cakesコンテスト2020

コンテスト

ただいまこのハッシュタグで作品を絶賛募集中です。
あなたもステキな記事を書いて参加しましょう!

印象のひと

工場の回転灯の光が、ぐわりと廻っていく。俯きがちな木々の揺れが、深い森のモンスターに見える。遠くに私鉄の車両が渡っていく。柔らかい風が吹いている。細い月が滲む。
 夜のベランダでひとり、過ごすことが好きだった。

 僕が子どもの頃過ごした街には工場と川と幾つかの林があって、その木々に飲まれる様に叔父さんの家が隠れていた。
 近所の子ども達から「魔法使いの家」と呼ばれたその建物は、縦長のモルタルの壁

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします
3

名前ってなんだ

名前ってなんだろう。

選択的夫婦別姓が話題となっている。

私もジェンダーを学んでから自身の姓を変えることに疑問を感じ、元夫に自分の姓を変えたくないと伝えたことがある。私の元夫は非論理的な人ですぐに感情的になり、全く話し合いにならず、その時も「意味わかんないこと言うな。結局キャシーは俺のこと好きじゃないだけでしょ」とキレられた。

好き嫌いの話じゃないんだけどな…と思ったけれど、この人に話しても

もっとみる
スキ꒰⑅😍⑅꒱ありがとうございます😭
4

Le Grand Écart(バーに行かなければ)

水・木と仕事が山場で、木曜日の夕方にようやく一段落したのでバー巡りもようやく再開。今日は以前から一度はお伺いしたかった「テカール」に連れて行っていただきました。

聞いていた話と、あずま通りの裏手という場所からか、正直に言うともう少し雑駁なところを想像していたのだが、パリの気取らないカフェのような、レストランのような、何ともおしゃれなお店でした。そもそも扉の色がいい。白堊に青い扉。なんてすてきなん

もっとみる

立花孝志が静岡県の衆議院に立候補するってよ

立花孝志氏が静岡4区の選挙区に立候補するらしい。あいつは参議院でだけでよかったのに埼玉県知事選挙に立候補そして落選。なぜ、もったいないことをするのだろうか?

立花孝志氏はNHKをぶっ壊すとかいって日本全国の議員に立候補。NHKから国民を守る党とういう党を結成、いろいろと活躍している。

全国あらゆる選挙に出ると公言、元NHK職員なのによくそんなに資金があるなと思う。そして、党員も議員となりいろい

もっとみる
スキありがとうございます❗️
1

春の日のこと

彼女は振り向きざま、この情景にお誂え向きの台詞を吐きました。
「心中しましょう」
少し肌寒い桜の頃、お父さんやお母さんには内緒で、もちろん学友にも誰にも内緒でわたし達は、春の陽光の中、学校という檻からの逃亡を図りました。
昼下がり、鈍い光が降り注ぎ、彼女は金色の輪郭を纏います。空から永遠とも思えるほど、薄い桃色の雪が降り注ぎます。
淡い色合いが二人の間を埋めていました。
あとからやってきた罪悪感は

もっとみる
ありがとうございます。

プロポーズの言葉

「結婚しよう」苦しげな表情で彼はいう。「ぼくはこの島から動けない、ぼくは貧乏で、シングルファーザーで、それに商売は不景気だ。きみのお母さんはぼくを嫌っているし、作家のイベントを主催させれば、どうしようもないあほたれだ」
「変わったプロポーズだこと」と彼女はいう。「あなたの得意な分野で攻めたらどうなの、A.J」

カブリエル・ゼヴィン『書店主フィクリーのものがたり』小尾芙佐訳、早川書房、2017、2

もっとみる
♡Lovely thanks♡
6

いなくなってもいいように

第1回猫俳句大賞に応募した。

コピーライターの賞レース『宣伝会議賞』に
挑戦するYouTube番組をやっていて。

宣伝会議賞以外にもラジオCMとか川柳とか
コピー系の公募に色々送っている。

よかったら観てください。

俳句はコピーとはちょっと違うけど。
試しに送ってみようという話になった。

猫俳句大賞は、
猫をテーマとした俳句コンテスト。

猫の日でもある明日、
2020年2月22日に結果

もっとみる
そのスキはもう完全にありがとうやん
5

Qちゃんは何を思う④来世は人間に

こんばんは

こんなこと考えたことありますか

前世とか今世とか来世とか

あなたは今世は人間ですが

前世はなんだったと思いますか

来世は何になると思いますか

それは人間だと思いますか

動物ですか

植物ですか

それとも違う何かですか

僕の前世は猫だと思います

いや猫であってほしいです

猫でなくても

誰かを癒す存在であればいいです

今回はQちゃんについて

私はQちゃん

私の

もっとみる
やったー!!
2

「たったこれだけ!」?はじめて着物のススメ

海外旅行へ行ったことはありますか?
ある程度旅慣れた人は、
「パスポートとスマホと財布があればどうにかなる」
といいます。
わたしもそう思います。

とはいっても、実際に旅に出る前には、こまごましたものを揃えたり買い足したり、前日はパッキングで苦戦したり、出発当日にバタバタしたりするものです。

はじめて海外旅行に行く人は、「必要なものは3つだけって言ってたじゃん!」と文句の一つも言いたくなるでし

もっとみる
気に入ってもらえてうれしいです!
1