イノウマサヒロ 編集者/広報

1991年、千葉県生まれ、早稲田育ち。高田馬場には7年在住。大学3年生の時にコピーライターに憧れてから、ずっと言葉に携わる仕事についてます。主に、編集者・ライター・広報が肩書きです。将来の夢はカレー屋です。
    • 先生は本と映画です。
      先生は本と映画です。
      • 47本

      タイトルの通りです。本や映画という先生から感じたことを書いています。

    • カレーと僕とブリゴラージュ
      カレーと僕とブリゴラージュ
      • 2本

      料理人でも批評家でもない、ただのカレー好きな編集者によるカレーにまつわるマガジンです。真面目なこともそうじゃないこともごった煮。カレーは宇宙。

    • 旅する思考
      旅する思考
      • 61本

      日常生活の中で感じる「生きづらさ」みたいなところを、ちょっとでも「生きやすく」するために考えているアレコレ

    • インクワイアメンバーのnote
      インクワイアメンバーのnote
      • 80本

      インクワイアで働くメンバーの個人noteを一覧できるマガジンです。

    • 定点観測報
      定点観測報
      • 3本

      毎週気になったニュースをコメントと共にまとめてます。

固定された記事

「才能」が無くても、「好き」は仕事にするべきなの?

「才能」という言葉を意識し始めたのは、文章の書き方を本格的に習うようになってからだった。 大学を卒業した後、手に職をつけようと思い、元々興味のあったライティング…

視野に限界はあるが、配慮に限界はない / 朝井リョウ「正欲」を読んで

朝井リョウの「正欲」を読んだ。 この本は、昨今当たり前のように聞く「多様性」をテーマにした小説だ。多様性とぱっと思い浮かべるのは、ジェンダーや国籍、健常者と障が…

佳い「書き手」は、佳い「聞き手」である—「取材・執筆・推敲――書く人の教科書」を読んで—

ライターの古賀史健さんの最新の著書「取材・執筆・推敲――書く人の教科書」を読んで、もしタイムマシンがあったら過去に取材している自分一人ひとりをかき集めて説教した…

生きづらさを抱える人にオードリーの若林さんの新著を。

オードリーの若林さんの新作エッセイ「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」を読んで、希望と絶望が同時に押し寄せてきた。 この本は、彼がキューバ、モンゴル、ア…

今年観た120本の映画からベスト10を選んでみた。

2020年が始まった時「映画を100本見るぞ」と意気込み、無事達成したので、その中でも特に印象深かった作品を10個選んでみた。 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 原作は知っ…

「問い」から始まる文章も良い

普段、編集者という仕事柄、何か文章を書く時に「誰に」「何を」伝えて「どうなって欲しい」のかを考えてから始めることが多い。 いろいろな文章にまつわる本にも、そうい…