見出し画像

保健室の先生だった私がシャッターを切る理由

私たちが出会ったのは、あの子がまだ10代のころ。





今から5年前。

私は6年勤めた保健室の先生という仕事を辞めて、写真をぽつりぽつりと撮りはじめていた。

そんな私に、あの子は写真を撮らせてくれた。

画像1



生まれて初めて開催した写真展にも、彼氏といっしょに来てくれた。

成人式の写真を頼まれた時は、すごく嬉しかった。

画像2

画像3



時が流れて。

私は写真家として独立して、お仕事をもらったり、賞をもらったりしながらも、まだどこかで保健室の先生という仕事に未練があった。

写真は大好きで、写真家になりたくてなりたくて。ずっと写真を撮っていきたくて。

でも、幼い頃からの夢だった保健室の先生という仕事、子ども達と密に関わるあの時間を、完全に終わりにしてしまっていいのかと、どこかで後ろ髪をずっと引かれていた。





先日、あの子が結婚した。
記念の写真を頼んでくれて、久々にあの子に会った。


画像4


彼氏は旦那さんになっていたし、あの子はとてもきれいだったから、涙が出た。

「涙でファインダーが滲むなんてプロ失格・・・!」という気持ちで、平常心を保とうと努力しながら、大切に、大切にシャッターを切った。


画像5

画像6


夢中で写真を撮っていたら、さっきまで「涙で被写体が見えないなんてプロ失格」なんて思っていた気持ちが、ふっと、どこかへいってしまった。

私は目を閉じた。

それでも、はっきりと写したいものが見えた。




「あぁ、私、ずっと同じことをしているんだ。」

そう思った。



写真は、口実なんだ。
つながるための手段なんだ。



保健室の先生をしていた時も、
写真家になったのも、

「あなた」とかかわりたいからだった。
「あなた」とつながっていたいからだった。


全然違う仕事をはじめて、なんだかチグハグになっているような気がしていた。
保健室と写真という、全然違う「点」だと思っていた。

その点と点が、スッと線で繋がったような感覚だった。


方法が変わっただけで、私のしたいことはあんまり変わっていないんだなぁ。



あなたにまた会いたくて、これからも写真を撮り続けていくんだと思う。

「ありがとう!」「おめでとう!」「やったね!」の気持ちを込めて、ビールで乾杯するかわりにシャッターを押すよ。

保健室にいた時みたいに毎日は会えないけど、今度は卒業がないから、いつでもまた呼んでよ。


ありがとう。おめでとう。またね!

画像7


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるととても励みになります。いただいたサポートは、記事を書くための軍資金にさせていただきます。

私もスキです!
33
写真家/養護教諭 ■やどかりみさおポートフォリオ https://www.yadokarimisao.com ■ポートレートジャーニー https://yadokariportrait.com ■質問相談 https://t.co/mEPLAL0Oys?amp=1

こちらでもピックアップされています

ポートレートジャーニー
ポートレートジャーニー
  • 2本

葉山で、ポートレートを残す旅。 おしゃべりしながら。歩きながら。 葉山の自然を感じる小さな旅。 ポートレートは旅のおみやげ。

コメント (2)
素敵です💖
プリングルスさん
ありがとうございます😄💕
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。