やどかりみさお(写真家)

写真家/保健室の先生。双極性障害をテーマにした作品「夜明け前」で、第14回名取洋之助写真賞奨励賞を受賞。家族写真、ポートレートも撮っています。現在は産休中。 お問い合わせはHPからお気軽にどうぞ。 HP▷ https://www.yadokarimisao.com/

忘れていいよ。

娘のパンツデビューと祖母のオムツデビューは同じ頃だった。 娘が歩くようになった頃、祖母がアルツハイマー病になった。 娘がよく話すようになった頃、祖母は施設に引...

辛さを人と比べてはいけない。

私は今、入院しています。 病室からこのブログを書いています。 総合病院には様々な人が、様々な理由で入院しています。 私は産科に入院していますが、お産で入院してい...

受け止めることと、表現することと。

現在、私は「写真家」を名乗っている。 もともとは小学校の保健室の先生だった。 去年は、高校の保健室の先生であり、写真家だった。 自分でも何がしたいのかよくわかっ...

これからのこと

東京での写真展が終わりました。 ギャラリー全体では、1週間で、なんと8700人を超える方が来場してくださっていたそうです。多くの方にお越しいただき、心より感謝いたし...

なぜコンテストに応募するのか

私は今、 ちょっと変わった高校の保健室で働いている。 生徒たちのほとんどが、年間数回のコンテストに挑戦するような学校だ。 私は、写真家として活動しながら、 高校で...

「いい写真」って何だろう。

この日、私は写真を撮った。 桜が満開で、 良く晴れた、 暖かい日だった。 でも、桜が散っていても、 雨でも、 雪でも、 寒い日でも、 写真を撮っただろう。 ただ、この...