「i」私は私を抱きしめる。

西加奈子さんの「i」を読んだ。小説読みながら久しぶりに号泣した。
自分と重なるとこが多すぎて小説と自分の言葉が重なって、過去が走馬灯のように頭の中を巡っているから、ここに残しておきたいと思う。

高校生の時、死にたいと思った。
それまで、何度も死にたいと思ったことはある。人間関係が辛くて、自分が嫌いで。でも高校生の時の死にたいは、申し訳なくて、自分が幸せに生きていることが申し訳なくて死にたかった

もっとみる

i

西加奈子さんの本は初めて読みました。最初の文体のリズムが「合ってる」と思ってからは早かった。

主人公の「アイ」が自身の生い立ちや生きた環境や目まぐるしい世界情勢の中から自身のアイデンティティを探していく物語。想像の及ばないような境遇の登場人物に対し、それでも自身の些細な「日常」の「揺れ」を重ねてしまうのは、読み手を惹き込む描写や文章の隅々まで行き渡らせた作者の精魂を感じるからだと思う。

もっとみる

【乙】i(アイ)/西加奈子

アイは、紛争や政治問題の絶えない国、シリアで生まれた。
記憶もない赤ん坊のころに、アメリカ人の父と、日本人の母のもとに引き取られ、日本で恵まれた生活を送るアイは、幼いころから世界のあらゆるところに発生する災害や事件、不均衡に目を向け、そのたびに胸を痛めていた。

恥ずかしながらも、私自身は世界中で起きている不幸に日常的に思いを馳せるどころか、それに対する知識すら一般的に見てだいぶ足りない。この

もっとみる

【hint.638】まさか「意味の無さに惹かれる」という話を

ん〜〜〜、なるほど〜。こういう展開できましたか。

西加奈子さんの『i(アイ)』、昨日、読了しました。

率直なところ、ここから先の話こそ読みたい!

この主人公が、ここから先の人生を、どのようにまた生き始めるのかをたっぷりと見せて欲しい!

と、それがいまの僕が、読んだ後に感じたこと。

* * * ネタバレ注意 * * *

主人公は、どんなに目立たないように生きようとしても、周りがすぐに勝手

もっとみる
読んでくださりありがとうございます(^-^)
2

I と You の自分

私は自信があるように思われる。
いつも前を向いているように思われる。

でも、そんなことはないと私は思う。

「I」としての自分と、「You」としての自分、どちらも正しいけれど、ここに大きなギャップがあると、苦しいのだ。

ただ、私はどちらの自分にも素直でいたいと思う。
「本当の私はもっとこうなのに…!」
と、思うから苦しいのだ。
「I」としての自分はこうだけれど、「You」として、こういう自分も

もっとみる
\スーパー大吉/
19

【2019年アイドルニュース】IDOL NEWS SHOW 2019【4月~6月】編

<4月>
#欅坂 OG #志田愛佳 さん SNS開始
#NGT48 #山口真帆 さん 卒業発表
#AKB48 グループ が #向井地美音 #総監督 体制へ
・ Pimm's #山田南実 が週刊ヤングジャンプでグラビアが話題に
#NMB48 #白間美瑠 1st写真集が発売
・メジャーアイドルでも無視できない活動と体調とのバランス
#吉田凜音 台湾でポカリスエットのTVCM&新曲「

もっとみる

一点突破

こんにちは。

iPad ProとApple Pencilを買えば、毎日数ページ書いていたメモをicloudなんかに残せて、iPhoneやMacBookでも見たい時にメモを見れるし、なんなら紙のメモ帳にお金払うこともなくなるしめっちゃいいじゃん!と思ってデバイスをそろえるも、結果的にメモをとる量が減ってメモの習慣がなくなりかけているBLUENESSの吉尾です。紙のメモ帳、復活させます。

BLUE

もっとみる
励みになります!
16

まわりの現状音楽状況🎵

両極端😱やってるレベルが高すぎる奴か、やってるレベルが低すぎる奴🤘
若い音楽目指してる人達に思います!
高い連中は、もう世界レベル!
低い連中は、学芸会?発表会?レベル

1つ思う事は、気持ちや思い、メッセージがないと何も伝わらないよ......。
アーティストなら自分をハッキリ明確に表現しないとね!
簡単な世界じゃないから、先ずは自分自身に厳しくならないと、人のせいにするな、自分から動け&発

もっとみる