体験を踏…

    Kindleで読み上げ読書③ 『死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係 』

    人類の歴史は、ファッションの歴史でもあるのだなと思います。 防寒のためだけなら風を遮る布を纏えばいいだけのはずだし、光り物を身につける必要もないはずです。 だけど…

    バービー人形が遊びを通して訴える、ダイバーシティと「女の子はなんにでもなれる」というメッセージ

    バービー人形が遊びを通して訴える、ダイバーシティと「女の子はなんにでもなれる」というメッセージ

    2018年にマテル社は「You can be anything(女の子はなんにだってなれる)」というスローガンを打ち立て、裁判官バービーを発売しました。

    そのニュースを読み、和久井はマテル社が女の子の将来を見据え、教育をドール遊びに盛り込む姿勢にとても感動しました。

    2022年3月、ラスベガスに「バービーエキスポ」という展示があったので、見てきました。いったいいつから、マテル社は女の子の教育に

    もっとみる
    eスポーツ選手の障害者差別発言に対して思うこと

    eスポーツ選手の障害者差別発言に対して思うこと

    ブラインドライターズ代表の和久井です。

    eスポーツ選手の障害者差別発言が問題になっています。
    実況配信中に「なんでそこでクリアリングすんの? 障害者やろマジで」と発言し、障害者差別だと炎上して、12月末までの活動停止処分を受けました。

    差別はもちろんいけないことで、障害のあるかたのみで構成された会社であるブラインドライターズとしては黙っていられないところです。

    差別発言に当事者は怒っているか

    もっとみる
    インクルーシブが人生を豊かにすること

    インクルーシブが人生を豊かにすること

    ブラインドライターズ代表の和久井です。

    ユニバーサルデザイン、バリアフリー、インクルージョン、アクセシビリティ、ダイバーシティ……これらの言葉をよく耳にするようになりました。大きなくくりで言えば、「より多くの人が快適に生きる社会」のために使われる単語です。

    1995年の阪神淡路大震災は、日本にボランティアが根付いた「ボランディア元年」と呼ばれています。そういえば当時、私は英語の専門学校に通って

    もっとみる
    私たちの「文字起こし」はAIに決して負けません

    私たちの「文字起こし」はAIに決して負けません

    ブラインドライターズの和久井です。

    文字起こし(テープ起こし、反訳とも)は、ライターや編集にとっては、最も辛い作業です。音声を起こすためには録音時間の3倍から4倍は時間がかかり、とても根気がいります。
    しかし最近はAIを使った自動の文字起こしサービスがいくつも出てきていますね。

    こうした技術の発達で、私たちブラインドライターズの仕事も圧迫されていくかもしれません。でもまだまだ負けないな、と思う

    もっとみる
    駅のバリアフリー炎上問題で思うこと

    駅のバリアフリー炎上問題で思うこと

    伊是名夏子さんが乗車拒否にあったと書いたブログがきっかけでSNSで炎上しました。
    続いてあらゆる記事がアップされ、そこでも賛否両論吹き荒れています。

    批判の多くは、
    「前もって連絡すべきだ」
    「無人駅に4人も派遣させて、廃線になったらどうするんだ」
    「駅員に感謝の気持ちがない」
    といったものでした。

    しかしSNSでの批判の多くは、単なる個人攻撃でなんら建設的な議論になっていません。

    ブライン

    もっとみる

    サポートするのは誰? 健常者の私がユニバーサルな社会が絶対に必要だと思うわけ

    ブラインドライターズ代表の和久井です。

    先日、ローソンPBの新パッケージがユニバーサルデザインになっていなかった件でめちゃくちゃ食ってかかったのですが、私は社会がユニバーサルデザインで構成されることは非常に重要だと思っています。

    「サイトが視覚障害者対応になっていない」
    「段差があり車いすが入れない」
    などのバリアに関して問題提起すると、必ず「誰かにサポートしてもらえばいい」という意見が出ます

    もっとみる

    ブラインドライターを募集しています

    ブラインドライターとして一緒に活躍してくれるかたを募集しています。
    ブラインドライターは、クライアントからいただいた音源をテキスト化するお仕事です。

    応募条件は、以下の通りです。

    ・視覚に障害がある
    ・業務連絡にはSlackを利用しています。その他Googleドライブ、DropboxなどのWEBツールを使いこなせる
    ・起こしをするためのパソコンとwifi環境、ソフトを持っている
    ・副業は問題あ

    もっとみる

    Kindleで読み上げ読書⑥ 『怖い絵』

    Kindleで読み上げさせて「聞く読書」できるお勧め本の紹介です。

    制作者の意図とは別に、実はめっちゃバリアフリーになっていることってたまにあると思いますが、この本がまさにそれです。視覚に障害がある方に特にお勧めしたいです。

    世界の名画の背景を解説してくれる本です。
    見ただけでは何も感じないけれど、時代背景や作家の生い立ちや意図を知ると「それめっちゃ怖くね?」ってなるから見て! という主旨で書

    もっとみる

    Kindleで読み上げ読書⑤ 『学校が教えないほんとうの政治の話』

    Kindleで読み上げさせて「聞く読書」できるお勧め本の紹介です。

    みなさん、選挙には行っていますか?

    投票は権利ではなく義務なので、私、和久井は毎回必ず投票に行っています。
    でもそもそも政治に詳しくないので、毎回投票前に誰に入れるか猛勉強していました。
    だって腹黒そうなおじさんとか興味ないし……と思っていたのです。

    しかしなぜ、日本人の多くは政治の話をしないし、タレントが政治的な発言をする

    もっとみる
    視覚障害者向けのビジネスマナー講座開催しました

    視覚障害者向けのビジネスマナー講座開催しました

    ブラインドライターズ代表の和久井です。
    去る2020年8月11日に、視覚障がい者向けのマナー教室を開催しました。

    障害者雇用が推進される中、企業で働く方もどんどん増えていくでしょう。
    そしてこの先、ITの技術が進み、医学が発達し、差別が解消されていくことが予想されます。
    そうなると、障害当事者が就職時にライバルとなるのは健常者になっていくはずです。そして「障害者だから仕方ないよね」と大目にみても

    もっとみる

    「視覚障害者のメイクアップ、どうやるの?」→結論。ちょっとしたコツでできるんです!

    こんにちは、ブラインドライターの小林直美です。

    視覚障害者がメイクをする、と聞くと、驚かれる方がいらっしゃるでしょうか。

    「見えなかったらメイクできないでしょ?」とか、
    「そもそも見えないのに何でメイクするの?」って思うでしょうか。

    カネボウ化粧品が行った「女性のライフスタイル調査」によると、東京の女性は「メイクを身だしなみ・エチケットと捉えている」「対人関係を意識し、人にどう見られるか気に

    もっとみる

    夢は願えば叶う。食い下がって掴んだ最高の仕事

    こんにちは、ブラインドライターズの西井一博です。私がブラインドライターズを知ったきっかけは、Twitterでした。

    私はあんまマッサージ指圧鍼灸師の仕事をしています。仕事の都合上、どうしても暇な時間ができるので、頻繁にTwitterをチェックしていたところ「ブラインドライターズは一緒に仕事ができるメンバーを募集しています」という投稿を発見したのです。

    視覚障害者の職業と言えば、お決まりのものだ

    もっとみる

    私たち、最高にユニバーサルな結婚式を挙げましたーー松田昌美

    私、松田昌美は、ブラインドライターという名前をもらった最初のメンバーです。今はタレントとしても活動しています。視力は右目は全盲、左目は目の前に出された指の数が何となく見えるくらいで強度弱視の視覚障害があります。

    私は今年2月に、結婚式を挙げました。
    このコラムでは、私と、夫の築地健吾さんのバリアフリーな結婚式について、どんな工夫があり、どんなふうに開催したのかを書いていきたいと思います。

    私た

    もっとみる

    ダメ人間が経営をするということ④ iモードゲームを作ったときのこと

    和久井がフリーランスライターになって少し経った頃、神が降臨しました。
    頭の中に。

    「養殖中華屋さん」というゲームのアイデアです。
    ライチをせいろに入れて世話してると、プルプル、パカっと割れて、中からシュウマイが出てくる、シュウマイを世話してると、ニュッと皮が伸びてくっついて、ワンタンになる。
    ワンタンを世話してると、ムクっと膨れて、餃子になる……というかんじで、点心が育っていく育てゲーです。

    もっとみる

    Kindleで読み上げ読書④ 『ハーバード流「聞く」技術』

    Kindleで読み上げさせて「聞く読書」できるお勧め本の紹介です。

    単にパックンがハーバード出身だからこういうタイトルになったんだと思うけど、中身はパックンの体験を踏まえた、人とのコミュニケーション術です。

    「話術」にこだわる人は多いと思いますが、「聞く姿勢」を意識する人は多くないのではないでしょうか。でもすごく大事な技術です。
    どんな姿勢で、どんな質問をすると理解が深まり、相手も気持ちがいい

    もっとみる

    Kindleで読み上げ読書③ 『死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係 』

    人類の歴史は、ファッションの歴史でもあるのだなと思います。
    防寒のためだけなら風を遮る布を纏えばいいだけのはずだし、光り物を身につける必要もないはずです。
    だけど人間の欲望はそれに飽き足らず、ファッションが財産の象徴のようになり、財を尽くして着飾るようになりました。

    『死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係』
    Alison Matthews David (著), 安部 恵子 (翻訳

    もっとみる