はる

書くことは呼吸をすること。 cotreeアンバサダー。エッセイは育児関連が多め、小説はフィクションとノンフィクションの融合。原体験が軸。 「サバイバーからの伝言」マガジンで自身の経験を元に虐待抑止の発信を執筆中。*プロフ参照 《ブログ》https://harunomama.com
固定されたノート

だからお母さんは、たまに言ってくれる君のワガママに安心するんだ

『大丈夫?』 重い足取りで階段を降りてきた私に、息子が心配そうに尋ねる。偏頭痛や目眩を起こして寝込むことが度々ある私は、しょっちゅうこの言葉を彼らにかけてもらう...

譲れないものって、あるよね #呑みながら書きました

皆さんこんばんは。今日は呑み書きでフェチを語り合おうの日です。 あ、違った。呑み書きの日に合わせてフェチを語り合ったら面白いんじゃね?とお誘いを受けての流れであ...

“もしも”

近所の公衆電話のガラスに、一枚の張り紙がしてあった。 【もしもボックス】 近くに住む子どもたちの悪戯だろう。そう思って何の気なしに通り過ぎようとしたけれど、ふっ...

クリスマスにコンクリートを欲しがる息子の話

数日前、意気揚々と長男が私にこう告げてきた。 「お母さん、俺今年のクリスマスプレゼント決まった!!」 「お、なになに?」 「コンクリート!!!」 ……コンクリー...

ラブレター

公園のベンチに一人座って、紅葉を眺めていた。はらはらと舞い散る黄色や赤の葉っぱたちが、儚くも美しい。 25年連れ添った妻が、先日出ていった。なんやかんや言いながら...

身勝手な言いぐさなのは百も承知なのだけど

呼吸が浅くなるときがある。特にこれといった理由はない。特別な負荷がかかっているわけでもない。それなのに、首をやんわりと絞められているかのような圧迫感を感じる。こ...