nanoha👐言čĒžåŒ–フãƒĒãƒŧク

毎æ—Ĩ毎分毎į§’ã€ãã‚‹ãã‚‹č€ƒãˆã”ã¨ãŒč„ŗãŋそをめぐるニãƒŗã‚˛ãƒŗīŋ¤ãã‚“ãĒã€Œæ€č€ƒã€ã¨ã„ã†ãŧんやâ€Ļ もãŖとãŋる

nanoha👐言čĒžåŒ–フãƒĒãƒŧク

毎æ—Ĩ毎分毎į§’ã€ãã‚‹ãã‚‹č€ƒãˆã”ã¨ãŒč„ŗãŋそをめぐるニãƒŗã‚˛ãƒŗīŋ¤ãã‚“ãĒã€Œæ€č€ƒã€ã¨ã„ã†ãŧんやりしたもぎをおうãĢか「ことば」でãĩãĄãŠãŖãĻãŠåąŠã‘īŋ¤äŊ•ã‹ãŽã˛ã‚‰ã‚ãđŸ’ĄãĢåŊšįĢ‹ãĄãžã™ã‚ˆã†ãĢīŋ¤âœãƒŠã‚¤ã‚ŋãƒŧæĄˆäģļはゆるやかãĢ受äģ˜ä¸­ã§ã™

マã‚Ŧジãƒŗ

  • 推し、それはåŊŠã‚Š

    推しぎことãĢãĒるとIQ2かつčĒžåŊ™åŠ›1ãĢãĒりぞす。推すときはį‹‚ãŖãĻã‚‹ãã‚‰ã„ãŒãĄã‚‡ã†ãŠã„ã„ã€‚

  • 脱ãƒģ逆åŧĩりチãƒŖãƒŦãƒŗジぎčģŒčˇĄ

  • テãƒŧマぎあるエッã‚ģイ

    書くチãƒŖãƒŦãƒŗジãĒお、æąēぞãŖãŸãŠéĄŒãĢæ˛ŋãŖãĻ書いãĻãŋたエッã‚ģã‚¤ãŸãĄã§ã™ã€‚åŒã˜ãƒ†ãƒŧマでäģ–ぎ斚が書かれたエッã‚ģイとčĒ­ãŋ比ずãĻもæĨŊしいかも。

  • į§ãŽã†ã¤ãƒŒã‚ąč¨˜éŒ˛

    抑うつįŠļ態とč¨ē断を受け、äŧ‘čˇã—ãĻからぎįĩŒéŽã‚’ぞとめãĻいぞす。åŋƒã¯ãƒŠãƒžãƒĸノでæēらいでį§ģろいで、いろいろ変わãŖãĻいくãŋたい。

最čŋ‘ãŽč¨˜äē‹

  • å›ēåŽšã•ã‚ŒãŸč¨˜äē‹

č‡Ēåˇąį´šäģ‹ã¨ãƒžã‚Ŧジãƒŗ一čĻ§īŧˆæœ€įĩ‚æ›´æ–°2023/4/20īŧ‰

おうも、nanohaとį”ŗしぞす。 はじめぞしãĻぎ斚、čĻ—いãĻくださãŖãĻありがとうございぞす。äģŠåžŒã€ãœã˛é•ˇã„おäģ˜ãåˆã„ãĢãĒればåŦ‰ã—いです。 いつもčĒ­ã‚“でくださãŖãĻる斚、 やãŖãģãƒŧãƒŧãƒŧãƒŧ👋👋👋īŧīŧīŧ ãģんとはいつも↑こんãĒ感じãĒんですけお、č‡Ēåˇąį´šäģ‹ãã‚‰ã„少しčĨŸã‚’æ­ŖしãĻ書いãĻãŋぞす。 新しくį§ã‚’čĻ‹ã¤ã‘ãĻくださãŖた斚、そしãĻ䚅々ãĢæˆģãŖãĻきãĻくれた斚、とãĢかく「こいつčĒ°ã īŧŸã€įŠļ態ぎかた向けぎč‡Ēåˇąį´šäģ‹ã§ã™ã€‚ こぎč‡Ēåˇąį´šäģ‹ã€å‰å›žãŽæ›´æ–°ã¯2022åš´10月でした。 半嚴ãģおįĩŒãŖãĻ、

    • 推しæ´ģ月間、äēŒæ—Ĩ酔いで開嚕

      おうも、äŊ•ã§ã‚‚かんでも旊いこぎ時äģŖãĢ、2.5時間かけãĻåēƒåŗļから大é˜ĒãĢ向かãŖãĻいるäēēです。 ぎぞãŋãĒら1時間半でつく道ãĒぎãĢ。 というぎも、四捨äē”å…Ĩしたらもう10æœˆã€‚åž…ãĄãĢåž…ãŖた推しæ´ģ月間ãĒわけです。 11月半ばぞで、2é€ąé–“ãŠããĢナイブかįĩåŠšåŧã§įœŒå¤–ãĢå‡ēるぎで、少しでもį¯€į´„するためãĢ各停新嚚įˇšã‚’刊į”¨ã—ãĻるわけです。 ã§ã‚‚ã‚ˆãč€ƒãˆãŸã‚‰ã€äģŠæœé›ģčģŠé€ƒã—ãĻ乗ãŖたã‚ŋã‚¯ã‚ˇãƒŧäģŖã§åˇŽéĄåˆ†ãƒãƒŖナãĢãĒãŖた。 そう。 äēŒæ—Ĩ酔いでドッã‚ŋバã‚ŋぎ朝だãŖたぎよ。 おéĸ¨å‘‚はおろか化į˛§ã‚‚čŊとさず、

      • ãƒœã‚ąãŸã°ã‚ãĄã‚ƒã‚“į›¸æ‰‹ãĢã‚Ŧãƒã§č¨€ã„åˆã†å­Ģ

        ã†ãĄãŽįĨ–母は、äēŒäēēã¨ã‚‚ãƒœã‚ąãĻる。 一äēēは90čļ…えãĻもãĒおį•‘äģ•äē‹ãĢå‡ēれるようãĒ、恐ろしく堅åŧˇãĒãŠã°ã‚ãĄã‚ƒã‚“ã€‚ æœŦäēēã‚‚å‘¨ã‚Šã‚‚ãƒœã‚ąãĻããŸã¨č¨€ã†ã‘ã‚ŒãŠã€į”°čˆŽã§åēƒã„åŽļを厈り、åŽļäē‹į‚Šäē‹ã‚‚一äēēでこãĒすんだから十分だと思う。 į§ãŒč¨€ã„åˆã†ãŽã¯ã€ã“ãĄã‚‰ãŽãŠã°ã‚ã§ã¯ãĒい。 もう一äēēぎ、åŖã ã‘é”č€…ãĒ暴れéĻŦおばあ。 ã“ãĄã‚‰ãŽįĨ–母は80すぎãĻ、最čŋ‘č…°ã‚’į—›ã‚ãĻã—ãžã„ã€ã˛ã¨ã‚Šã§ã¯æ€ã†ã‚ˆã†ãĢå‡ē歊けãĒいようで、いざå‡ēかけãĻも「ここはおこį§ã¯čĒ°ã€įŠļ態ãĢãĒã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã‚ã‚‹ã‚‰ã—ãã€ãĄã‚‡ãŖと不厉がある。 ãĒぎ

        • 午前2時ぎį€äŋĄãģおåŋƒæ‹æ•°ã‚’上げるもぎはãĒい

          そんãĒ時間ãĢã‚ĸパãƒŧトぎäŊæ°‘ぎį”Ÿæ´ģéŸŗや、外ぎčģŠãŽéŸŗがするわけもãĒãã€éƒ¨åą‹ã¯ã¨ãĻも静か。 そんãĒãĒかįĒåĻ‚としãĻ、ブブッブブッと゚マホが暴れだすわけ。しかもヘãƒĢ゚バãƒŗドもé€Ŗ動させãĻるからダブãƒĢãĒわけ。 æ—Ĩ中ãĒら気ãĨかãĒいことすらあるバイブéŸŗが、やけãĢéƒ¨åą‹ä¸­ãĢéŸŋくわけ。 それだけでもうホナãƒŧすぎんâ€ĻīŧŸ 動くはずãĒいäēēåŊĸが、įĒį„ļéŸŗをįĢ‹ãĻãĻå‹•ãã¯ã˜ã‚ã‚‹ãŽã¨åŒã˜ãã‚‰ã„čƒŒį­‹ãŒå‡ã‚‹ã€‚ 時間帯がã‚ēãƒŦãĻるだけでこんãĒ怖いãĒんãĻã€ä¸æ€č­°ã ã‚ˆã­ã€‚ į™žæ­Šč­˛ãŖãĻ、酔ãŖ払ãŖãŸå‹ã ãĄãŽæ°—ãžãã‚Œé›ģ芹

        • å›ēåŽšã•ã‚ŒãŸč¨˜äē‹

        č‡Ēåˇąį´šäģ‹ã¨ãƒžã‚Ŧジãƒŗ一čĻ§īŧˆæœ€įĩ‚æ›´æ–°2023/4/20īŧ‰

        マã‚Ŧジãƒŗ

        マã‚ŦジãƒŗをすずãĻčĻ‹ã‚‹ すずãĻčĻ‹ã‚‹
        • 推し、それはåŊŠã‚Š
          nanoha👐言čĒžåŒ–フãƒĒãƒŧク
        • 脱ãƒģ逆åŧĩりチãƒŖãƒŦãƒŗジぎčģŒčˇĄ
          nanoha👐言čĒžåŒ–フãƒĒãƒŧク
        • テãƒŧマぎあるエッã‚ģイ
          nanoha👐言čĒžåŒ–フãƒĒãƒŧク
        • į§ãŽã†ã¤ãƒŒã‚ąč¨˜éŒ˛
          nanoha👐言čĒžåŒ–フãƒĒãƒŧク

        記äē‹

        記äē‹ã‚’すずãĻčĻ‹ã‚‹ すずãĻčĻ‹ã‚‹

          VIVANTã§ã€Œã‚¤ã‚ąã‚Ēジ推し」を再čĒč­˜ã—た

          čĻŗぞしたīŧŸ 昨æ—ĨぎVIVANT最įĩ‚回。 いや、分かる、よかãŖた、めãŖãĄã‚ƒã‚ˆã‹ãŖた。ãģんで、 äŧįˇšã€å…¨éƒ¨å›žåŽã›ã‚“ぎかいīŧīŧīŧã§ã—ょīŧŸ åˆ†ã‹ã‚‹ã€åˆ†ã‹ã‚Šãžã™ããŽæ°—æŒãĄã€‚ãžã‚įļšįˇ¨ãŽå™‚ã‚‚å‡ēãĻるしį™žæ­Šč­˛ãŖãĻæēœéŖ˛ã¯ä¸‹ãŒã‚Šãžã™ãŒã€ãã‚Œã§ã‚‚â€Ļâ€Ļそれでもâ€Ļīŧã­ã‡īŧŸīŧ だãŖãĻ、į§ãŒæŽ¨ã—ãĻた新åē„はīŧŸīŧŸīŧŸ ãąãŸã‚Šã¨å‡ēãĻこãĒくãĒãŖたから、おかしいãĒとは思ãŖãĻたけお。īŧˆæœ€įĩ‚回をįĩŒãĻ、推しはチãƒŗã‚Žã‚šãĢãĒりぞしたīŧ‰ 最垌ぎあれもおうせ、ぞたæ€Ĩ所を外しãĻるんでしょīŧŸīŧŸīŧŸ あとäŊ•å›žčŖčĄ¨ãŒã‚ŗロã‚ŗロす

          VIVANTã§ã€Œã‚¤ã‚ąã‚Ēジ推し」を再čĒč­˜ã—た

          #VIVANTč€ƒå¯Ÿã—ãĒいnoteです

          į§ã€č¸ãŋå…Ĩã‚ŒãĄãžã„ãžã—ãŸã€‚ VIVANTæ˛ŧãĢ。 最įĩ‚回、三æ—Ĩ前ãĢしãĻ。 いぞさらすぎる。 おぎくらいかというと、朝4時ぞでかけãĻ、1īŊž9čŠąã‚¤ãƒƒã‚­čĻ‹ã—ãĻしぞうくらい。 テãƒŦビぎãĒいį”Ÿæ´ģãŒé•ˇãã€æœ€čŋ‘めãŖきりドナマというもぎをčĻ‹ãĒくãĒãŖãĻいたį§ãŒã€‚ ãĒぜいぞさらこんãĒことãĢãĒãŖたかというと、TBSナジã‚Ē『厉äŊį´ŗ一郎ぎæ—Ĩ曜夊å›Ŋ』ãĢå ē雅äēēã•ã‚“ãŒã‚˛ã‚šãƒˆå‡ēæŧ”しãĻいたから。 おč€ŗがįŠēいãĻるäēēは、39:30ã‚ãŸã‚Šã‹ã‚‰č´ã„ãĻãŋãĻ。 VIVANTãŽčŠąãŒä¸­åŋƒã ã‘ãŠã€ã‚‚ãĄã‚ã‚“ãƒã‚ŋバãƒŦで

          #VIVANTč€ƒå¯Ÿã—ãĒいnoteです

          29æ­ŗãŽæŠąč˛ ã¯ã€ã‚‚ã†å°‘ã€…įˇ´ã‚Šãžã™

          小さãĒį§äē‹ã§ã™ãŒã€æœŦæ—ĨčĒ•į”Ÿæ—ĨでございぞしãĻ。 č¯ãŽ29æ­ŗãĢãĒりぞした。 č¯ãŽãƒŠã‚šãƒˆ20äģŖです。 えīŧŸīŧŸīŧŸ č¯ãŽã€ã§ã™ã‚ˆã€č¯ãŽã€‚ ãˆãˆã€č¯ãŽã€ã§ã™ã€‚äŊ•æ­ŗãĢãĒã‚ã†ãŒã€č¯ã§ã‚ã‚‹ã“ã¨ã¯čžžã‚ãžã›ã‚“ã€‚ â€Ļâ€Ļナ゚ト20äģŖ初æ—Ĩからしつこくãĩざけるぎはよくありぞせんね。 とりあえず、æ€ĨãĢįœŸéĸį›ŽãĒčŠąã—ãžã™ã­ã€‚ あぎさ、ここ数嚴ぎčĒ•į”Ÿæ—Ĩでį‰šãĢæ€ã†ã‚“ã ã‘ãŠã€ã˛ã¨ã¤æ­ŗをとãŖたからãŖãĻ、ぞãŖãŖãŖじでį‰šãĢäŊ•ã‚‚変わらんよãĒ、åŋƒæŒãĄã‚‚čĻ‹ãŸį›Žã‚‚į’°åĸƒã‚‚。 ã ã‹ã‚‰ã•ã€æŠąč˛ ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻもポã‚ĢãƒŗãŖãĻ感じ

          29æ­ŗãŽæŠąč˛ ã¯ã€ã‚‚ã†å°‘ã€…įˇ´ã‚Šãžã™

          書くネã‚ŋがãĒいãĒんãĻ、ã‚Ļã‚Ŋ。

          į§ãŽnoteぎäŊŋい斚といえば。 これといãŖãĻä¸ģčģ¸ãĢしãĻいるテãƒŧマもãĒく、更新é ģåēĻã‚‚ãžãĄãžãĄã€‚æ€ã„ã¤ã„ãŸã“ã¨ã‚’ã€æ€ã„ã¤ã„ãŸã¨ããĢ、åĨŊきãĒようãĢ書きé€Ŗねる。 そんãĒ感じ。 č‡Ē分でも「ãĒんとぞあ雑多ãĒâ€Ļ」と思うんだけお、įŸĨり合いからは「いつもéĸį™ŊいよīŊžã€ã¨ã‹ã€Œã™ã‚‹ã™ã‚‹å…ĨãŖãĻくるからčĒ­ã‚“じゃうīŊžã€ã¨ã‹æ„å¤–ãĢもåĨŊčŠ•ã€‚ãã†ã„ã‚ã‚Œã‚‹ãŸãŗãĢčĒŋ子ãĢ乗ãŖãĻいぞす。 で、ãĒかでもダãƒŗトツãĢ多いåŖ°ãŒã€Œã‚ˆããã‚“ãĒãĢ書けるね」です。 これãĢは2つぎニãƒĨã‚ĸãƒŗ゚があãŖãĻã€ã˛ã¨ã¤ã¯ã€Œã‚ˆãã‚‚ãžã‚ãã‚“ãĒ

          書くネã‚ŋがãĒいãĒんãĻ、ã‚Ļã‚Ŋ。

          おうしたãŖãĻåƒģんじぞう、äēē間だもぎ

          äŊ•ã‹æŒ‘æˆĻãŖãŊいことをしようとしたとき、新しい世į•ŒãĢčļŗã‚’č¸ãŋå…Ĩれようとしたとき。 とãĢかく、それぞでぎč‡Ē分とは違うこと、įŽ‹é“からは少し外れた道をゆこうとするとき。 よく、周りぎäēēは「できるわけがãĒい」とか「やめãĻおきãĒã•ã„ã€ã¨č¨€ãŖãĻきぞす。 į§ã‚‚そんãĒåŖ°ãĢ、たくさんå‡ēäŧšã„ぞした。 å°ąčˇæ´ģ動でåŋ—æœ›å…ˆã‚’ã„ã‚ã„ã‚č€ƒãˆãĻたときも、新卒ぎäŧšį¤žã‚’čžžã‚ãĻäģ–ぎ道を選ãŧうとしたときも。 おもしろいくらい、常ãĢつきぞとãŖãĻきた。 ただ同時ãĢ、そういうåŖ°ã¯æ°—ãĢするãĒã¨ã‚‚ã‚ˆãč¨€ã„ãžã™ã€‚

          おうしたãŖãĻåƒģんじぞう、äēē間だもぎ

          I just need some "į‹‚う時間"丨尊いčĢ–č€ƒ#01

          äģŠæ—Ĩã¯ã€æ›¸ãæ›¸ãčŠæŦēをしãĻã„ãŸã˛ã¨ã¤ã‚ãŽ"尊い"čĢ–č€ƒã‚’ã‚„ãŖとしãĻãŋるんですけお。 ãŋãĒさん、æ—Ĩã€…ãĄã‚ƒã‚“ã¨į‹‚ãŖãĻるīŧŸīŧŸīŧŸīŧŸ â€Ļį§ã¯č‡ŗãŖãĻぞじめãĢčžã„ãĻいぞす。 ぞじめãĢį­”えãĻください。 最垌ãĢ、これでもかとį‹‚ãŖたぎはいつīŧŸīŧŸ 最čŋ‘、äŊ•ãĢį†ąį‹‚したīŧŸīŧŸ 意外とさ、į‹‚う時間ãŖãĻ少ãĒくãĒいīŧŸīŧŸ でもさ、į‹‚う時間ãŖãĻæĨŊしくãĒいīŧŸīŧŸ だからį§ã¯æŽ¨ã—æ´ģãĢæ˛ŧãŖたんだと思う。 į‹‚う時間がčļŗりãĻãĒかãŖたんだと思う。 だãŖãĻã•ã€ã“ãĄã¨ã‚‰č€ƒãˆã™ãŽæ„Ÿã˜ã™ãŽäēē間ãĒわけですよ。 常々隅々ぞで

          I just need some "į‹‚う時間"丨尊いčĢ–č€ƒ#01

          noteは雑čĢ‡é…äŋĄã¨ãĒんら変わりãĒいよね

          「そうそう、į§ã¯ã„つもここで『雑čĢ‡é…äŋĄã€ã—ãĻるぎよね」 と、さおりさんぎnoteをčĒ­ã‚“で、åŋƒåē•ã€č…‘ãĢčŊãĄãžã—ãŸã€‚ č‡Ē分ぎ書きたいことをただそぎぞぞ書き掴ãŖãĻもčĒ­ãžã‚ŒãĒい。 書きたいことからはじめるとしãĻも、最įĩ‚į€åœ°ã¯čĒ­č€…ãĢとãŖãĻäŊ•ã‹ã—ら"åŊšįĢ‹ã¤"記äē‹ã§ãĒければãĒらãĒい。 文įĢ ã‚’æ›¸ãã†ãˆã§ã‚ˆãč¨€ã‚ã‚Œã‚‹å•“į¤ēですけおも。 åŋƒã‹ã‚‰ãã†ã¯ãĒれãĒいんだよãĒ。 だãŖãĻ、äēē間とはæŦ˛ãĢåŧąã„į”Ÿãį‰Šã€‚ 書きたいīŧč¨€ã„たいīŧã§įĒãŖčĩ°ãŖãĄã‚ƒã†ã‚‚ãŽã€‚ そしãĻそれは、いわば雑čĢ‡é…äŋĄã¨åŒã˜ã 

          noteは雑čĢ‡é…äŋĄã¨ãĒんら変わりãĒいよね

          䚅々ぎį‹‚ãŖた推しnoteでも、čĒ­ã‚“でくれぞすかīŧŸ

          į§ã¯ã€ãŋãĒさんãĢä¸€ã¤ãŠéĄ˜ã„ãŒã‚ã‚‹ã€‚ 一æ—Ļéģ™ãŖãĻčĻŗãĻæŦ˛ã—い、こぎMVを。 ええ、そうです。äģŠæ—Ĩは推しãĢį‹‚ãŖたäēēぎnoteãĢãĒりそうです。↓こぎときãŋたいãĒテãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŗぎ。 ãĄãĒãŋãĢ、昨æ—ĨはこんãĒnoteを書きぞした。 čĻį´„すると、ãĒぜ推しãĢæ˛ŧるぎか、尊いとはäŊ•ãŒãŠã†ãĒãŖたįŠļ態ぎか、「推しæ´ģãĢį‹‚ã†čƒŒæ™¯ã‚’č¨€čĒžåŒ–しãĻãŋã‚ˆã†ã¨ã„ã†ã‚ˇãƒĒãƒŧã‚ē」です。 äģŠæ—Ĩは、そぎæœŦįˇ¨ãĢå…Ĩろうと思ãŖãĻ#01ぎ下書きぞでæē–備しãĻたぎですが、それおころじゃãĒくãĒりぞした。 昨晊å…Ŧ開された、推しぎ新MV

          䚅々ぎį‹‚ãŖた推しnoteでも、čĒ­ã‚“でくれぞすかīŧŸ

          "尊い"čĢ–č€ƒã€ã¯ã˜ã‚ãžã™

          įĒį„ļですが、į§ãĢは推しがいぞす。 įžæ™‚į‚šãŽäēŒåŧˇã¯ã€ã‚ˇãƒŗã‚Ŧãƒŧã‚Ŋãƒŗグナイã‚ŋãƒŧãŽč—¤äē•éĸ¨ã€ãã—ãĻ、ダãƒŗ゚パフりãƒŧマãƒŗã‚šã‚°ãƒĢãƒŧプぎs**t kingzīŧˆã‚ˇãƒƒãƒˆã‚­ãƒŗã‚°ã‚šīŧ‰ã€‚ それぞれぎ魅力がおうãŖãĻčŠąã¯ã€äģŠãžã§ã‚‚したし、おうせこれからもするぎで、一æ—ĻįŊŽã„ãĻおいãĻ。 ãĄã‚‡ãŖと「推しæ´ģ」そぎもぎãĢついãĻč€ƒãˆãĻãŋようと思いįĢ‹ãĄãžã—た。 きãŖã‹ã‘ã¯ã€å‹ã ãĄã‹ã‚‰ãƒãƒŠãƒ›ãƒŠčžã‹ã‚Œã‚‹ã“ãŽčŗĒ問。 「推しæ´ģぎäŊ•ãŒč‰¯ã„ぎīŧŸã€ 「äŊ•ã§ãã‚“ãĒ推そうãŖãĻãĒるぎīŧŸã€ ãŋんãĒ、äēēが変わãŖたようãĢ推しæ´ģãĢぎ

          "尊い"čĢ–č€ƒã€ã¯ã˜ã‚ãžã™

          äēē間、やればできるãƒĸãƒŗよ

          明æ—Ĩぎ降水įĸēįŽ‡ãŒ90īŧ…ということをすãŖかりåŋ˜ã‚Œã€ã‚ˆã‚ŠãĢよãŖãĻã‚ˇãƒŧツを夜洗æŋ¯ã—たį§ã€‚ 我がåŽļã¯ã˛ã¨ã‚ŠæšŽã‚‰ã—į”¨ãŽį¸Ļ型洗æŋ¯æŠŸã€‚ æĩ´åŽ¤äšžį‡Ĩ抟ãĒんãĻ文明ぎ刊器もãĒい。 ãĻことは、čĢĻめãĻずãļæŋĄã‚Œã§æ”žįŊŽã™ã‚‹ã‹ã€éƒ¨åą‹åš˛ã—するか。 ãã‚Šã‚ƒã€ã‚‚ãĄã‚ã‚“åžŒč€…ã‚’å–ã‚‹ã‚“ã ã‘ãŠã€‚ ワãƒŗãƒĢãƒŧムぎį‹­ã„éƒ¨åą‹ã§ã‚ˇãƒŧãƒ„ãŽéƒ¨åą‹åš˛ã—ãĒんãĻ、おãĒいすんねん。 æŽ›ã‘ã¨æ•ˇããŽ2枚やぞ。 しかも、よりãĢよãŖãĻ枕も洗ãŖた。 įĩļ望。 だけおさ、äēē間、čŋŊã„čŠ°ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã‚‰ãŠã†ãĢかできるãƒĸãƒŗã§ã™ã­ã€‚čƒŒæ°´ãŽé™ŖãŖãĻやつよ。

          äēē間、やればできるãƒĸãƒŗよ

          į‹ŦčēĢã‚ĸナã‚ĩãƒŧ、ぎんきãĢしãĻられãĒくãĒãŖたãŖãŊいäģļãĢついãĻ

          かぁ〜〜〜〜īŧã„つぎ間ãĢか8月ãĢãĒãŖãĻんじゃねぇか〜〜īŧ と、毎月恒䞋ぎヤツをやりãĒがら、äŊ•æ°—ãĒくã‚ĢãƒŦãƒŗダãƒŧã‚ĸプãƒĒを開いたįžŦ間、į§ãŽč„ŗéĢ„ãĢčĄæ’ƒãŒčĩ°ã‚Šãžã—た。 清々しいãģおãĢ、įœŸãŖį™Ŋ 8月ぎäēˆåŽšã€ãĒんもãĒいâ€Ļâ€Ļâ€Ļâ€Ļ うそだろīŧŸīŧŸīŧŸ 夏ãĒぎãĢīŧŸīŧŸīŧŸ æĨ嚴ぎ8月ãĒら分かる。į›Žã‚’こする。 いや、į´›ã‚Œã‚‚ãĒくäģŠåš´ã€‚įžåœ¨é€˛čĄŒä¸­ãŽäģŠæœˆãŽã‚ĢãƒŦãƒŗダãƒŧãĒわけです。 â€Ļã‚Ēãƒŧã‚ąãƒŧ、そんãĒ月もある。 でもこぎæēるぎãĒいäē‹åŽŸãŒã•ã€ãƒœãƒ‡ã‚ŖブロãƒŧぎようãĢéˆãé•ˇãåŠšã„ãĻくるぎよ。最čŋ‘ãŸãžãŸãžč€ƒ

          į‹ŦčēĢã‚ĸナã‚ĩãƒŧ、ぎんきãĢしãĻられãĒくãĒãŖたãŖãŊいäģļãĢついãĻ

          「やらãĒいことãƒĒ゚ト」が劚かãĒã„ãƒ¯ã‚ąã€č…‘ãĢčŊãĄãžã—ãŸ

          ã‚ˆãåˇˇã§č¨€ã†ã˜ã‚ƒãĒいですか。 新しいįŋ’æ…Ŗをつける前ãĢ、ぞずはäģŠã‚„ãŖãĻることをčĻ‹į›´ã—ぞしょうãŖãĻ。 č‡Ē分ぎ時間ぎäŊŋい斚をæŖšå¸ã—しぞしょうãŖãĻ。 やることãƒĒ゚トより先ãĢ「やらãĒいことãƒĒ゚ト」をつくりぞしょうãŖãĻ。 新しい「やるずきこと」でぎゅうぎゅうãĢãĒらãĒいようãĢ。 ね、分かるよね。 すãƒŧãƒŧãƒŧんごくわかる。 č‡ŗæĨĩぞãŖとうãĒãŠčŠąã‚’ã•ã‚ŒãĻいぞす。 äē›æœĢãĒことで時間をæēļã‹ã—ãŒãĄãĒį§ãĢはč€ŗがį—›ã„ãŠčŠąã§ã™ã€‚ ぐうぎéŸŗもå‡ēぞせん。 å‡ēぞせん、ãĒんだけおさ。 頭で分かãŖ

          「やらãĒいことãƒĒ゚ト」が劚かãĒã„ãƒ¯ã‚ąã€č…‘ãĢčŊãĄãžã—ãŸ