大野

政治・経済や人権について書きます。

大野

政治・経済や人権について書きます。

    記事一覧

    「日本を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している」の本当の意味

     自公政権が軍事費を倍増しようとしています。  そのような軍拡を行う際によく使う言葉は「日本を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している」です。  果たしてこ…

    大野
    1か月前
    1

    「消費税は消費者が納めている」というウソの目的

    前回、消費税における「二つの大ウソ」として、 消費税は社会保障のために使われている 消費税を納めているのは消費者である の二つについて書きました。 前者について…

    大野
    2か月前
    2

    消費税における「二つの大ウソ」

     消費税が導入されて33年が経ちました。  みなさんが当たり前のように関わっている消費税ですが、ここには二つの「大ウソ」が存在します。  今回は、それについて書いて…

    大野
    4か月前
    1

    「日本を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している」の本当の意味


     自公政権が軍事費を倍増しようとしています。
     そのような軍拡を行う際によく使う言葉は「日本を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している」です。
     果たしてこれは一体どういう意味なのでしょうか。

     外務省のサイトに、この文言の「解説」が掲載されていました。

    アジア太平洋地域については、

    と、中国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を名指しで挙げています。
     ちなみに、「安全保障面の地域協力

    もっとみる
    「消費税は消費者が納めている」というウソの目的

    「消費税は消費者が納めている」というウソの目的

    前回、消費税における「二つの大ウソ」として、

    消費税は社会保障のために使われている

    消費税を納めているのは消費者である

    の二つについて書きました。
    前者については、消費税増税とあわせて、社会保障が削減されている、という現実があるので、多くの方が気づかれていると思います。
    しかし、「消費税を納めるのは消費者である」というのは、政府やマスコミが強力に刷り込んでいる上に、そう錯覚させるための制度が

    もっとみる
    消費税における「二つの大ウソ」

    消費税における「二つの大ウソ」

     消費税が導入されて33年が経ちました。
     みなさんが当たり前のように関わっている消費税ですが、ここには二つの「大ウソ」が存在します。
     今回は、それについて書いてみようと思います。

    大ウソ・1「消費税は社会保障のために使われている」 政府もマスコミも、執拗にこの大ウソを繰り返しています。
     これが事実でないことは簡単に証明できます。
     この33年間で消費税が導入・増税された事によって、社会保障

    もっとみる