諏訪真一

プロセスのデザイナー兼エンジニア BizOps, xOps, プロセスマイニング, イネーブルメント 株式会社プレーサ 取締役 / RedAlliance / NoOpsJP https://suwa-sh.github.io/profile/

諏訪真一

プロセスのデザイナー兼エンジニア BizOps, xOps, プロセスマイニング, イネーブルメント 株式会社プレーサ 取締役 / RedAlliance / NoOpsJP https://suwa-sh.github.io/profile/

    マガジン

    • DevLOVEのノート

      • 144本

      開発現場と越境する人のためのコミュニティDevLOVEのNoteです。イベント告知、案内、関係者のnoteを投稿していきます。

    • 考えていること

    • イベントレポート

      各分野の最新情報と事例、熱量を体感しに参加しているイベントのレポート

    • TAG DAYS

      • 132本

      The Agile Guild メンバーのnoteをまとめています。

      • DevLOVEのノート

        • 144本
      • 考えていること

      • イベントレポート

      • TAG DAYS

        • 132本

    最近の記事

    • 固定された記事

    DXを紐解く

    ■DXとは ●なぜDXが話題になっているのか? GDPと相関関係がある労働人口の減少は国家課題になっています。定年者の活用や、女性の社会進出、外国人労働者の受け入れなど、量を増やす施策も実施されていますが、受け入れる側の準備、育児環境の整備など施策以外に整備する必要があるものが多く、即効性はありません。データ活用や働き方改革などの質を上げる施策への期待が高まっています。 ●デジタルトランスフォーメーションとは ITの浸透が、人々の生活を、あらゆる面でより良い方向に変化さ

    スキ
    36
      • TOC / 5つの集中ステップ

        ■概要システムには必ず制約がある ・システムとは   複数の要素が関係しあい、全体として   まとまった機能を発揮している集合体、組織、系統、仕組み ・システムには必ずつながりとばらつきがある ・つながりとばらつきがあると、どこかに必ず制約がある 制約に集中することが全体最適になる ・システム全体で見ると、制約以上にoutputをつくることはできない ・非制約が制約以上に働くと、制約の前に仕掛品の山が生まれる ・非制約が行動を変え、制約を助けることで成果を生む 制約に集中

        スキ
        3
        • 受託開発文化にCIのプラクティスを広める

          課題と仮説- システム開発をまるっと委託する、昔ながらの文化 - 部署によってオフショア、オンサイトが混在 - フェーズゲートの所々に組織/部署/チームの溝が生まれている - 溝の中で品質を担保しようとする部分最適化が蔓延している 大企業でよく見かけるこのような状況で、実装・UTフェーズでの傾向はこのようなものでした。 - 数十名のメンバーを抱える大規模チーム - 集まる開発者のスキルはバラバラ - レビュアーに負荷が集中し、ボトルネックになっている レビュアーの声を聞

          スキ
          4
          • 仮説検証にカスタマーサクセスの観点を組み込むBAMLループ

            エンタープライズでの社内向けプロダクトの仮説検証では、Problem Solution Fitを検証する1サイクル目によく陥る傾向があります。効率的に学びを得るためにBMLループで仮説検証を進めていきますが、サイクル単位で見ると、多くのプロダクトで同じ学びを得て、同じ施策を打っています。 BMLループビジネスアイデアを仮説として捉えて検証するためのプロセス。 仮説検証のためのMVPをBuildして、それを元にMeasureし、その結果得られたデータからLearnする。 実

            スキ
            10

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • DevLOVEのノート
            devlove 他
          • 考えていること
            諏訪真一
          • イベントレポート
            諏訪真一
          • TAG DAYS
            The Agile Guild 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2021-03-16 カスタマーサクセス カンファレンス|BRIDGE 2020 再放送スペシャル #CSカレッジ

            2021/03/16 に開催された カスタマーサクセス カンファレンス|BRIDGE 2020 再放送スペシャル/3月16日(火):プロダクトとの連携やカスタマーサクセスの組織づくりの要諦 のイベントレポートです。 ■カスタマーサクセスがプロダクトを進化させるたった1つのコツ!成功するCS×開発連携のポイント徹底解剖高橋 昌臣さん [SmartHR] 鈴木 雄太さん [ビズリーチ] 萩原 雅裕さん [ワークスモバイルジャパン] 萩原さん 自社のカスタマーサクセスと開発チー

            スキ
            14

            2021-03-15 カスタマーサクセス カンファレンス|BRIDGE 2020 再放送スペシャル #CSカレッジ

            2021/03/15 に開催された カスタマーサクセス カンファレンス|BRIDGE 2020 再放送スペシャル / 3月15日(月):カスタマーマーケティング、コミュニティ、営業とCSの連携の本質 のイベントレポートです。 ■ カスタマーサクセスはマーケティングがお好き〜カスタマーマーケティングの蜜と毒〜長橋 明子 さん [Asana Japan] ●カスタマーマーケティングとは? ・カスタマーサクセス×マーケティング ・それはどんなもの? ●紳士は金髪がお好き ・マ

            スキ
            6

            2021-03-09 カスタマーサクセス カンファレンス|BRIDGE 2020 再放送スペシャル #CSカレッジ

            2021/03/09 に開催された カスタマーサクセス カンファレンス|BRIDGE 2020 再放送スペシャル / 3月9日(火):ヘルススコアの設計やテックタッチの実践、業務プロセスの体系化の肝 のイベントレポートです。 ●イベント概要 昨年11月に1100名以上が参加した日本最大級のカスタマーサクセスカンファレンス「BRIDGE2020」。日本のカスタマーサクセスを代表する約40名のリーダーが16セッションに渡って最新の理論や成功事例を語りました。 これからカスタマ

            スキ
            16

            2021-02-03 Data Engineering Study #6「改めて学ぶ、BigQuery徹底入門」 #DataEngineeringStudy

            2021/02/03 に開催されたData Engineering Study #6「改めて学ぶ、BigQuery徹底入門」 のイベントレポートです。 ●イベント概要 第1回勉強会ではDWHとBIツールをテーマに、DWHとしてはBigQueryとRedshiftを題材として取り上げ、比較などを行ってまいりました。また、第5回ではSnowflakeを題材に取り上げ、深堀りしていきました。 今回はData Engineering Study参加者の中でも利用者が多い「BigQ

            スキ
            3

            2021-01-26,27 SalesZine Day 2021 Winter #slzday

            2021/01/26-27に開催された SalesZine Day 2021 Winter のイベントレポートです。 ●イベント概要 世の中とビジネスのかたちは1年前には想像できなかったほどに大きく変化しました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止すべく2020年4月には「緊急事態宣言」が発出され、非IT業界でもテレワークやオンラインセールス、そしてインサイドセールスの普及がぐっと進みました。何年もかかるであろうといわれてきた「営業のDX」が一気に推し進められたのです。

            2020-10-14 現役LP改善コンサルが解説する、成果の出るLP制作方法と再現性を出すための思考法 #mercedu

            2020/10/14 に開催された 現役LP改善コンサルが解説する、成果の出るLP制作方法と再現性を出すための思考法 のイベントレポートです。 ●イベント概要 弊社はmerc Educationというマーケティングスクールを運営しており、毎年多くのマーケターを輩出しています。 現状のwebマーケティングを行っている企業の課題として、テクニックを重視した手法が横行しており、一時的な成果が出ても競合にすぐに追いつかれ、また新しいテクニックを試すという予算の消耗戦が多い事と考え

            スキ
            11

            2020-09-16 Data Engineering Study #3「分析基盤をうまく組織に浸透させる方法」 #DataEngineeringStudy

            2020/09/16 に開催された Data Engineering Study #3「分析基盤をうまく組織に浸透させる方法」のイベントレポートです。 ●イベント概要 プログラム第3回「分析基盤をうまく組織に浸透させる方法」 データ分析基盤というものは、作ったら終わりではありません。基盤を作り上げた後は、頑張って貯めたログをビジネスに活用したり、基盤を利用する社内ユーザーを育成する「啓蒙」フェーズが始まります。むしろ作ってからが始まりなのです。 このセッションでは、分析基

            スキ
            5

            2020-08-04 内製化の勘所と落とし穴

            2020/08/04 に開催された 【DX無料オンラインセミナー】内製化の勘所と落とし穴 のイベントレポートです。 ●イベント概要 昨今のビジネス環境変化の激しさが増す中、情報システム/IT部門には、事業部門のニーズを正しく把握し、高品質な対応が求められるだけでなく、競争力を高める為、ビジネススピードに追随するべく迅速な開発や対応力が求められております。 このような背景からも社内システムやIT部門に対する期待もより高まっており、ユーザー企業が主体となってシステム構築の「内

            スキ
            12

            2020-08-01 「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」で現場をやさしく攻略する #devlove

            2020/08/01 に開催された 「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」で現場をやさしく攻略する のイベントレポートです。メモが取れない環境での参加だったので、スライドのリンクと感想です。 ●イベント概要 いちばん、やさしい、アジャイルの本を、さらに、いちばん・やさしく補完します。現場でアジャイル開発を実践する際のトラブルや戦々恐々とした状況を攻略する道標を、執筆の3者からお伝えします。 書籍 「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」 が5月1日に発売され、手にした方

            スキ
            4

            2020-07-30 BPStudy#155〜要件定義・仕様化・実装の継ぎ目をなくすCCSR開発手法 #bpstudy

            2020/07/30 に開催された BPStudy#155〜要件定義・仕様化・実装の継ぎ目をなくすCCSR開発手法 のイベントレポートです。メモが取れない環境での参加だったので、スライドのリンクと感想です。 ●イベント概要 今回のBPStudyはCCSR開発手法がテーマです。(CCSR=Continuous Concurrent Stepwise Refinement: (継続的・並行的・段階的な発展)) CCSR開発手法とは増田亨さんが開発している要件定義と実装をつなげ

            スキ
            3

            2020-07-29 夏のAWSコンテナ祭り with Amazon ECS #ECSMatsuri

            2020/07/29 に開催された 夏のAWSコンテナ祭り with Amazon ECS のイベントレポートです。 ●イベント概要 みなさん、コンテナサービスをお使いですか? 多くの人がコンテナを使うようになった今だからこそ、「ここでつまってしまった」「ここがわからない」など課題や疑問が顕在化してきていることでしょう。当セミナーでは、AWSコンテナサービス、特にAmazon ECSをお使いのお客様の活用事例と、AWSソリューション アーキテクトによるECS活用のための徹底

            スキ
            6

            2020-07-22 住んでいる場所で働き方を決める時代は終わりました。 〜新たなワーキング・コニュニティを静岡からはじめよう〜 #DevLOVE

            2020/07/22 に開催された 住んでいる場所で働き方を決める時代は終わりました。 〜新たなワーキング・コニュニティを静岡からはじめよう〜 のイベントレポートです。 ●イベント概要 新たなワーキング・コミュニティをはじめよう(静岡ギルド) Covid-19は、働き方のリモート化を推し進める要因に結果的になりました。多くの現場、人たちがリモートワークへの適応を進めている状況下にあると思います。こうした「仕事する場所を選ばない」方向性は、私達の働き方をより変えていくことにな

            スキ
            21