選手と監督の距離感

怖い監督。優しい監督。

威厳のある監督。フレンドリーな監督。

色々な監督が存在する。

アマチュアチームであろうが
プロチームであろうがそれは同じだ。

選手と監督はどのような距離感で接するべきなのか。

この問いに正解はないだろう。

チームの雰囲気、選手の特徴、信頼関係と
様々な要素によって最適な距離感は変化する。

その上で、
僕が考える " 選手と監督の適切 " な距離感について、選手

もっとみる
スキありがとうございます!
10

天才の感覚に驚愕した日のこと

Jリーガーの中には天才がいる。

天性のボールタッチ、類稀なセンス。

Jリーガーになれて良かったと思う瞬間の一つがこの " 天才の感覚 " に間近で触れられた時だ。

今日は、
凡才Jリーガーの僕が
天才の感覚に驚愕した日のことについてお話ししたいと思う。

技術やフィジカルも圧倒的だったが
なにより考え方が天才だった。

実名こそ出さないものの、
その選手の特徴や経歴などから
所属クラブが絞ら

もっとみる
よろしければシェアよろしくお願い致します!
6

J3 第23節 プレビュー【ヴァンラーレ八戸 vs 鹿児島ユナイテッドFC】賢者は強者に勝るか

2020.10.25 J3 第23節 プレビュー
ヴァンラーレ八戸 vs 鹿児島ユナイテッドFC

お久しぶりです。すっかり涼しい、どころか肌寒くなってきましたね。
私生活がひと段落し、ようやくまた文章を書けました。

秋田戦から始まった上位5連戦は1敗1分の後、3連勝。しかし、続くC大阪U-23戦ではスコアレスドローに終わる悔しい結果に終わりました。

とはいえ、昇格圏まで勝ち点差5の5位に付け

もっとみる

【レビュー】踏み出した一歩 - 2020 J1 第23節 浦和レッズ vs ベガルタ仙台

浦和レッズサポーター間での戦術的な議論活性化のきっかけを目指す、浦和レッズ戦術分析、マッチレビュー。試合後1~3日後にアップされます。今回も読んで頂けること、Twitterで感想・意見をシェアして頂けること、感謝です。ありがとうございます。

この記事でわかること

・循環 - 局面の移行の連続
・強度 - 好循環が生み出すトランジションの強度
・自在 - ダイヤモンドと4-4-2の使い分け
・継

もっとみる

vsFC町田ゼルビア

アウェー・町田戦は0-0のドロー。17位から首位まで駆け抜けてきた連勝は12でストップとなった。湘南の持つ14という記録に挑むことが出来なかったのは非常に残念だが、過密日程のなかのアウェー4連戦を3勝1分で乗り切ったと考えると全く悪くない。
.
今日の試合は前半は町田のゲーム。ボールを持つとSBがタッチライン際まで開いてマークを引きつけ、SHが中に寄って後ろに引きボールを引き出す動きや、全体のトラ

もっとみる
ありがとうございます❗
6

【緊急】FW考察〜0トップの可能性〜

こんにちは、ニシザワです。
もう散々報道されていますが、ファビオとペドロ・マンジーの2人が契約解除となってしまいました。この件についてここで私見を話しても仕方ないので、今回の考察はFWが3人(負傷離脱中の新太を含めて)いない状況で今後のリーグ戦をどう戦うべきか考察していこうと思います。

(*選手は敬称略です。)

○新たなFWが必要か否か

例の契約解除についての記者会見議事録に「今後FWの補強

もっとみる

長谷部アビスパを分析してみた。

12連勝中と絶好調で、それなのに相手チームの監督から色々言われる不思議なチーム、長谷部アビスパを素人なりに分析したい。そう思い立って書き始めたものの、これほどまでに文章が纏まらないとは思いもしなかった。何度書き直したことだろう。
ツギハギが目立つかもしれないが、全力は尽くしたのでご容赦いただきたい。
.
.
現在絶好調の長谷部アビスパには、大きく分けて2つの強みがある。まずは1つ目。
.
サッカー

もっとみる
ありがとうございます❗
8

【レビュー】現出した"積み上げ" - 2020 J1 第22節 柏レイソル vs 浦和レッズ

浦和レッズサポーター間での戦術的な議論活性化のきっかけを目指す、浦和レッズ戦術分析、マッチレビュー。試合後1~3日後にアップされます。今回も読んで頂けること、Twitterで感想・意見をシェアして頂けること、感謝です。ありがとうございます。

この記事でわかること

・原則 - 相手を動かして空く場所を利用する
・トランジションの落とし穴
・希求してきたトランジション・ラッシュの実現
・原則適用の

もっとみる