見出し画像

レモンパイの良さをみんなに知ってほしい!昭和感満載のスイーツが令和になった今キている

最近どうにもレモンパイが恋しくてたまらない。カフェや喫茶店で頬張ると、なんだか懐かしい気持ちになる。

もちろん、僕が生まれ育った山梨の韮崎という街にはレモンパイを出しているカフェや喫茶店などない。
あるのはおっちゃんたちが自分の畑で取れた作物を持ち寄って飲み会をするフリースペースと化した居酒屋と、チャーシューの代わりにかまぼこをのせたラーメンを提供するお粗末な定食屋くらいだ。

ハイカラなものがまったくない地域で育った僕でも、レモンパイのモフモフでほんのりと甘いメレンゲに、柔らかい酸味が効いたレモンクリーム、パリッパリのパイの組み合わせは「懐かしい」と思ってしまう。

もしかしたら、レモンパイの懐かしさは虫の走性と同じように遺伝子に組み込まれた生得的なものなのかもしれない。

そんなことを考えながら僕は、毎日のように行ける範囲のレモンパイを食べ歩いた。 ときには焼肉食べ放題へ行く約束の前にレモンパイを食べてしまい友人に怒られたこともあった。

その中で見つけた、
「これいいわー」と思ったレモンパイをいくつか紹介しようと思う。

▲インスタでレモンパイの情報を常々募集&最新情報を掲載しています。レモンパイを出しているお店を知っていたら送ってください。

◯レモンパイがいかに美味しいか熱弁してみる

このままつらつらとお店の紹介をしていってもいいのだけれど、その前にレモンパイの美味しさについて語ってみる。

まず「レモンパイ」の登場人物は「レモン」に「パイ」、「メレンゲ」の3名。登場するキャラクターはそれ単体では生きられないサブキャラ的な奴ばかりだ。基本的にレモンは添え物だし、パイは敷く物、メレンゲはお菓子の膨張剤である。うむ、どいつもパッとしない。
ただ、彼らの守備範囲の広さを見てほしい…

レモンといえば居酒屋の隅から洋食、中華まで、どのジャンルの料理にも登場する名わき役だ。
そして、メレンゲとパイも同じ。洋食に縛られるが、それがなくてはジャンル自体が成り立たないほど、食文化の根幹を担っている。

そんな草野球ではセンターを任せたくなるような守備範囲が広いやつらを三枚にも重ねているのだ。まずいワケがないだろう。

また、さっきから守備範囲という例えをしているが理由があり、どの食品も攻めではないのだ。すべてがウケ。なんでも優しく包み込んでくれるような実家みたいな存在だからこそ、懐かしく感じるのかもしれない。

◯レモンパイの王道「洋菓子レモンパイ」(浅草)

王道といわれるかもしれないけど、浅草の外れにある「洋菓子レモンパイ」の「レモンパイ」は美味しい。なんたってレモンパイと店名につけてしまうほど、これ一本にかけているのだ。
マーケティング的に言うと、ショートケーキやシュークリームなど、洋菓子にはもっと数字が取りやすいものがあるはず。それを差し置いて「レモンパイ」。相当自信があるに違いない。

創業は1981年、40年近くもお店の看板メニューを張り続けているトンデモない一品。
非常に人気で夕方には売り切れてしまうことあるそうだ。

口の中でしゅわしゅわっと弾けて消えるメレンゲにレモンクリームの甘酸っぱさがたまらない。

「レモンパイ」を食べていくのであれば、ここに始まりここで終わる。寿司の世界でいう「玉子」みたいな存在のお店だ。

◯お店の情報

営業時間:12:00~18:30
住所:東京都台東区寿2丁目4−6
価格:280円

◯モフモフのメレンゲが半端ない「マミーズ・アン・スリール」(日暮里)

次に紹介するのは谷中のパイ屋さん「マミーズ・アン・スリール」の「雲の上のレモンパイ」。
パイ屋さんといえど、店内には簡易的な飲食スペースがあり、軽く食べていくこともできてしまう。

帰りがけにNPCのおばちゃんが「雲の上のレモンパイ」を4個買っていく姿が見えた。
もしかしたら早めにいかないとなくなる人気商品なのかもしれない。

こんもりと盛られた「レモンパイ」を割ってみると、真っ白なメレンゲが8、黄色いレモンクリームが2。
ビールでやったら怒られてしまうような色の割合だけど「マミーズ・アン・スリール」のレモンパイはこれでいいのだ。

メレンゲからレモン風味。さらに下に敷いてあるレモンクリームもかなりパンチの効いた酸っぱさ!
レモンの香りが優しいメレンゲの部分が多いからこそ、酸味と甘味のバランスが取れる。これはすごいいいかも。

◯お店の情報

営業時間:10:00~19:00
住所:東京都台東区谷中3-8-7 斉藤ビル 1F
価格:780円

◯分厚いレモンクリームが特徴的「ザ・シティ・ベーカリー」(有楽町)

銀座にある東急プラザの地下に店舗を構える「ザ・シティ・ベーカリー」でもレモンパイを出している。ベーカリーとあるもんだからパン屋と思っていたんだけど、席数も多くカフェとして利用できる。

上で紹介したレモンパイにはいずれもメレンゲでできたツノがあったが、「ザ・シティ・ベーカリー」のレモンパイは軽く波があるだけ。

レモンクリームは分厚く、厚焼き玉子みたい。存在感があり、かなりボリューミー。

一言で言うと「濃い」。レモンクリームのレモンの香り、酸味、甘味ともピカイチ!それに対して、メレンゲは軽い甘味があるだけ、完璧にクリームのカバーに回っている。個人的に一番好きなレモンパイだ。

◯お店の情報

営業時間:7:30~22:00
住所:東京都中央区銀座5丁目2−1 東急プラザ銀座 地下2階
価格:500円

◯ザクザクのタルト生地がレモンと合う「Aux Bacchanales」(有楽町)

銀座、コリドー街の始まりにある「Aux Bacchanales」(オー バカナル)の 「レモンパイ」もなかなか良かった。ヨーロッパのカフェみたいな雰囲気で、テラス席でご飯を食べている人も多い。夜になるとちょっと治安が悪くなるところなので、早めの時間帯に行くのがいいかも。

薄めのレモンクリームにこんがりと焼かれたメレンゲ。ツンと立ったツノ。タルト生地を使っているためか、文鎮のようにどっしりとしていて存在感が強い。

酸味はしっかり、甘さはそこそこ。しゅわしゅわとしっかり目のメレンゲがいい感じ。タルト生地なのでザクザク食感、そして他のお店のレモンパイではあまり主張することがなかったバターの風味が素敵だね。

△濃厚な味わいなのでコーヒーとよく合う!

◯お店の情報

営業時間:11:00~23:00
住所:東京都中央区銀座6丁目3−2 ギャラリーセンタービル
価格:600円

◯華やかさならピカイチ「レモンドロップ」(吉祥寺)

吉祥寺でレモンパイを食べるなら外せないのが「レモンドロップ」。その名の通り、レモンを使ったスイーツが人気のケーキショップで、おしゃれで今風な佇まいだが創業は1980年と割と老舗だ。

レモンのジュレにメレンゲ、レモンクリーム、その下にはチョコ生地を挟んでのパイ生地。ここまで紹介したレモンパイは質素なものが多かったが、「レモンドロップ」はかなり華やか。

マシュマロのような弾力のメレンゲもいいけど、レモンジュレの果肉感がいい。間のチョコ生地もレモンの甘さと酸味を邪魔しない程度に控えめなので、最後までさっぱりと食べられてしまう。

◯お店の情報

営業時間:10:30~22:30(喫茶のL.O.22:00)
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2-8 レモンビル 1F
価格:594円

◯珍しいこってりタイプ「多奈加亭」(吉祥寺)

「吉祥寺 多奈加亭」は、昭和レトロという言葉がよく似合う喫茶店。もともとは紅茶専門店としてオープンしたそうで、手作りのケーキや洋菓子を提供している。

パイ生地にレモンクリームだけでなく、生クリームとカスタードクリーム、食感にアクセントを加えるためか、スライスアーモンドがトッピングされていた。「レモンドロップ」といいこのお店といい、吉祥寺の民はもう一つ付けたがる。きっと酢豚にもパイナップルを入れるに違いない。

生クリームとカスタードクリームが使われているためか、レモンパイには珍しくこってりタイプ。こちらもコーヒーとよく合うね!

◯お店の情報

営業時間:11:00~20:00
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目13−4
価格:500円

◯甘くてサクサクのメレンゲが病みつき「サンレモン」(押上)

スカイツリーの麓にある「サンレモン」は、僕がヘビーに利用しているお店だ。
メインはテイクアウトですが、14席ほどのテーブル席があり、コーヒーも提供しているのでカフェとしても使える。

レモンパイは、メレンゲが高くのっけられていて、レモンクリームとの間にシロップにつけられたスポンジが挟まっている。
お店の人気No.2。最近どんどん人気になっているそうだ。

そんでもって注目はメレンゲ。他のお店のメレンゲは軽く焦がして色をつけているだけのものが多いが、「サンレモン」はパリパリになるまで焼かれている。まるでメレンゲクッキーみたいだ。

キャラメリゼされたメレンゲの香ばしい香りが病みつきに!
レモンクリームは酸味や香りは柔らかく、全体的に甘めの印象。老若男女だれからも好かれる味だと思う。

◯お店の情報

営業時間:11:00~20:00(喫茶L.O.19:30)
住所: 東京都墨田区押上1-23-3
価格:420円

◯パンチの効いた酸っぱさがクセになる「さかこし珈琲店」(中野)

次に紹介するのは、現代の大迷宮こと中野ブロードウェイの奥地にある喫茶店「さかこし珈琲店」。昔ながらの喫茶店で、僕が行ったときには数人のサラリーマングループとマダムグループが談笑をしていた。

タルト生地の上にはスポンジ生地、そして薄めのレモンクリームを挟んでモフモフの生クリームが乗せられている。これは店内で作っているわけではなく、近くのケーキ屋さんで仕入れているそうだ。

ガツンとしたレモンクリームの酸っぱさ。なるほど、こんなに酸っぱいなら分厚くなくて正解だったかもしれない。生クリームは優しい甘さで、レモンクリームとの味わいのギャップが病みつきになる。

◯お店の情報

営業時間:11:00~19:30
住所: 東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ 2F
価格:460円だったと思う。

◯ゴルゴンゾーラのレモンパイとは?「銀座ウエスト」(銀座)

「銀座ウエスト」といえば1947年の創業の超老舗の洋菓子店。
これまでお菓子をもらったことはあったが、喫茶室の方へ足を運んだのははじめてかも。

店内には白いクロスが引かれたテーブルが並び、煌びやかなお召し物を着た銀座マダムたちが談笑をしていた。
他のお客さんがちゃんとしている分、パーカー族の僕としては緊張する。

銀座ウエストで提供しているのは、「ゴルゴンゾーラレモンパイ」
チーズ×レモンパイなら理解できるのだが、その中でもまた異質なゴルゴンゾーラ。老舗だからどストレートを投げてくるんだろうなぁという期待を裏切る変化球なレモンパイだ。

どうやら上のホイップにゴルゴンゾーラを使っているようだ。黒い点々が見てとれる。

ゴルゴンゾーラのガツンとした香りに負けないようにしてるのか、レモンの香りは強め、甘さもしっかりしている。酸味はほとんどない。
ゴルゴンゾーラの味が口の中いっぱいに広がった後、鼻を抜けるレモンの爽やかな香りが心地よい。

◯お店の情報

営業時間:9:00~22:00(L.O.21:30)【平日】、11:00~20:00(L.O)【休日】
住所: 東京都中央区銀座7丁目3−6
価格:ケーキセット1,430円


◯レモンパイマップを作ってみた

作ってみたはいいもののまだまだ情報が少ない。

レモンパイといえば月野うさぎの好物や毛利蘭の得意料理であったように昔は家庭的でメジャーなスイーツだったらしいのだが、今ではレモンパイを出しているカフェや喫茶店は少ない。今後も掘り出し甲斐がありそうだ。

読者の方でレモンパイを見つけた方がいたら、僕のインスタに送ってくれると非常にありがたい!

100%蛇足というか僕のYOUTUBEの宣伝なんだけど、同時に各テーブルにレモンサワーのサーバーが設置されているお店をいろいろ回っていた。

レモンサワーのお店はYOUTUBEチャンネルにのせているので、是非とも動画を見てチャンネル登録してもらえると嬉しい。

◯おわりに

こういうマイナーなスイーツはネットの情報をもとに行っても置いてないことが多々ある。まだ固めプリンがマイナーだったころ、同じようにカフェで食べられる固めプリンのまとめ記事を作ったことがあったけどすごい大変だった。ただ、その努力もあってか今では、固めプリンもかなりの人気に。今回もこの記事を読んでくれた人が一人でもレモンパイを好きになってくれることを願って書いた。

それではご馳走様でした

#cakesコンテスト2020

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ついでにYOUTUBEのチャンネル登録してくれると嬉しいです!
380
世の中に散らばったキラリと光る個性的なお店を紹介するサイト。 面白い店主や変わった料理、奇抜な店舗など…普段味わうことのできない経験ができる料理やお店を紹介していきます!Twitter:https://twitter.com/asobikikaku

この記事が入っているマガジン

好き
好き
  • 32本
コメント (3)
レモンパイどれも美味しそうで食べたくなりました🍴今度、東京に行くことがあったら行ってみたいです😊
私の地元にあるルタオにレモンケーキあるので是非食べてみてください🤗
レモンパイが大好きなのですが、なかなか売っていないので大変参考になりました。もうご存知かもしれませんが、箱根の富士屋ホテルで夏季のみ販売しているレモンパイもとても美味しいです。
とっても美味しそうで、心がぐらぐらと動きました。
近くのお店に行ってレモンパイデビューします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。