今井真実 /料理家

毎日のご飯作りの助けに。作った人が嬉しくなる「毎日のあたらしい家庭料理」を。 キャンプが大好きです。 「毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』」 (KADOKAWA) エッセイレシピ 「いい日だった、と眠れるように 私のための私のごはん」 (左右社)発売中

今井真実 /料理家

毎日のご飯作りの助けに。作った人が嬉しくなる「毎日のあたらしい家庭料理」を。 キャンプが大好きです。 「毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』」 (KADOKAWA) エッセイレシピ 「いい日だった、と眠れるように 私のための私のごはん」 (左右社)発売中

    マガジン

    • 料理と毎日 のべつ幕なし

      私の毎日の献立メニューと生活の記録です。 いつも場当たり的に作る料理でも気に入るものもあり、大雑把な作り方、レシピとは言えないものも、こちらに。 そして日々の生活。小さな新しいこと、ささやかな古いこと。

    • #新しいお月見

      • 204本

      お互いの距離を保ちながら皆との共通体験が楽しめる行事とも言える「お月見」。このマガジンでは #新しいお月見プロジェクトに関する記事や、お月見に関する投稿をまとめています。

    • 私のお料理ノート

      作り方を詳しく解説しているレシピをまとめています。ご質問もお気軽にどうぞ。

    • 梅仕事と梅料理

      梅仕事の記録と、梅を使ったレシピのマガジンです。

    最近の記事

    固定された記事

    素材別レシピのもくじ

    お肉料理オーブン任せ!燻さないベーコン たとえ片手間でも作れるローストビーフ 最近、1番好きな胸肉レシピ、ローストチキン 茹で豚、何も考えずに作れて元気をくれる料理 お肉を茹でることで、肉出汁も2食分の料理も出来る 私の1番好きなおもてなし料理、焼き豚 お肉好きな私のボロネーゼソースの作り方 ちょっぴりの工夫で、握り寿司を作れるなんて、面白いでしょう? 鳥の脂をまとった馬鈴薯が主役の ローズマリー風味の鳥じゃが しっとりと肉汁じゅんわり。覚えておきたい基本の胸肉ソテーと展開料

    スキ
    1,359
      • 料理と毎日 7月31日〜8月6日

        7月31日(日)晴れ息子は引き続きサッカーキャンプ。娘は友達とお出かけ。 あれ?今日って私たち2人だよね!と急遽出かける準備をする。 虎ノ門で関口シェフのボロネーゼパスタとリオレを食べに。 ああ、なんて絶品なの…。本当に関口シェフは天才。味の重なりに嬉しくなります。芸術品。 そのあと有楽町で「リコリスピザ」を見ました。音楽もひたすらよくって。ちょっとクレイジーでかわいい青春物語。脇役が豪華でひっ!てなりました。 プチメックでパンを買い、夜は夫がシェフレピで作りました。

        スキ
        50
        • 料理と毎日 7月24日〜7月30日

          7月24日(日)晴れ娘とお昼ご飯に韓国料理のお店に行く。チーズダッカルビやいろんなお肉がついたランチ定食を娘は食べる。さすがまだ胃が若い。私は野菜ビビン麺。 その後病院へ。ワクチンを受けにいく。笑っちゃうほど暑い。 アスファルトの照り返しで火傷しそう。 夕方から撮影も、どんどん日が暮れて間に合わない。スケジュールを失敗した。できたものはとっても美味しかったけど! 7月25日(月)晴れ 夕方から撮影のため、その準備をする。 合間にお花屋さんに行く。たっぷり夏野菜が売っていた

          スキ
          47
          • 料理と毎日 7月17日〜7月23日

            7月17日(日)晴れ夫の実家に行く。道中にある「サダフ」で食事。 大盛況で何より。夏だから食材を買って帰れなかったのが残念。 千葉の家に着いて、近くの温泉に行く。 まずは塩サウナ。 泥パックがあって、お塩と混ぜて腕や味やお腹にぺたぺた塗る。 なんだ、この感じは。ああ煩悩や邪念が泥やお塩に吸い取られていくよう。浄化されていくのね、私。と想像しながら、じっと耐える。ああ暑い。 この後すぐに水風呂に入ると、心臓が痛くなるから、外のデッキチェアに横になり風に当たる。気持ちいい。裸

            スキ
            66

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 料理と毎日 のべつ幕なし

            • 122本

            私の毎日の献立メニューと生活の記録です。 いつも場当たり的に作る料理でも気に入るものもあり、大雑把な作り方、レシピとは言えないものも、こちらに。 そして日々の生活。小さな新しいこと、ささやかな古いこと。

          • #新しいお月見

            • 204本

            お互いの距離を保ちながら皆との共通体験が楽しめる行事とも言える「お月見」。このマガジンでは #新しいお月見プロジェクトに関する記事や、お月見に関する投稿をまとめています。

          • 私のお料理ノート

            • 98本

            作り方を詳しく解説しているレシピをまとめています。ご質問もお気軽にどうぞ。

          • 梅仕事と梅料理

            • 10本

            梅仕事の記録と、梅を使ったレシピのマガジンです。

          • 料理と毎日 のべつ幕なし

            • 122本

            私の毎日の献立メニューと生活の記録です。 いつも場当たり的に作る料理でも気に入るものもあり、大雑把な作り方、レシピとは言えないものも、こちらに。 そして日々の生活。小さな新しいこと、ささやかな古いこと。

          • #新しいお月見

            • 204本

            お互いの距離を保ちながら皆との共通体験が楽しめる行事とも言える「お月見」。このマガジンでは #新しいお月見プロジェクトに関する記事や、お月見に関する投稿をまとめています。

          • 私のお料理ノート

            • 98本

            作り方を詳しく解説しているレシピをまとめています。ご質問もお気軽にどうぞ。

          • 梅仕事と梅料理

            • 10本

            梅仕事の記録と、梅を使ったレシピのマガジンです。

          記事

          記事をすべて見る
            • 料理と毎日 7月10日〜7月16日

              7月10日(日)晴れ 角田真秀先生が関わっているパンマーケットをお目当てに立川に行く。 会場に着くと大盛況。 角田先生にご挨拶していると、LEEの編集の野村さんとも遭遇。 プライベートで偶然にお会いすると、とても楽しくなる。息子さんもとってもキュートでおしゃれ! 角田先生のパートナー様にもご挨拶できました。 帰ってきてからおやつを食べて公園を通ると、息子のお友達が遊んでいたので、息子と一緒に公園へ。お母様とゆっくりおしゃべりできてとっても楽しかったです。なんとバレエの先生と

              スキ
              66
              • 料理と毎日 7月3日〜9日

                7月3日(日)晴れ期日前投票に行く。 その後、明日の撮影の買い出しに。 品数が少ないから、準備はあまり大変ではないのだけど、レシピを気に入っていただけるか心配…。念入りに試作。 夕方にジムに行き、夜は原稿仕事。 7月4日(月)曇り時々雨 いよいよ待ちに待った桃レシピの撮影。編集のFさんとライターのFさんにも再会できるのも楽しみで! 庭も使っての撮影で雨が降ってきたり、傘をさして撮影したり。 お料理も一生懸命作ったはずなんだけど、おしゃべりのほうが記憶に残っちゃって。でも

                スキ
                71
                • 料理と毎日 6月26日〜7月2日

                  6月26日(日)晴れ昨日和歌山の旅から帰ってきて、まだ高揚したまま朝を迎えた。 手がちぎれそうなほど、いろんな食材を買い込んできたので朝ごはんを早速作る。 まだ頭がぼうっとしていて、こんがりとは言えぬほど焼きすぎてしまったトースト。 これが桃の甘味や他の素材とも意外にマッチして、脳みその想像を超えてきた。 料理をする時はいつも頭の中で組み立てるのだけど、口の中で全く違う味を感じられた時には、跳びはねたくなるほど興奮してしまう。 仕事帰りに夫が子供達を母の家に迎えに行き、み

                  スキ
                  60
                  • 料理と毎日 6月19日〜25日

                    6月19日(日)晴れ家を出ると、いきなり熱い。先週の涼しさが嘘のよう。ああ、こうやってジリジリと夏になっていくのだ。 こりゃだめだ、と、度日傘を取りにもう一度家に戻る。 夏は時間に余裕を持って出かけなければならない。 焦って早歩きなんてしようものなら、止まった時に汗がしばらくひかないのだ。 それなのに今日は。 美容院は予約時間ギリギリ。まあまあ少し遅刻したほどで良かった。 前髪も後ろも切ってもらってさっぱりする。 この前見かけたWEB記事によると、歳を取ると服に気を使うより

                    スキ
                    70
                    • 料理と毎日 6月12日〜18日

                      6月12日(日)晴れ撮影を兼ねて山梨県に向かった。 デイキャンプとまで行かずとも、道志の空気を吸いたくなったのだ。 道が空いていて思ったより早く道志に着いたので山中湖まで足を伸ばすことに。 途中とんでもない坂。急な登り道で、車がのろのとしか動かない。 「…今、これアクセルベタ踏みなんだけど…」夫の言葉に絶句する。空転したら終わり。ここから抜け出すことができない。 私は全身冷や汗でびっしょり。夫は膝が震えていたらしい。 ぼろぼろのうちの車、本当にえらかった…。 緑の道志みち

                      スキ
                      88
                      • 料理と毎日 6月5日〜6月11日

                        6月5日(日)晴れ朝起きたら夫がパンを焼いていた。 なんでもできる。ふわんふわん。耳はサクサク。 撮影が終わってから井の頭動物園に行く。 日差しも強く乗り気じゃなかったのだけど、中学生も小学生も楽しんで動物園に行くなんて可愛らしいものだなあと思う。 今だけのこの時間を、蒸し蒸してベタベタしてやだなあなんて、面倒くさがるのは本当に良くない。いくら日傘を忘れたからって。そばかすができるからって!暑いからって、なんだ!と、反省しました。 夜は角田先生主催の食事会。スイス料理に舌

                        スキ
                        74
                        • 料理と毎日  5月29日〜6月4日

                          5月29日(日)晴れ子どもたちは母の家に行ったので「流浪の月」を見に行く。 役者さん達の熱演に圧倒。当たり前だけど、ああ広瀬すずさんはもう大人なんだ…と思う。終始、精神的にずっと追い詰められていました。何かあったらどうしよう…って、なんというかこれは「心配」という感情に近い。心配しすぎて最後は気をつけて!とちょっと怒っていた。よく旅行に行く好きな街が舞台で懐かしかったです。 お昼ご飯にはサンドイッチを食べて、映画を見て、ぶらぶらと服を見る。 ほしかった麦わらをかぶっては迷

                          スキ
                          70
                          • 今野書店 「いい日だった、と眠る枕元に置いときたい本」 選書フェアレポート

                            西荻窪の今野書店さんで4月末から5月31日まで開催された選書フェア、  『毎日のあたらしい料理』『いい日だった、と眠れるように』 刊行記念 選書フェア  「いい日だった、と眠る枕元に置いときたい本」 が無事終了いたしました。 たくさんの方にお越しいただき、心よりお礼申し上げます。 すごくすごく嬉しかったです! そしてこのフェアを企画してくださったのが、今野書店の花本さんです。 花本さんは色んな方に本を勧めてくださり、お客さんとこんなに距離が近いなんて!と驚きました。そして

                            スキ
                            77
                            • 料理と毎日 5月22日〜28日

                              5月22日(日)晴れ娘が遊びに行ってしまったので、お友達家族を誘って二子玉川で待ち合わせ。 鳥羽シェフがメニューの慣習をされている88ASIAでランチ。ストリートっぽいキッチュな外観だけど、中はゆったりボックス席もある。 子供も一緒にゆっくり食事ができる配慮が随所に感じられとても居心地が良かった。 その後、PLAY! PARK ERIC CARLEに。もう間も無く、きっと興味を持たなくなるだろうから、はらぺこあおむしや絵本の世界が好きなうちに。 とっても楽しんでいて良かった

                              スキ
                              68
                              • これなら作れる、すぐ食べられる!季節の調味料「らっきょうの醤油だれ」

                                もうスーパーに行くと、小梅、青梅、らっきょうが並び始め、もう気が気でありません。 いつ取り掛かろうかしら、そう思いとずっとそわそわしています。しかしながら、らっきょうはまだまだ在庫あり。 だから作るのは「らっきょうの醤油だれ」! 甘酢漬けでもなくぱっとたべられる「らっきょう仕事」をご紹介します。 これは我が家の初夏にかかせない調味料です。 らっきょうを刻んでお醤油に漬けるだけ。それがまあおいしいんです。 ほかほかごはんにのせたり、お刺身にかけたり、焼肉にかけたり。万能すぎて

                                スキ
                                202
                                • 料理と毎日 5月15日〜21日

                                  5月15日(日)くもり後 雨 東京ミッドタウンのサントリーミュージアムへ北斎展を見に行く。 後ろ手に鬼が猫背でモジモジしている。 見れば見るほどおもしろい。 北斎展はさすがに混んでいた。サントリーミュージアム、子供が見にくいのだけがつらい。 今日はお子様も多かったので、抱っこでないと見えないので大変だったと思う。 公園では子供が楽しめそうなイベントが行われていたのだけど、整理券が必要だったようですでに本日分は終了。残念。 仕方がなく持参したコロコロコミックを読む息子。ピ

                                  スキ
                                  60
                                  • 料理と毎日 5月8日〜14日

                                    5月8日(日)曇り庭にイチゴがなっている。 私は食べれた試しがない。いつも息子が摘んでしまうから。庭に侵入した小動物のようで、小さな背中を眺めてしまう。 子供達で明日葉を食べ尽くしたけど、今日もう生えてる…。 細いおうどんに添えて。 お野菜だけでも大満足です。 午後一番で撮影。せっかくの日曜日に仕事になってしまったので少し気晴らしを。 深大寺に行きたくなり、私の運転で向かう。 私が運転するときは助手席に必ず夫に乗ってもらう。これでは面鏡を手折った意味がないのだけど…。 い

                                    スキ
                                    79