TENET

エントロピーの減少とは、映画「TENETテネット」

エントロピーの減少とは、映画「TENETテネット」

公開当初、劇場で観たけれどもう一度絶対観たいと思っていた映画「TENET テネット」。アマプラで、100円レンタルに期間限定で上がっていたので復習鑑賞(現在は対象外) 正直、一度観ただけで理解したとは到底思えず、その上物理の知識など貧弱極まりないので、何度観ても上澄みの上澄み程度の理解具合かとは思うのだけれど、二回目の方がストーリーの記憶があったのでまだ観やすかった。 男は、とあるテロ事件に特殊部隊として突入するが、捉えられてしまい拷問の末毒薬を飲んで自死を図る。ところが

6
映画『TENET テネット』を観た。

映画『TENET テネット』を観た。

2020年に公開された映画『TENET テネット』を観た。 クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作の作品である。 僕は同じくノーラン監督が手がけた2010年の「インセプション」が大好き。 あの作品は夢の中に入り込み、「どこからが現実で、どこからが夢の中なのか?」という疑問に夢中になったものだ。

5
TENET テネット【★★★☆☆】

TENET テネット【★★★☆☆】

世の中がコロナに侵され、新作映画の公開が激減する中で大きな話題を作ったクリストファー・ノーラン監督のSF超大作TENET テネット、ついに観ましたよ! 1度観ただけでは意味が分からず、何度も映画館に足を運ぶ人が続出なんて触れ込みもありましたが、この年間50本もの洋画を観ている僕にかかれば1発で全て理解出来るぞと鼻息フガフガ鳴らしながら鑑賞しました。 結果は言うまでも無いですね。 何故なら、年間50本など勝ち誇って言うようなことでは無いからです。 はい、分からないこといー

4
#60 TENET

#60 TENET

モーレツカンパニーnote 土曜日担当の糸柳澄人(いとやなぎ きよと)です。 映画はCさん担当なので申し訳ないのですが…。 最近、ずっと観たかった映画がNetflixで配信され テンションが上がっているので書きます。笑 クリストファー・ノーラン監督 「TENET」 話題になったので、皆さんご存知だと思いますが もし知らない方はあらすじを説明するより この映画は予告を観た方が、どんな内容か分かると思います。 TENET 本予告 クリストファー・ノーランの映画

1
最近見た作品の感想(2021)その5 タイムトラベルや異世界系編

最近見た作品の感想(2021)その5 タイムトラベルや異世界系編

前回の映画やドラマ感想記事 1月〜5月まで見た作品の感想(2021)その4 サクッと紹介編 ↓  私が1番好きな作品分野、タイムトラベル系。今回は最近見たタイムトラベル系と異世界系の映画、ドラマの感想を書きます。 ※★星は最高が5です。 ・テネット ☆☆☆★ 3.5  テネットと、本当に一回見ただけでは訳が全くわからないし、初見の最初の1時間は忍耐強く耐える時間だと思う。正直なとこわけがわからない。  しかし、1時間半過ぎた辺りから、ウムムこれ面白いのでは?!と前

11
何回も見たくなる映画、TENET

何回も見たくなる映画、TENET

生活が落ち着いてきたので、趣味である映画鑑賞を楽しむ休日を過ごしています。 個人的に先が読めない映画は楽しいですし、面白いと感じたら何度でも見てしまいます。 2020年に公開された TENET を鑑賞しました。 タイムトラベルに関連しているとだけ知った状態で鑑賞しましたが、何度も鑑賞したくなる映画です。 タイムトラベルと言えば、バックトゥーザフューチャーみたいに、未来や過去に主人公が移動する話を想像していました。 しかし、今回は大きく違いました。 主人公は普通に行動して

17
映画素人の初心者批評 #ライトハウス編

映画素人の初心者批評 #ライトハウス編

映画素人が、素人なりに批評する個人的な感想日記。 日付が変わりましたが、本日「ライトハウス」という映画を観てきました。 自分は今まで映画館で映画を観る習慣が無かったのですが、ここ数年はわざわざ足を運び観ることが増えました。 見始めてから面白いなぁと思った映画は「TENET」です。これがクリストファーノーラン監督の映画との初めましての初対面。まあ面白い面白い。逆行の世界がどうのとか、言葉で説明するのは難しい映画なのでこれは勝手に見てください。1回目はポカーンと何が何やらで

3
ロバート・パティンソンと多角的な現実の断面としての映画

ロバート・パティンソンと多角的な現実の断面としての映画

 中学生ぐらいのときトワイライトという初めから終わりまでとにかくR18系二次創作みたいなノリの恋愛小説がめちゃくちゃ流行っていて、挿絵が可愛かったので私も手に取った。吸血鬼に関する伝承とかの枝葉末節の部分は結構悪くなかった記憶があるけど、まあエロ本以上の価値はあんまりないと思う。この手のものによくある通り、主人公は恋愛以外の人間関係を築くのが絶望的に下手で、それは多分彼女の今後にあまり良くない影響を及ぼすので思春期のうちにどうにかしておくべき性質であるが、特にそういうクリティ

5
通勤電車でドーピング

通勤電車でドーピング

2
7/4

7/4

のんびり起きてパン食して投票行って近所ぶらぶらして映画2本観て、夜はひやむぎとトウロモコシ食べてなんてのんびりした休日か。 「TENET」観たんだけど、やあもうわけわかんなくて好き。伏線だらけの時間軸行ったり来たり、頭が忙しくていいですね。メビウスの輪のなかで足掻く感じって10代の頃から惹かれるものなのかもしれない。 あまり最近ゆっくり本読めてないけど、SF読みたい欲が強まった。 あと浅野いにお氏「デデデデ」をゆっくり読みなおしたくなった。でもそうしたらプンプンも読みなお

1