敦賀市地域おこし協力隊 にしやまの日記

53
固定された記事

2ヶ月の短期移住を終えて。 -敦賀市の地域おこし協力隊になりました-

コロナ失業をきっかけに、福井県の越前海岸へと短期移住。新たな土地で新しい生き方を探す23歳の日記。またも、お久しぶりになってしまいました。

コロナ失業をきっかけに短期移住でやってきた福井県。たった2ヶ月の間に様々な生き方をする人々にお会いすることができ、本当に充実した時間を過ごすことができました。そして、本当に様々な巡り合わせ、タイミングが重なり、10月1日付で、同じく福井県の敦賀市で地域おこし

もっとみる
+6

麺をきっかけに探る敦賀の「学校給食」

敦賀には、現在3軒の製麺所があります。「わたしとつるが 02 | めん」では、焼きそばをきっかけに、3つの製麺所を訪ねましたが、取材を通して製麺所の大きな販路である学校給食にも興味を持ちました。

学校給食といえば、学校給食法により地産農産物の活用に努めることが規定されています。そのことから、給食には敦賀の食文化が反映されているかもしれないと考えました。

そこで、今回は敦賀市教育委員会にご協力い

もっとみる
+3

10月30日から「わたしとつるが展」を開催します。

2021年10月1日付で敦賀市地域おこし協力隊としての2年目が始まった。「まだ1年経ってなんだ!」が通用しなくなることに少しの恐れを感じつつも、2年目も変わらず楽しんでいきたいと思う。

さて、そんな2年目に突入したところで、イベントを開催する。その名も「わたしとつるが展ー写真でみるハイパーローカルチャー-」。

ハイパーローカルチャーとは?地域おこし協力隊として広く情報発信をしていく中で、わたし

もっとみる
+7

つるがアーケードツアー①-全部カタチが違う?!駅から繋がる5つのアーケード-

敦賀には、駅前から港の方に向かって、5つの商店街から構成される約2kmのアーケード通りがある。

▲地図上の赤い線の部分がアーケードのある通り。

駅からスタートし、一番港に近い商店街まで歩いて30分ほど。最近、このルートをガイドしながらまち歩きをするのにハマっている。題して「つるがアーケードツアー」。

▲ローカルメディアに取材をしていただいたことも。

わたしからすると、この通りにはかなりの見

もっとみる
+5

[カグ〜ルにいます。日誌]9月22日

「カグ〜ルにいます。」とは、敦賀市地域おこし協力隊の西山が、気比神宮交差点前にできたフリースペース「カグ〜ル」に”ただいる”ことで、どんな人に会えるか、またどんなことが起きていくかを実験する企画です。
■詳細はコチラ

9月2回目の「カグ〜ルにいます。」です。

今回は平日にも関わらずちょっと賑やかでした。

取材を受けるまず、とある番組から取材をしていただきました。まもなく値域おこし協力隊に就任

もっとみる

何をして生きていきたい?

仕事や肩書きはその人がどういう人なのかを推し量る上で大きな材料になると思う。だから必ずと言って良いほど、人は初めて出会った人に尋ねる。

「お仕事は何をされていますか?」

一つの職業に拘らず、いろんなことをしていきたい私は、この質問が時に煩わしく感じる。

人に自分を紹介してもらうとき「地域おこし協力隊の〜」とか「おでんの〜」といろんな紹介のされ方がある。自己紹介の時も大体同じ。どの肩書きで紹介

もっとみる
+6

[カグ〜ルにいます。日誌]9月11日

今月もカグ〜ルにいます。やってます。

今日は第二土曜日ということで国道8号ではさまざまな催しものが。毎月恒例の福くるキッチンカーズさんに加え、本町1丁目商店街による「ほんいちマルシェ(仮)」もスタートしました。

↓国道8号空間の利活用については、KURASUTSURUGA内で市の担当者にインタビューをしています。

https://kuras-tsuruga.jp/blog/toshiseis

もっとみる
+5

水仙まんじゅうに葛まんじゅう、水まんじゅう。一体どう違う?-若狭地方夏の風物詩を調べたい-

連日の雨降りで気温もグッと下がってきましたね。夏終了の気配に待った!をかけるべく、今回は「敦賀の夏の風物詩」についてです。

以前Twitterでも呟いた、「水仙まんじゅう」という食べ物。「水」という言葉からなんとなく「水まんじゅう」を想い浮かべるのではないでしょうか。

予想通り、見た目も味も、水まんじゅうそのものでした。水まんじゅうと言えばわたしの故郷、岐阜県の大垣市の名物として有名です。

もっとみる
+7

[カグ~ルにいます。日誌]8月11日(水)

2ヶ月目の[カグ〜ルにいます。]です。今回は、わたしとつるが02のプレゼント企画の抽選会を同時開催しました。日誌では、1日の流れを順に振り返りたいと思います。

カグ〜ルのサインが付きました。朝、カグ〜ルに出勤すると、入口で作業をする方が。

カグ〜ルの表についにサインが取付けられました。

デザインは、「わたしとつるが」でもお馴染みの山崎さん。サインがついたことで、グッと何かの施設であることがわ

もっとみる
+5

収穫はもうすぐ。炎天下、稲木を作る。

中心市街地の北東側に位置する中池見湿地は、ラムサール条約にも登録される貴重な生態系が残る大切な場所。ここでは、貴重な生態系を体感しながら、手作業で米を育てられる「ミニ田んぼサポーター」という活動が行われています。

今年の4月からこの活動に参加し、田植えや定期的な草取りなどを行なってきましたが、約4ヶ月がたち、ついにお米が実り始めました。

まもなく収穫の時期ということで、今回は、刈り取った稲を乾

もっとみる

[カグ~ルにいます。日誌]7月25日(日)

第二回、カグ〜ルにいます。を7月25日に開催しました。少し遅くなりましたが、そのレポートです。

NPO法人THAPさん今回は日曜日の開催ということで、敦賀のNPO法人THAPさんも終日いらっしゃいました。

NPO法人THAPとは、敦賀を住み良い街にするために活動するボランティア団体。その代表的な活動に、「敦賀おもてなし隊」として、毎月第二日曜と第四日曜に氣比神宮周りでの清掃活動や、観光客の写真

もっとみる