【Pote-CX-factory ver.1】140つあるCXタッチポイントで"受付/トイレ/オフィス"をLevel1〜10に分類してみた

今、HR業界では「CX(Candidte Experience)」がかなり話題になっていますね👩‍💻候補者の”選考体験”の質を向上しようという概念です。

CXの質を向上することで、選考に参加した候補者の志望度をあげることができます。また、他社との差別化もできるため、今すぐ取り組まない手はありません。「CX」と言っても、ぴんとこない方々も多いと思います。CXはかなり最近のトレンドで、事例もほと

もっとみる

採用コンサルティングをしているのではなく「愛と青春」を体現しお届けする会社。

この度はご多忙の折、愚弟のため格別なご配慮を賜り、誠にお礼申し上げます。

やや知名度が上がってきたHeaRです。

おかげさまで『HeaR=採用コンサル』という認知もされつつあります。

我々は採用マーケティング集団でもあるので、各種SNSでの露出は群を抜いていると自負しています。

愉快な仲間たちはこちらをご覧いただければ幸いです。

こんにちは。

わたくし「佐藤勇斗」と申します。
気軽に「

もっとみる
今日のラッキーアイテムは『タピオカ』です‼︎
18

【うちの採用CX】超マーケティング思考!LAPRAS社の“採用広報戦略”を聞いてみました!

採用市場が売り手市場へと変化していることや、様々な採用手法が生まれ続けるなかで、昨今「Candidate Experience(=候補者体験)」の重要さが叫ばれています。

HeaRではCandidate Experience向上に取り組む企業インタビュー企画を連載中です。

第二弾は、LAPRAS株式会社PR責任者の伊藤さんに、採用が順調な秘訣を聞きました!

<プロフィール>
2012年に入社

もっとみる

開発中プロダクト(SaaS)の裏側を一部公開!HeaR流の面接官アンケートで採用の課題を見える化できます。

こんにちは、「青春」と「愛」を軸に、採用マーケティング支援を行なっているHeaRです。

現在、弊社では採用CXを可視化するためのSaaSを開発段階にあります。

本SaaSは、自社のCXスコアを見える化し、採用フローのボトルネックを改善していくことで採用力向上を目的としています。

HeaRがSaaSを開発した目的〜目指す世界〜

HeaRは「青春の大人を増やす」をミッションに採用支援を行なって

もっとみる

「CXの良い不採用連絡」について本気出して考えてみた

こんにちは、HeaRの人事、田島彩名です。本日は、全ての採用担当者が頭を悩ませる「不採用連絡」について真剣に考えてみます。

 人事・採用のお仕事をしていて一番辛いのは「仲間が去っていく時」、二番目に辛いのは「会社に興味を持ってくれた候補者さんに不採用をお伝えする時」です(※私調べ)。

 そんな辛いことだからこそ、CX(=候補者体験)に関しては最新の注意と心配りをしなければならないと思っています

もっとみる
今日も大吉!
97

これからスカウトメールを始める採用担当者に読んでほしい手法

こんにちは、HeaR株式会社の高井です!
知らない方が多いと思うのでtwitterを見てくれると嬉しいです。そして、フォローしてくれたらもっと嬉しいです!

今回はこれからスカウトメールを始める採用担当者を対象にお話しします。これを行えば返信率の向上間違いなしです。興味のある方は是非最後まで読んでください。

大事なことは候補者のココロを動かすこと

結局、一番大事なことは「候補者のココロを動かす

もっとみる

電気屋は楽しいけどCXはもうちょっとなんとかしたい

先日、母の家のエアコンを買い換えに大型の家電量販店へ行ってきました。

一生のうちにそう何度も買うものでもないので、やはりアレコレとつまづき色々と発見があります。

以前にも書きましたが、もう少しこの辺りの物理的なUXというか、CXあたりがよくなればいいのになーといつも思うわけです。

例えば、まず第一にエアコンをみて驚いたのが謎機能の多さです。

特に不要というか、だったら値段下げてくれって思っ

もっとみる
ありがとうございます!よければSNSでもシェアをお願いします!
7

「8割以上の企業がCXに未着手 CXを知らない企業は約3割」調査関連ニュースまとめ 2/14号

週末にチェックする忙しいマーケターのための調査関連ニュースまとめ。

8割以上の企業がCXに未着手
「CXを知らない/分からない」企業は約3割

BtoB企業のeメール施策、目的は「顧客との関係性強化」が約7割
約7割が「顧客との関係性強化」を活動の目的に
約7割が評価指標として「クリック率(回帰率)」を重視
約4割が「予算の不足」を課題に

Eメールマーケティング担当者の57%が「やや成功」して

もっとみる

一貫したメッセージ・体験とはWebに閉じるものでは無い -Awwwards Conference Tokyo感想-

KARTEを「マーケターのもの」というイメージから更に拡げるため。
エンドユーザーの体験価値を高めるため、同じ想いを持つ制作の方々にもKARTEを知って使ってもらいたい。

という想いの元、PLAIDはAwwwards Conference Tokyoへスポンサーシップさせていただき、1月23日24日の2日間参加してきた。

結論から言うと、KARTEはWeb制作を生業としてきた制作プロダクシ

もっとみる

【総集編】レベルアップしたい人事に送る、必読CX記事まとめ

こんにちは、採用CX支援のHeaRで働いている田島彩名です。本日は、弊社HeaRが今までに出してきた多くのCX関連記事の総集編をお送りいたします。

 それぞれ目次をつけているので、直近のお悩みに合わせて記事を選んでみてください。みなさま、よいCXを!

▼まずはCXについて知りたいよ!という方はこちら!

 最初は基礎から!CXって話題になっているけど、あんまりよくわかっていないんだよね……とお

もっとみる
幸せです❤️
14