川久保 岳彦(プレイド コミュニケーションディレクター)

博報堂を経て、2015年よりプレイドに参画。現在はコミュニケーションディレクターとして、CXプラットフォーム「KARTE」のコミュニケーション領域を担当する傍ら、CXカンファレンス「CX DIVE」統括とCXにフォーカスしたメディア「XD(クロスディー)」副編集長を務める。
    • 日経COMEMO
      日経COMEMO
      • 7638本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

    • XD編集部からのお便り
      XD編集部からのお便り
      • 15本

僕らは探索のために、都会で働きつづける

リモートワークが一般的になるにつれ、最近の挨拶はZOOMなどの映像の背景を見て、「お、今日はオフィスですか?」「どれくらい出社していますか?」という会話から始まるこ…

生産者の想いに触れることで生まれる新しい消費の価値 #日経COMEMO #国消国産なぜ必要

日経COMEMOのこの企画 #国消国産なぜ必要 について、最近取材などでよく耳にする「人の想いに触れる価値」から考えると面白そうだなと思ったので、その観点から考えたこと…

次世代型店舗から考える、店舗体験のデジタル化によるメリット

はじめまして、株式会社プレイドでコミュニケーションディレクター(というのを勝手に名乗って)やってます川久保です(プロフィールはこちら)。COMEMOのキーオピニオンリ…

自己紹介|川久保 岳彦(Takehiko Kawakubo)

簡単な経歴 福岡県出身。2006年に東京大学経済学部(片平ゼミ)卒業後、博報堂へ入社。2015年よりプレイドに参画。現在はコミュニケーションディレクターとして、CXプラッ…