XD(クロスディー)編集部

体験にフォーカスするオンラインメディア「XD(クロスディー)」と日常の価値を問い直すビ…

XD(クロスディー)編集部

体験にフォーカスするオンラインメディア「XD(クロスディー)」と日常の価値を問い直すビジネス・カルチャーマガジン「XD MAGAZINE」編集部の公式アカウントです。 CX(カスタマーエクスペリエンス)をテーマに発信していきます。 https://exp-d.com/

マガジン

  • XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事

    XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事をまとめています。

  • XD MAGAZINEのウラガワ

    XD MAGAZINEについての記事をまとめています。

  • XD(クロスディー)編集部

    • 17本

    体験にフォーカスするメディア「XD(クロスディー)」編集部。 XD編集部の編集者たちがCX(カスタマーエクスペリエンス)をテーマに、発信しています。 https://exp-d.com/

  • XD編集部からのお便り

    • 20本
  • CX DIVEのウラガワ

    新たな体験に出会い、CXを思考するカンファレンス「CX DIVE」を作り上げる「ウラガワ」をお届けします。

最近の記事

XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #89 (2024/2/16)

編集部よりXD編集部の川久保です。 今週は雑誌「XD MAGAZINE」で取材した椅子研究家の織田憲嗣さんのインタビューをウェブでも公開しました。近現代における優れたデザインの日用品を長年にわたり収集、研究していくなかで培われた審美眼の持ち主である織田さんに、人とモノとの関わりや、デザインを未来につなぐ意義について尋ねました。 また、もう一記事は昨年公開のK&K「缶つま」を紹介する記事です。100円ほどの低価格と非常食のイメージが強かった缶詰市場に、一缶500円~15,0

    • XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #88 (2024/2/9)

      編集部よりXD編集部の川久保です。 今週は雑誌「XD MAGAZINE」で取材した北海道東川町の記事をウェブでも公開しました。「贈る」という体験を軸に、町の魅力をどう発信し、町民の方々と対話していくのか。町長の松岡市郎さんと産業振興課長の菊地伸さんに話を聞いてます。 松岡町長が話されている「過疎でも過密でもない『適疎』」は都会に住み、顔の見えない隣人と生活している我々にとって刺さる言葉です。「住民同士顔が見え、名前が呼べて、挨拶が交わせるような。その基盤を守り、その上で自

      • XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #87 (2024/2/2)

        編集部よりXD編集部の川久保です。 久しぶりの投稿となります。昨年よりハイライトメールの配信基盤の移行をおこなっておりまして、それと合わせてnoteへの投稿もお休みしていました。これからは毎週を目安に更新予定です(更新がない場合はスキップになります)。 しばらくお休みしている間に、いくつか記事が出ました。一気に載せても多すぎるので、まずは3記事載せてみます。オーディオブランド「final」の新ブランド「REB(レブ)」の製品づくりとコミュニティづくり、コンランショップ ジ

        • 初開催のALPSCITY BOOK PARADEに #XD_MAGAZINE もブース出店します

          XD MAGAINE編集部の川久保(@kawatake)です。 今週末、松本で開かれるALPSCITY BOOK PARADEというブックマルシェに、松本の書店兼喫茶<栞日>の菊地さんにお誘いいただき、XD MAGAZINE編集部もブース出店します。 イベント自体は土日両方開催されますが、XD MAGAZINE編集部もブースは29日(日)だけの出店となります。松本や茅野にお住まいのみなさん、ぜひ週末は松本PARCOへお越しください! 概要出店書店、出版社当日はXD MA

        XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #89 (2024/2/16)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事
          XD(クロスディー)編集部
        • XD MAGAZINEのウラガワ
          XD(クロスディー)編集部
        • XD(クロスディー)編集部
          PLAID 他
        • XD編集部からのお便り
          XD(クロスディー)編集部 他
        • CX DIVEのウラガワ
          XD(クロスディー)編集部
        • #これもCX
          XD(クロスディー)編集部

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #86 (2023/10/6)

          XD編集部の川久保です。 今週も雑誌『XD MAGAZINE』に掲載したインタビューを公開しています。通称「YCAM(ワイカム)」の名で親しまれるアートセンター、山口情報芸術センターのプロジェクトが面白いです。 “未来の公園”を目指すプロジェクトとして始まった「コロガル公園」シリーズは“ハッキング”可能な遊び場を目指しているという。遊園地とは正反対の楽しみ方とは何か、お話を伺いました。 『XD MAGAZINE』をご覧になっていない方はぜひご覧ください。 今週の更新記

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #86 (2023/10/6)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #85 (2023/9/29)

          XD編集部の川久保です。 今週も雑誌『XD MAGAZINE』に掲載したインタビューを公開しています。遊びとルールの関係性、「仕事」と「遊ぶ」の関係性を掘り下げてみたり、サンリオの世界の魅力を芸人の平井“ファラオ”光さんへインタビュー。毎週水曜の夜、新橋の公園にあつまる新橋サイファーにも取材しました。 『XD MAGAZINE』をご覧になっていない方はぜひご覧ください。 今週の更新記事 最近のXD編集部が気になったニュース 最近の気になったニュースをお届けします。

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #85 (2023/9/29)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #84 (2023/9/15)

          XD編集部の川久保です。 今週も雑誌『XD MAGAZINE』に掲載したインタビューを公開しています。あそび空間のトータルプロデュースを行う株式会社ジャクエツと建築家の青木淳さんです。 遊びと空間、遊ぶ場について考えるインタビューです。『XD MAGAZINE』をご覧になっていない方はぜひご覧ください。 今週の更新記事 最近のXD編集部が気になったニュース 最近の気になったニュースをお届けします。 ・元電通マンが手掛ける「レジャー施設遊び放題」は業界で受入れられる

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #84 (2023/9/15)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #83 (2023/9/8)

          XD編集部の川久保(@kawatake)です。 夏の間、しばらくハイライトメールをお休みしていましたが、もう9月になったということで、ぼちぼち再開していこうと思います。XD編集部の長い夏休みだったと捉えています。 さて、これから一ヶ月の間、雑誌『XD MAGAZINE』に掲載したインタビューをウェブでも公開していきます。タレントのYOUさん、ライムスター宇多丸さん、わくわくさんなどに「遊ぶ」をテーマにインタビューしています。 『XD MAGAZINE』をご覧になっていない

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #83 (2023/9/8)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #82 (2023/8/4)

          こんにちは。XD編集部の橋本です。 今週は、サロン運営や商品開発・販売を手掛けるトータルビューティーカンパニー「uka」の渡邉さんへのインタビュー記事を公開しました。 ボトルに時刻が刻まれている「uka nail oil」が代表的な商品で、SNSやファッション・ビューティー系の媒体ではよく取り上げられているので、ご存じの方も多いかと思います。 私自身も「uka nail oil」でukaを知り、今では頭皮ブラシのkenzanをはじめ、様々なプロダクトを愛用しています。売る

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #82 (2023/8/4)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #81 (2023/7/28)

          XD編集部の柏原です。 今週公開の記事をご案内します。 2020年に『新写真論 スマホと顔』を上梓した写真家・大山顕さんにインタビューしました。 大山さんは工場景観を愛でる「工場萌え」の写真作品や、団地マニアとしても知られています。以前はよくデイリーポータルZに寄稿されていました。私はマンションポエムを形態素解析にかけた記事が大好きです。 今回の取材では、新写真論が出た2020年以降のコロナや戦争やAIといった世界史的出来事が写真に有り様にもたらした影響に伺いました。大

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #81 (2023/7/28)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #80 (2023/7/14)

          XD編集部の川久保(@kawatake)です。 今週は、「世界の発酵みんな集まれ!」を合言葉に、発酵食品・食材、調味料、お酒など、500点以上の発酵商品を扱う発酵の専門店、「発酵デパートメント」の小倉ヒラクさんのインタビューを公開しました。 発酵文化を広めていく小倉さんの活動は面白いのはもちろん、成熟する社会の中で消費者であることの違和感やローファイな手触りを求める感覚の話とか、なんとなく社会ってそうなってるよなというのを小倉さんの感覚で言語化してくれていて、参考になりま

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #80 (2023/7/14)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #79 (2023/6/30)

          XD編集部の柏原です。 新着記事をお知らせします。普段とはトーンの異なる記事です。 『AIの遺電子』というSFマンガの作者・山田胡瓜先生にインタビューしました。2023年7月7日よりテレビアニメも放送されます。「生成AIが世界で話題になっている今、そして変化が加速して続けていくのであろう今後、わたしたち人間には何が残されているのでしょうか?」という問題意識から導かれた企画です。 先生曰く「むしろ人間の時代が来る!」とのこと。真意は記事をお楽しみに。 今週の更新記事

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #79 (2023/6/30)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #78 (2023/6/23)

          XD編集部の川久保(@kawatake)です。 今週は誰もが子どもの頃に一度は食べたロングセラー商品であるグリコのセブンティーンアイスの記事を公開しました。 スイミングスクールやショッピングセンター、公園などなかなか絶妙な場所に自動販売機が設置されていて、その場所ごとに人々に楽しんでもらっているセブンティーンアイス。 スーパーでもコンビニでも、どこでも気軽にアイスを買えるしサブスクなどもたくさんある時代にいまだに昔と変わらず自動販売機でのアイス体験を届けてくれるセブンテ

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #78 (2023/6/23)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #77 (2023/6/9)

          XD編集部の川久保(@kawatake)です。 新たにステッカーレーベル『B-SIDE LABEL』の記事を公開しました。ステッカーレーベルって何?って思われる方もいるかと思いますが、ロフトや東急ハンズ、ヴィレッジヴァンガードなどで売っているあのステッカーを作ってるところです。 有名なアニメやコンテンツともコラボしていて、みなさんも一度は目にしたことあるかもしれません。 テレビで取り上げられることもあるそうですが、今回のように創業からのストーリーをまとめたことはほとんど

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #77 (2023/6/9)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #76 (2023/6/2)

          XD編集部の川久保(@kawatake)です。 1年前に下北沢にオープンした「ミカン下北」について京王電鉄に取材してきました。 再開発でどんどん変わる下北沢の街ですが、XDでは過去に小田急電鉄の再開発を3本立てで取材しています。 小田急電鉄の支援型のユニークな開発はその後いろいろなメディアでも取り上げられていますが、ともに下北沢を支える京王電鉄さんの考えもけっこう面白かったです。 また、ファッションブランドの「ミナ ペルホネン」のCEOでテキスタイルデザイナーの田中景子さ

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #76 (2023/6/2)

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #75 (2023/4/28)

          XD編集部の川久保(@kawatake)です。 先週、注目度急上昇の立川に2020年にできた遊び場と美術館の複合施設「PLAY!」について、プロデューサーを務める草刈大介氏にお話を伺った記事を公開しました。 親子で楽しめる美術館というところからスタートし、美術館と連携した独創的な場としての遊び場も併設することで「ありそうでない」場を生み出すことになりました。そんな「ありそうでない」場がどうやって生まれたのか。抽象的なネーミングからコンセプトを設定し関係者をまとめていったと

          XD編集部が気になったCX関連のニュースや記事 #75 (2023/4/28)