💬 Design Term:パフォーマンス・レビュー。
英語で目標設定と自己評価を書いてみた!

💬 Design Term:パフォーマンス・レビュー。 英語で目標設定と自己評価を書いてみた!

前回の記事でパフォーマンス・レビューについてご紹介させていただきました。 https://note.com/papertrumpets/n/nbb79893e1af6 パフォーマンス・レビューは日本語では業績評価と訳されています。これは上司が従業員の仕事ぶりを評価する査定のことで、外資系企業などで一般的に行われるアセスメント手法です。 私の働いている会社もクリエーティブ・チームが成長するにつれて、効果的なスキルと考え方を構築する必要性も高まりました。プロダクトデザイナー

2
【ユーザー& freee 対談】リアルに『freeeスマート受発注』を使い倒すユーザーの生の声を聞かせてもらった話

【ユーザー& freee 対談】リアルに『freeeスマート受発注』を使い倒すユーザーの生の声を聞かせてもらった話

freeeのサービスを利用している人も、利用していない人も、 「受発注や請求書の回収の作業、めんどくさい!どうにか効率化できないのかな~」って思ったことはありますか? というか、思ったことがない人って、きっといないはず。受発注や請求関連のタスクって、大事なんだけどあまり時間はかけたくないものです。ビジネス慣習上、完全に無くすのはムリとしても、なるべく時間をかけたくないのが人情。 そんな人にはきっと嬉しいはずなの、受発注業務を効率化できる「freeeスマート受発注(202

12
PMとUXデザイナーのグラデーション

PMとUXデザイナーのグラデーション

プロダクトマネージャーとUXデザイナーの仕事は線引をすることが難しく、正解はないと思っています。プロダクトマネージャーがワイヤーを引くところまで担当する現場もあれば、アウトカムからアウトプットまで一貫してUXデザイナーが担当する現場もあり、様々なグラデーションが存在しています。そのグラデーションの具体⇔抽象のサンプルを作成しましたので、協業時のたたき台にご利用いただけますと幸いです。 例とするグラデーション フードデリバリープロダクトを例にして、「売上を上げる」という最終

119
🗂️ Design Materials:プロダクト成功の鍵を握るのはコラボレーション。それにはプロセスや構造があった。

🗂️ Design Materials:プロダクト成功の鍵を握るのはコラボレーション。それにはプロセスや構造があった。

私はメルボルンを拠点にプロダクトデザイナーとして働いています。 主にデジタル・プロダクトの制作に携わっています。私の働いている企業はデジタル・プロダクトをメインに制作しています。 私たちはここ数年、スタートアップからスケールアップ企業に至るまで、さまざまなクライアントと数多くのプロジェクトに協力してきました。これらすべてのパートナーシップから導き出せる累積的な結論は、クライアントは常にプロダクト・デザイナーとコラボレーション・プロセスにおいてクリエイティブ・パートナーとして

3
🗂️ Design Materials:今こそ、目標達成しよう。ロードマップとは、その制作方法、テンプレ。

🗂️ Design Materials:今こそ、目標達成しよう。ロードマップとは、その制作方法、テンプレ。

目標達成にはロードマップが重要?プロジェクトの成功や、個人で目標を立て実行する場合、課せられた目的を達成していくために、ロードマップを作成して取り組んでいくことがおすすめです。 プロジェクトの立ち上げるときは、しっかりとした土台を作ることが大切です。プロジェクトの種類に関わらず、プロジェクトの俯瞰的な全体像をクライアント、またメンバー全員で認識を合わせることはプロジェクトの成功に大きく関わってきます。ロードマップはプロジェクトのスケジュールを可視化し、事業目標に沿ったものに

5
【期間限定】制作実績だけで簡単にプレエントリーできる「PRE ENTRY CAMPAIGN」を実施します

【期間限定】制作実績だけで簡単にプレエントリーできる「PRE ENTRY CAMPAIGN」を実施します

「PRE ENTRY CAMPAIGN」は、 ・氏名 ・メールアドレス ・ポートフォリオなどの制作実績 の3点だけをご記入いただくだけで求人応募ができるという期間限定のキャンペーンです。 まずは、制作実績による選考後に面談を実施いたします。それ以降は本エントリーと同様のフローとなりますが、最終面談からご参加いただけることになります。 これまで書類の準備や入力項目の多さによって、応募が億劫だった方もいらっしゃったかもしれません。この機会にぜひ、お気軽にご応募ください。 期間7

25
Lovegraph×minimoデザイナー勉強会を実施しました!

Lovegraph×minimoデザイナー勉強会を実施しました!

こんにちは、minimo事業部でアプリのUXデザイン/UIデザインリードを担当しているえとです! 今日は2021年7月8日に開催した「Lovegraph×minimoデザイナー勉強会」の内容をご紹介します。 実はLovegraphさんとminimoは、現在同じビルでお仕事をしています。 ですが最近ではなかなか対面でのコミュニケーションを取る機会もなく... 何かお互い勉強になる形での交流の機会を作りたい!ということで、今回勉強会を企画させていただくことになりました。

36
フリマサイト構築パッケージで振込申請済み、月別、日別、期間指定で売上レポート検索表示(管理画面)を実装いたしました。

フリマサイト構築パッケージで振込申請済み、月別、日別、期間指定で売上レポート検索表示(管理画面)を実装いたしました。

下記の内容が管理画面より表示されます。 ・注文金額、トランザクション数、手数料(販売手数料、購入手数料) ・振込申請済み、未申請金額 ・月別、日別、期間指定でレポートを表示 また、レポートの詳細検索機能なども実装されています。 こちらの売上レポート表示機能をベースにさらにカスタマイズすることも可能です。この機能は、通常マレントやフリモ以外のパッケージでも実装可能です。 導入ご相談につきましては下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。 お問い合わせフォーム

4
【やってよかった】 初めてのUIトレース

【やってよかった】 初めてのUIトレース

先日、UXデザイナーになることにしたえりおるです。修行の日々を過ごしています。 決意表明の記事はこちら。たくさんのスキありがとうございます!!🙏🙏🙏 デザインの勉強を本格的に初めて2週間が経ちました(2021/7/1〜開始)。日々「これで良いのだろうか??」と模索しながら、進めています。先週は、初めて『UIトレース』というものをやってみました。書きたいことが多くて、1記事だと収まり切らなさそうなので、今回は簡単に「やってみてどうだったか?」の感想を書きたいと思います。

11
💬 Design Term:デザイン・ブリーフを英語で書いてみた。

💬 Design Term:デザイン・ブリーフを英語で書いてみた。

前回の記事でデザイン・ブリーフについて、その重要さ、また作成方法、テンプレートをご紹介しました。 成功するプロジェクトは優れたデザイン・ブリーフの存在が不可欠ともいえます。これはクライアント、チーム全体をプロジェクトを成功に導く為に最も重要なドキュメント、またツールでもあります。 クライアントの期待値設定、目的の明確化、ターゲット、アウトカム、ユーザーに届けたい価値、差別化できる因等、最終的なゴールなど一見デザインには関係ないと思われるような、しかし欠かせない情報を端的に

15