イノウマサヒロ 編集者/広報

1991年、千葉県生まれ、早稲田育ち。高田馬場には7年在住。大学3年生の時にコピーライターに憧れてから、ずっと言葉に携わる仕事についてます。主に、編集者・ライター・広報が肩書きです。将来の夢はカレー屋です。
    • カレーと僕とブリゴラージュ
      カレーと僕とブリゴラージュ
      • 1本

      料理人でも批評家でもない、ただのカレー好きな編集者によるカレーにまつわるマガジンです。真面目なこともそうじゃないこともごった煮。カレーは宇宙。

    • 先生は本と映画です。
      先生は本と映画です。
      • 44本

      タイトルの通りです。本や映画という先生から感じたことを書いています。

    • 旅する思考
      旅する思考
      • 60本

      日常生活の中で感じる「生きづらさ」みたいなところを、ちょっとでも「生きやすく」するために考えているアレコレ

    • インクワイアメンバーのnote
      インクワイアメンバーのnote
      • 81本

      インクワイアで働くメンバーの個人noteを一覧できるマガジンです。

    • 定点観測報
      定点観測報
      • 3本

      毎週気になったニュースをコメントと共にまとめてます。

固定された記事

「才能」が無くても、「好き」は仕事にするべきなの?

「才能」という言葉を意識し始めたのは、文章の書き方を本格的に習うようになってからだった。 大学を卒業した後、手に職をつけようと思い、元々興味のあったライティング…

カレーは最強の食べ物であり、概念。

カレーは最強の食べ物だ。 何を持って最強とするかは人によって判断が分かれるところであると思うが、食べる側と作る側の視点に立って考えてみる。 まず、食べる側。 い…

社会派ドラマがわかったら、大人なのか?

つい最近、池井戸潤原作の「七つの会議」を見た。 この作品は、野村萬斎演じるグータラ社員が、とある事件をきっかけにその頭のキレ味を働かせて、彼の務める会社でおこっ…

AIは人のシゴトを奪うのではなく、より機会均等な世界を作ると思う。

長いこと、AIが人間の仕事を奪うと言われています。 僕もAIのことを中途半端に理解していた時は、なんかすごい人工知能がどんどん人間の存在を脅かしていくと考えてい増田…

「運命は、つくれる?」—書籍との運命的な出会いを、計画的に作れないか考えてみた

「この前久しぶりに本屋に行ったら、買おうとも思ってなかった本を、つい買っちゃいそうになったんだよね」 先日、友人がそんな話をしていました。きっと、似たような経験…

センスの民主化で、相対的欠乏をなくす

もう10年以上服が好きです。 クローゼットは常にパンパンなんだけど、微妙な違いに惹かれて似たような服を買ってしまいます。クローゼットの8割は黒い服。 今よりも時間…