2019年振り返り

2019年よく聴いた曲ベスト3

ここ数年、基本的に音楽はiPhoneでしか聴いていない。

普段通勤するときはカーステは使わずiPhoneからJBLのFRIP4というBluetoothスピーカーに飛ばして聴いているし、自宅でも同じくJBLのGOという小さいスピーカーで聴いている。

なので、iTunesの再生回数をもとに2019年で自分がよく聴いた曲を割り出してみた。それでは3位から。

第3位
白日 King Gnu 
再生回

もっとみる
あなたの今日が良い日になること間違いなし!
2

各マンガ賞にランクインしなかったけどすごく推したい!2019

※ タイトルの元ネタは、ねとらぼで虚構新聞社主のUKさんが連載で毎年実施している『「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!』という企画です。発表されるなら2月ごろですが毎年楽しみにしています。

昨年末に「このマンガがすごい!2020」「このマンガを読め!2020」のランキング発表があり、更に先週「俺マン2019」のランキング発表、そして昨日の「マンガ大賞2020」のノミネートが

もっとみる

2020/01/20(月)2019年に書いた13冊・1040ページ分の紙のノートを読み直すことにした

何かにつけてノートに手書きで書きださないと気が済まない(というか、頭の中だけで物事を処理できないので書き出さないと訳がわからなくなる)質なので、気がついたらかなりの量のノートが溜まっていた。

 ノートには番号が振ってあって、2019年最初のノートが「48番」で最後のノートが「60番」だった。つまり、1年間で13冊を使い終えたことになる。

 使っているのはコクヨのキャンパスノート。サイズはA4で

もっとみる

もう少しだけ2019年を引きずってみる(個人的に出会ってよかった作品54)

普段はどちらかというとアンビエントかノイズかアラビア・トルコ音楽を聴いている私ですが、いわゆる「テン年代」の終わりとしての2019年は、再結成やら数年ぶりのリリースやらで色々とあって、自分の好きなアーティストの復活に心踊らせているうちにあっという間に過ぎてしまいました。

・・というわけで(?)、実は個人的ベスト作品25というものはすでに記事化しているものの、それではあまりにも取りこぼしてしまった

もっとみる
とっても嬉しいです!ありがとうございます〜
1

[編集後記]駅伝シーズンを終えて

さて、19日私たちは都道府県対抗駅伝を終え、残すシーズンは3月にかけて行われるマラソンのみとなりました。取材は箱根駅伝でとっくに終わっているのですが、やはりこのお祭り大会で駅伝を締めくくるのが気持ちいいですよね。今日は、怒涛の駅伝シーズンを振り返りながら、2019年、大きく変わった私の人生のお話しをしていこうと思います。

全然興味もなかった記者になった

 2019年6月、TOYO Pressか

もっとみる
白バイもうちょっと前行ってください
19

2019年振り返り。本編

2019年に出会って良かったもの最後は「本編」です。

体の贈り物 / レベッカ・ブラウン

優しさと慈しみに纏わる小さな物語集だった。1日の終わりに1編だけ読むのがちょうどよく、この本を読んでいた10日間くらいは毎日とても満ち足りた気持ちになれた。

シンジケート / 穂村弘

装丁に惹かれて短歌集ということも知らずにこの本に出会い、すぐにはまって色々呼んだけど断トツでこの本が面白かった。何回読

もっとみる

2019 私と音楽

2020年も早いもので下旬に突入。
とは言え昨日深夜放送のCDTVランキングは依然紅白モードだし、今日放送の関ジャムも2019年ベストソング企画だし、未だいいよね。

という事で、2019年の私と音楽を振り返っていくヤツをやっていきたい。

・音源
サブスクは2015年のApple Music解禁当初から使っているが、ここにきて解禁アーティストが大爆発。
特に安室奈美恵、BUMP OF CHICK

もっとみる

2019年のライブ 私的ベスト5

2019年は、なんと計25本のライブに参戦できました。
振り返るとそれぞれ印象に残るライブで5つに絞るのはとっても難しいですが、あえて選ぶとすれば次の5本かなと。

<5位>
NIGHT RANGER
JAPAN TOUR 2019 10/10@あましんアルカイックホール

高校時代、ハードロックに傾倒していた時期によく聴いていたNIGHT RANGER。
1stアルバム『DAWN PATROL』

もっとみる
スキ♡ありがとうございます!ボチボチ書いていきます。

2019年に読んでよかった本

せっかくなので読んだ本の感想をまとめてみようと思いました。ノリで。たくさん読んだのでブクログで☆を5個つけたものを選び出しました。

ファクトフルネス

今年の大ベストセラーなので知ってる・読んだことある人も多いかもしれない。「ファクトフルネス=データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣」の内容といかに思い込みから脱するかということについて記載されている。SNSに煽情的な見出しや都合の良いデータの

もっとみる

2019年振り返り。映画編

2019年は映画を観た本数がかなり少ないので、2020年は時間のやりくりを頑張り映画館に足を運ぶ機会を捻出したいものです。

2019年に出会った良かったもの「映画編」です。

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス / フレデリック・ワイズマン

年末に振り返ったときに画と音のイメージが鮮烈に残っているのがワイズマンの映画だった。伝統工芸品のような職人芸に感服。今年も何かしら観れることを期待。

もっとみる