金森悠介

株式会社才流のコンサルタント。BtoB事業やマーケティングに関する記事を投稿。副業でひとり会社を起業。国高→早稲田→才流

金森悠介

株式会社才流のコンサルタント。BtoB事業やマーケティングに関する記事を投稿。副業でひとり会社を起業。国高→早稲田→才流

    マガジン

    • SaaS

      SaaS

    • ビジネス

    • 音楽マーケティング

    • クリエイター支援

      クリエイター支援に関わるマガジン

    • BtoBマーケティング

      マーケティングだけでなくセールス、広報などの記事もあります。 「これはタメになる」と思ったものを格納しています。

    最近の記事

    社会人からジャズサックスを始めようか迷っている方向けに実体験を語ります

    社会人2年目の春、未経験からアルトサックスをはじめ、 4年目の6月、ジャズバーでサックスライブに初めて出演しました。 緊張しながらも楽しく演奏でき、非常に良い経験でした。 このnoteは、かつての私と同じように、 「ジャズサックスかっこいいから始めたいけど、色々不安!」 そんな方の参考にしていただくべく、色々と疑問に思いそうなことに対して回答していくものです。 ぶっちゃけモチベーションどう維持してる?  練習に行くときはいつも面倒くさいなーと思っています。 ただし

      • イラストレーターの案件獲得戦略をマーケターが考えてみた

        はじめまして、こんにちは。 普段はBtoB企業(法人を相手に商売をしている企業)向けにマーケティング支援をしている金森(@user_id_us)と申します。 ※プロフィールや実績はこちら プライベートで親しい&信頼関係があるイラストレーターの方に、ざっくり言うとこんな相談をもらいました。 今はアルバイトをしながら美大で勉強をしており趣味程度にイラストを発信しているが、将来的にはイラストレーターやデザインの仕事をしていきたい イラストレーターにせよ、デザインの仕事にせよ

        • スマホ買い換えの購買プロセス(HUAWEI P10 liteからXiaomi 11T Proへ)

          この記事は、主にマーケターを対象に、スマホ買い換えの購買プロセスを記載してます。スマホの販売などに関わっているマーケターに届けばうれしいです。 また、スマホ買い換えの情報収集にできるだけ時間を割きたくない人にとっても役に立つかもしれません。特に私のように、ガジェットの類に興味がないけれども、ストレスフリーに使いたく、かつ予算にはこだわりがない方です。 前提ガジェットの類に興味がなく、なるべくスマホ買い換えについて考えたくないタイプです。判断に必要な情報をさらっと集め早めに

          • 音楽マーケティングブートキャンプを経て。振り返りとこれから

            2021年7月〜10月「音楽マーケティングブートキャンプ」に一期生として参加しました。およそ半年前の話にはなりますが、簡単に振り返ります。 ※音楽マーケティングブートキャンプのコンセプトはこちら↓ 日本にはデジタルに強い音楽マーケターが不足している 音楽マーケティングブートキャンプはアーティストのマーケティングを実際に経験することができる、日本で唯一の音楽マーケティング講座です。 日本の音楽業界は世界に比べてストリーミングへのシフトが遅れている現状があり、”ストリーミング

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • SaaS
            金森悠介
          • ビジネス
            金森悠介
          • 音楽マーケティング
            金森悠介
          • クリエイター支援
            金森悠介
          • BtoBマーケティング
            金森悠介
          • 購買行動のウラ側
            金森悠介

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            BtoBマーケ担当の採用ができない!そんな時は...

            コンサルティング会社の株式会社才流で、BtoBマーケティングコンサルタントをしている金森(@user_id_us)と申します。現在、BtoBマーケティング担当の育成支援サービスの立ち上げを検討中です。ヒアリングにご協力いただける方を探しております。 *** BtoBマーケティング担当の採用、難しいですよね。同じ気持ちです。 本記事では、「BtoBマーケ担当の採用ができない」とお悩みの経営層や事業責任者の方を対象に、上手くいったとある事例を参考に解決策の方向性(仮説)を提

            20代ひとりでも入れる、おすすめのミュージックバーin東京

            いい音楽と美味しいお酒を楽しみたい。 そう思い、ミュージックバーの存在を知った方もいらっしゃるでしょう。 とはいえ、ひとりでミュージックバーに行くのは勇気がいりますよね。 かつての私も「ちょっと怖いなー、どうしようかなー」等と思っておりました。恥ずかしながら、他のお店で一杯飲んで少し酔ってから行ったことすらあります。 私の知る限り、ミュージックバーは雑居ビルに位置しがちなので入るのに余計勇気がいります。ただ、今になって思うのは「入ったもの勝ち」ということ。イヤホンで聴

            コンサル1年目の自分に伝えたい、もっと早く意識すればよかったこと。振り返って思う重要なこと

            才流コンサルタントの金森(@user_id_us)です。現在、社会人3年目かつコンサルタント歴3年目です。 年末なので、振り返りnoteを残します。 社内の新入社員用に記載していたドキュメントをベースに、noteで公開できる範囲に編集してみました。 若手コンサルタントの方の参考になれば幸いです。情報交換等も大歓迎ですので、お気軽にご連絡いただけると幸いです。 ▷Twitterはこちら:https://twitter.com/user_id_us 2021年ハマったコ

            2021年ハマったコンテンツ

            年末なので、今年みた or 聴いた or 体験したコンテンツで良かったものをざっくり紹介します! 将来自分で振り返ったときに、「当時はこんなものが好きだったのか」と振り返るための備忘録です。 趣味が合いそうな方がいたらうれしいです! 音楽部門・Wolfcat / Still Woozy ・Speak Low - Remastered 1998 / Sonny Clark, John Coltrane ・Mirror Balls / 菊地成孔DCPRG ・Hémat

            TuneCoreの配信設定代行 / 配信アドバイスサービス|インディペンデントアーティスト向け

            ディストリビューションサービス「TuneCore」を活用した、音楽配信の設定代行サービスをはじめます。 本記事は、SpotifyやApple Musicなどに自身が制作した楽曲を配信したいものの、中々できていないアーティストを対象に記載しています。 こんな課題はありませんか? 自身の楽曲をSpotifyやApple Music、LINE MUSICに配信したいが、デジタルの知識・経験に苦手意識があるため、あるいは単純に時間を割くことができていないため、配信できていない。

            20代にも、おすすめできるジャズ喫茶・ジャズバー

            人と会う予定のない休日や、じっくり休みたい時はジャズ喫茶にいって読書をするのが好きです。 ジャズはスマートフォンから流して聴くより、レコードやCDを大音量で流して聴くのがやはり良いんですよね。(一番いいのは、ライブ!) だからこそ、ジャズ喫茶・ジャズバーでジャズを体験していただきたい! そんな思いで今回は、ジャズ喫茶・ジャズバーに興味はあれど、行ったことのない人に向けて簡単に、おすすめのお店を紹介します。 ※友人におすすめのジャズ喫茶を聞いてもらう機会も増えてきたので

            収益を自動分配するTuneCoreのスプリット機能の仕組みがすごい

            先日まで、音楽マーケティングブートキャンプに参加しておりました、金森(@user_id_us)です。 約半年にわたる音楽マーケティングの学習・実践を通して新しい発見が多々あったのですが、中でもこれはすごいな、と思ったことがあります。 それが音楽デジタル配信の収益を自動分配できる、TuneCoreのスプリット機能という仕組みです。 そもそも、TuneCore(チューンコア)とは何?簡単にいうと、SpotifyやApple Music、LINE MUSICなど複数の音楽配信

            【無料テンプレ】TuneCoreシングル配信作業時に使える!アーティストとの情報共有テンプレート

            こんにちは。 音楽領域のマーケティング活動をしております、金森と申します。 本記事では、デジタルディストリビューションサービス「TuneCore」で、シングルリリースを配信する使える情報共有テンプレートを公開しています。 テンプレートはこちら>  テンプレートの活用シーン・TuneCoreの配信設定作業をする担当者(例.マーケター)から、アーティストやマネジメントサイドに、必要な情報共有を依頼する時 こんな課題を解決できます・TuneCore配信作業者の悩み ↓ 「

            「言い訳を用意する」マーケティング施策

            どうやったら伝わるかなぁと悩みましたが、結局わかりにくいタイトルになってしまいました。。 本記事を書くきっかけ先日こんなつぶやきをしました。 どうして、この思考をしたか、背景をメモします。 個人的にぼんやり考えていたことですがちょうどいいので、言語化しておきたいと思いました。(これもまた、「言い訳」) 上記施策アイデアで重要なのは、「いま」やること。「後で投稿してください」だとやらない人が多いと想定されるので、「いま、この場で、みんなで投稿しましょう」というのが肝だと

            仕事のポリシーを考えてみる

            今回も、自分のための備忘録です。 就職ポリシー先日、自分なりの就職ポリシーを考えてみた。 ◾️  決めていること ・変化しようとしない業界にはいかない。基本伸びている業界に身を置く ・市場規模が小さいところで本業をしない ・会社ブランドより、誰と一緒に働くかで決める ※2021年9月時点 ◾️  迷いどころ ・本業のキャリアをBtoBに絞るか、今後BtoCも経験するか そもそも、上記を考えたきっかけは、朝会で先輩が「就活時はポリシーを決め、BtoBに絞っていた

            東京都現代美術館で開催されている、「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」。楽しみ所が盛り沢山で、行ってよかった作品展でした。作品点数、多様な作風、作品一つひとつの面白さ、どれも圧巻でした。おすすめです。

            「可視化」は武器になる

            本業(BtoB企業のマーケティング・営業の支援)や、副業(音楽アーティストのマーケティング支援)で学んだこと、改めて感じたことのメモを共有します。 テーマは「可視化」です。 要点・かけられる時間が同じ場合、口頭で伝えられる情報は、可視化していなかった時と比べて少ない(体感では10%程度?) ・口頭で相手に説明し、理解いただく場合より、相手が目で見てご自身で考えていただく場合のほうが、情報がスムーズにつたわる ※参考:メラビアンの法則(情報の伝わりやすさと視覚の関係につ