CXDIVE

みなさん、こんにちは。葛原信太郎です

PROFILE

葛原信太郎(くずはら・しんたろう)

1986年、横浜生まれ。野外フェス・社会・編集の3つの領域を仕事にするフリーランス。

野外フェスの制作オフィス「アースガーデン」で、野外フェスの運営や広報、SNS運営の他、オウンドメディアの運営や執筆、編集を経験後、独立。フリーランスになってからは「Meet Recruit」や「XD」などで執筆する他「FUJI ROCK FESTIVAL」

もっとみる
感謝!シェアしてくれるとさらにうれしいです!
20

メディア化する企業2020

小林弘人さんの『メディア化する企業はなぜ強いのか?』が発売されてからもう10年が経とうとしている。

これはもはやブームというよりインフラ的な話で、不可逆な流れなのはもう誰がみてもわかること。SNSを始め、無料や低コストでWebを使った情報発信ができるいま、メディアを持つことのハードルはほぼないに等しい。

しかしそれでも、実際にメディアを持った場合の「運営コスト」というものがある限り、まだまだ企

もっとみる
スキありがとう!
15

「能動的誤配」がひらく可能性|東浩紀『哲学の誤配』を読んで

こんにちは。XD編集部員/CX DIVE構成員の柏原(@tkashiwabara09)です。

いきなり白状すると、わたしは割と古めの東浩紀読者です。はじめて読んだのは『動物化するポストモダン』でしょうか。学生のころに出会い、大体の著作は読み、都度惹かれたことが記憶にあります。当時(2009年くらい?)はTwitterやニコニコ動画なども登場し、積極的に活用するその在り方は、著作もさることながらそ

もっとみる
良い体験をしたときには、教えて下さい!
27

複数性を担保したいなら、無責任に話す人を増やすことが大切だ|#CXDIVE 定例会議の模様をお届け

こんにちは。XD編集部員/CX DIVE構成員の柏原(@tkashiwabara09)です。

今回は、CX DIVEの定例会議の模様をお届けします。週に一回、1時間30分、XD編集部とCXにまつわる世の中の動きやとにかく自分がした体験が如何に素晴らしかったかを語りたいメンバーたちが自由にゆるりと参加し、気になるトピックを共有しあったり、ディスカッションしたりしています。

CX DIVEはひらか

もっとみる
褒め合うっていいですよね。
9

今日は「CX DIVE 2020」の開催予定日だったので、やろうとしていたことをちょっとお話します  #CXDIVE

XD副編集長 兼 CX DIVE統括の川久保(@kawatake)です。

本日4月15日は、新たな体験に出会い、CXを思考するカンファレンス「CX DIVE 2020」の開催予定日でした。CX DIVE 2020は、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者・ご登壇者の皆様の健康と安全を最優先に検討した結果、2月の時点で開催中止を決定しました。

2018年から始まったCX DIV

もっとみる
良い体験があふれる世の中になってほしいですね。
22

「CX」の流通量を社会に増やすために。非合理に見えても突き進むXDとCX DIVEの運営チームの裏側

CXプラットフォーム「KARTE」を提供するプレイドのマーケティングチームは、「プロダクトの姿を正しく | 魅力的に 伝える」というミッションに向けて、市場醸成から既存顧客の成功まで幅広く仕事をしています。

CM、サイネージ、グラフィックなどKARTEの広告キャンペーン、KARTEのオウンドメディア「KARTE CX Clip」の運営やサービスサイトのサイトコンテンツ企画、CXにフォーカスしたビ

もっとみる

CXDIVE セッションまとめーCX DIVE 2019 AKI イベントレポート(3)ー

こんにちは。Web広告会社でグロースハッカーを名乗ってる岡部翔太です。

独自の世界観で、つながりを生み出す

登壇者と関連するプロダクト
株式会社クラシコム 代表取締役 青木耕平氏

森ビル株式会社 MORI Building DIGITAL ART MUSEUM 企画運営室室長 杉山 央氏

株式会社東京ピストルズ代表取締役/編集者 草彅洋平

セッションサマリ

・日本を代表するコンテンツと

もっとみる
ありがとうございます!
5

CXDIVE セッションまとめーCX DIVE 2019 AKI イベントレポート(2)ー

こんにちは。Web広告会社でグロースハッカーを名乗ってる岡部翔太です。

CX DIVEのイベントの雰囲気と体験コーナーをまとめた前回のnoteがCX DIVEを統括している川久保さんに読んでいただけて、テンションが上がっております。

このテンションを維持すしつつ、CX DIVE 2019 AKIまとめ第2弾「セッションまとめ」を書いていきたいと思います。書いているうちにかなり文量が多くなってし

もっとみる
ありがとうございます!是非フォローもお願いします!
3

顧客体験(CX)を再考する

昨今、様々な企業において、顧客体験の重要性が高まっている。例えば、アクセンチュアの最新調査では、「顧客体験を最適なタイミングで提供することで、競合他社より11%高い株主利益を創出している」との結果が出ている。

2019年11月25日に「CX DIVE」というイベントに参加した。CX DIVEは、最先端のCX(顧客体験)を学び、体験できるカンファレンスで、今回CX DIVEが開催されるのは3回目で

もっとみる

CX DIVEに参加して、顧客体験の誕生を感じてきました!

最先端のCX(顧客体験)を学ぶイベントCX DIVEに参加してきました。

それぞれのセッションのレポートではなく、このイベントに参加させてもらって感じたことを書きたいと思います。

●「マーケティングよりフィーリング」に経済合理性

新しいサービスやプロダクトを生み出すとき、登壇者のみなさんに共通していたのはマーケティングリサーチをした結果として、新しいサービスが生み出されるのではなく、まずは自

もっとみる
おおー!どうもありがとうございます!
2