アパレルと小売の未来_07

今後もEC強化が進行していき、リアル店舗が縮小していくとリアル店舗の存在意義は無くなってしまうのでしょうか。小売に関する書籍などを読むと、「店舗の役割が変わっていく」と書いてあることが多いです。 ECがないブランドや会社では、商品を店舗でしか購入できず、「購入」という大きな存在意義が…

アパレルと小売の未来_06

ECとリアル店舗の融合のための「顧客管理・在庫管理の統合/一元化」について述べてきましたが、EC強化を進め、EC売上の比率が上がるとまた別の変革が必要になってきます。 EC売上が伸びて、リアル店舗の売上が下がってきた場合、店舗にたくさんの在庫を置いておく必要があるのでしょうか。全国に店舗…

【美容室って緊張するよね】美容師の私が美容室に行って感じたこと

美容師ですが、先日他店に行ってきました。 専門時代の友人でも 関わりのあるサロンでもなく 完全に他店! 今日はサービスを受けてみることの大切さについて、 自分の今回の経験を元に感じたことを お話していきたいと思います! ☑️美容室への入店って勇気がいる予約してるにせよ、してないに…

本の棚 #103 『販売魔女と死の眼鏡』

『販売魔女と死の眼鏡』 竹内謙礼 「お客様の心の声が読める眼鏡」は どうやら魔女の世界でつくられた代物らしく 経営不振の鞄屋さんの店主のもとに 突如現れた。 (炒めていた焼きそばの中に突然…) 魔女から丁寧にその眼鏡の能力の説明を受けた店主は 「これがあったら百人力やん」 …

今まで楽しいと思えていた仕事が楽しめなくなった瞬間

私は接客が好きだ。 そう心から思えていたのは半年くらい前までであろうか。 アルバイトをしていたある日、 仲良くなった常連さんから1枚の紙きれを渡された。 私は困惑した。 え? 今何が起こった? は? 渡されたその1枚の紙きれには番号が記されていた。 長いこと接客業のアルバイトはや…

【現役営業女子のお話し会】開催レポ

\\ お知らせ // 2021年6月22日、 東京営業女子会は[5周年]を迎えます たくさんの参加者の皆様、 ご登壇いただいた講師の皆様 応援していただいた企業や経営者の皆様 のおかげでここまで継続してこれました! 心より感謝申し上げます!! これからは、東京営業女子会を応援してくださる 皆様とさら…

「脳内麻薬」著:中野信子 を読んで(後編)

前編から間が空いてしまい、お待たせいたしました(^^; この本では「依存」についても少し触れている。 前回書いた、前編で「接客」や「小料理屋」の話をしましたが、 この後編では「人間関係への依存」について書いていきたいと思います。 前編はこちら➡https://note.com/asuenochikara/n/n52cc009

「結構です」「いらないです」「大丈夫です」

この3つの台詞を見た瞬間に察した人もいるかもしれない。 そう、これは何を隠そう「お店の人への断り文句トップ3」だ。(まうの独断と偏見調べ) レジ袋が有料化し、お店の人との会話が1往復分増えたのは記憶に新しいはず。 しかもこれまで何度も繰り返してきたであろうこの会話、大半がお断りするパ…

接客業

人と人が触れ合う仕事をしていると 見知らぬ人と会話する機会が増える。 業務内容から脱線するような会話も まあ、しばしば。決して多くはない。 その中に何時に終わりますかという そのあと食事に連れ出す会話がある。 直接電話番号を尋ねるやり方と違い 何となくフワッと回答したくなるが これも一…