顧客体験

【8/24開催】企業視点からの脱却〜Web接客の勝ちパターン~

【8/24開催】企業視点からの脱却〜Web接客の勝ちパターン~

リアルの店舗においては、商品やサービスの説明など、お客様に寄り添った接客が行われており、Webサイト上においても同様にお客様一人ひとりのお悩みや要望に合わせたOne to One接客や顧客体験の向上が売上UPには欠かせません。 本セミナーでは、Web上での顧客体験の向上をテーマに、各社より「ユーザー目線のWeb接客」「お客様のお悩みや要望を踏まえたOne to One動画」の観点から事例を交えながらお話いたします。 ***<こんな方におすすめ>*** ・顧客体験にご興味の

1
ファンベースマーケティングについて

ファンベースマーケティングについて

紹介営業に必須のファンベースマーケティングには、三つの要素があるといわれています。自然と出来ている人は出来ていますが、意識しておこなうとより効果的です。今回はこの三つの要素についてお話します。 ファンベースマーケティングの三つの要素とは三つの要素とは、「共感」「愛着」「信頼」です。もう少し分かりやすくいうと、価値観や使命感に共感してもらうこと。自らのキャラクターに愛着を持ってもらうこと。仕事と人間性に信頼してもらうこと。といったところでしょうか。 では、この三つを満たすに

1
ニュースレターと顧客体験(CX)

ニュースレターと顧客体験(CX)

99.9 Consulting 代表 上田です。 LINE公式のメニューボタンに、「ニュースレター事業の案内」を配置しました。今後は不定期ですが顧客向けニュースレターやマーケティングについての情報提供もこちらで配信していきたいと考えています。 読んでくださっている方のお仕事に役立つことができれば幸いです。 第1回は「顧客体験」(CX)についてお話します。 「顧客体験」(CX)とは 今、マーケティングの世界で注目されている「顧客体験」。見込み客や顧客に有益な体験を提供

1
カスタマージャーニーとは〜概念と4つのメリット〜

カスタマージャーニーとは〜概念と4つのメリット〜

みなさん、こんにちは。宮口紫苑(しおん)です。 本記事では、販促において、とても重要なカスタマージャーニーについて書いていきます。 以前の記事で、ペルソナを設定した後に行うことが、このカスタマージャーニーの作成です。 カスタマージャーニーとは「自社サービス・製品の購入に至るまで顧客の行動や思考などの一連の体験を旅に例えたもの」のことです。 カスタマージャーニーマップは、それを視覚化したもので、商品やサービスによって異なりますが、例えば、 認知→興味関心→情報収集→比較

9
生産者の声 - プロダクト開発チームで大事にしていること |CX Clip 週間ハイライト(2021/7/26)

生産者の声 - プロダクト開発チームで大事にしていること |CX Clip 週間ハイライト(2021/7/26)

編集部よりCX Clip編集部の川久保です。 先週の更新記事は、「未知の価値を見つけるために、個人の創造性を活かす。KARTE開発チームのプロダクト・組織づくりを貫く思想」でした。 プレイドのプロダクト開発チームの思想について、ソフトウェアエンジニア / VP of Engineeringの門脇より紹介させていただいたイベントの記事です。このイベントは、もともとは門脇が別のイベントにおいて発表していたものを、KARTE Friends向けに内容を少し変えてオンラインで開催

2
「思い込みを捨て、お客様を正しく知る」ABテストで続けるサービス改善 |CX Clip 週間ハイライト(2021/7/12)

「思い込みを捨て、お客様を正しく知る」ABテストで続けるサービス改善 |CX Clip 週間ハイライト(2021/7/12)

編集部よりCX Clip編集部の中城です。 CX Clipハイライトメールをご覧の方の多くは、ウェブサイトの運営に関わっていらっしゃると思います。 日々の更新やキャンペーンの公開、広告の運用など日常業務に追われて、なかなか分析や改善に着手できない、人手があればやりたいことはいっぱいあるのに‥と思われている方も少なくないのではないでしょうか? 今回は、家事代行サービス等を運営されている「ベアーズ」様のサイト運営についてご紹介します。複数事業を展開されているため、サイトに訪れ

2
顧客心理を理解するために

顧客心理を理解するために

はじめにどんな商売でも、自社の顧客が何を1番望んでいるのか?を考え、形にできている会社ほどうまくいっています。しかし、顧客自身が何を望んでいるのかを理解していないことが多く、理解していたとしても簡単に本音を話してくれない事がほとんどでしょう。 本当は悩みや不満があるのに「今は大丈夫です!」と振る舞う人っていますよね。 このような、本音と建前をしっかり掴めなければ良いサービスは提供できないと思います。では、その感覚をどのように養うのか?今回は、そのような顧客心理を掴む考え方

28
Blog|CXを測定し、企業活動を評価する

Blog|CXを測定し、企業活動を評価する

企業の業績に影響を与えるCX=顧客体験。ペルソナに共感し、その時間軸に沿った行動や感情の機微をカスタマージャーニーマップとして表現し、より良い顧客体験を経験してもらえるように次の施策を企画する。 このようなデザイン思考のプロセスは、今や多くの企業で採用されています。・・・ここまではもちろん正解なのですが、「次の一歩」を進めなければ実は”道半ば”とも言えます。ここではその一歩についてご紹介したいと思います。 本記事は、カスタマージャーニーを開発したがもっと上手く活用したい、

4
『ロイヤリティプログラム 3部作』まとめ

『ロイヤリティプログラム 3部作』まとめ

クラフトビールと歴史をこよなく愛するオーバルギアです。 noteをはじめて1か月ちょっとが経過しました!いや本当にあっという間ですね。 ところで、このnoteをはじめてみて思うのですが、よく使う画面とヘルプページとのリンクがすごくイイですよね!勉強になるなぁといつも思います。 ほら、たとえばこの記事を各画面にあるヒント・ガイドボタン、 クリックすると、こんな感じでガイドへのリンクが表示されます。 こういった工夫は使いやすさを向上させてくれますよね!・・・おっと!本題

3
モノからコトへ。でも、やっぱりモノは大事

モノからコトへ。でも、やっぱりモノは大事

クラフトビールと歴史をこよなく愛するオーバルギアです。 「モノからコトへ」と言われて久しいですね。コトは体験と表現され「顧客体験が大事」とか「UX向上」的な言葉もよく見かけますよね〜! サービス提供者側からみると、モノを売って終わりではなく、その後の体験も含めてデザインする必要があるよねって話。 買う側からみると、モノは溢れているし、モノ自体にそこまで価値を感じず、コト(体験)を重視する傾向にあるよねって話でしょう。 最近は「トキ消費」みたいな概念もありますが、ここで

2