古性のち

写真家・コラムニスト。岡山と東京の二拠点暮らしをはじめました。珈琲ブレイクのようなホッとした時間を綴ってます。たまに写真の話。

古性のち

写真家・コラムニスト。岡山と東京の二拠点暮らしをはじめました。珈琲ブレイクのようなホッとした時間を綴ってます。たまに写真の話。

ストア

  • 商品の画像

    【予約】毎月テーマ帳 2023ver

    ※こちらは予約限定商品となります。 つい後回しにしてしまう、本当は未来に連れていきたいやりたいこと。 何度も手放しては、もう一度掬いあげている夢のこと。 頑張っている自分にあげたい、ちいさなご褒美のこと。 ふとした瞬間に心の中に生まれた種。 忙しい日々に潰されて、なくなってしまわないように。 あなただけの、専用「月記帳」が今年もできました。 -------------------------------------------- > 毎月テーマ帳について -------------------------------------------- 毎月テーマ帳は、毎月自分と約束したことや、忘れたくないことを記すために生まれた専用のプロダクトです。毎月変わる写真と言葉をたのしみながら、自分と約束したことや、叶えたいこと、忘れたくないアイディアの種など自由に書き込みながら使ってもらえたら嬉しいです。 壁にかけたり、本棚に立てかけたり。 小さめのサイズなので手帳や本に挟んで旅先へ持ち歩いたり。 友達と交換してみたり。色んな方法で楽しんでいただけたらと思います。 -------------------------------------------- > 毎月テーマ帳の中身 -------------------------------------------- 12ヶ月分のページを収録。 以下のような構成になっています。 ・右上:その月のテーマを書く欄 ・右下:一言コラム(text by じぶんジカン) ・左側:毎月を彩る写真(photo by 古性のち) -------------------------------------------- > プロデュース -------------------------------------------- ○ 古性 のち / https://twitter.com/nocci_84 写真家・コラムニスト。現在約17万人のファンを抱える自身のSNSでは写真と言葉を組み合わせた作品の発表をはじめ、暮らしに関するコラムやエッセイを展開中。自身オリジナルの「最高の1日を考える」ワークショップを6年ほど前から実践し、2021年6月にノートプロダクトとして発表。半年に1度のペースで書き上げている。 ○ じぶんジカン / https://store.jibunjikan.jp/ 自分と向き合う時間をつくるプロダクトを制作しているブランド。主にワーク型のノートを企画・制作・販売。「my bestday note」のプロジェクトでは、制作・製本まわりを担当しています。 -------------------------------------------- > 毎月テーマ帳の使い方 -------------------------------------------- 1. まずは書き込むことを決めます。箇条書きでも、文章でも。その月忘れたくないことを記しましょう。 2. 壁や棚、日々見えるところに飾ってください。なるべく毎日目が会合う場所をおすすめします。 3. 月の終わりに振り返りましょう。達成できなかったものは次の月に連れていってもOKです。 -------------------------------------------- > 毎月テーマ帳の仕様 -------------------------------------------- ・ポストカードサイズ ・厚みのあるサラサラとした上質紙 ・全ページカラー印刷 以下の2タイプからお選びいただけます。 ● type1:カードタイプ 製本はせずに、ポストカードの形状のままお届け。 手帳に挟んだり、壁に立てかけたりマスキングテープで貼ったりして使う方に、おすすめです。 ● type2:壁掛けタイプ リングで製本してお届け。 カレンダーのように壁にピンで留めて使う方や、1冊にまとまっている方が好きな方におすすめです。 ※ どちらも料金は同じです。「種類」よりご選択ください。 ※ 壁掛けタイプは予約限定となっております。 -------------------------------------------- > 発送方法 -------------------------------------------- ●こちらはご予約商品です ・ご予約期間:2月28日23:59まで ・発送日程:3月13日(月)に発送 ●ご自宅の郵便受けに届きます 発送からお届けまでの日数については、こちらをご参照ください。 - 関東近郊:発送から2〜3日程度 - 上記以外の本州:3〜4日程度 - 北海道・沖縄:4〜5日程度 ※郵便のため日時指定は不可 ●合計冊数によって送料が異なります 配送方法選択にてご選択をお願いします。 ・1~5点:送料300円 ・6~10点:送料600円 ・11~15点:送料900円 ※16点以上は事前にお問い合わせください。 ※スマホのPayIDアプリからご注文の場合は「ご注文内容の修正」の「配送方法」より変更できます。 ※ご予約商品のため、他のプロダクトは一緒にカートに入れられない仕様となっております。もし他プロダクトもご注文いただける場合は、大変お手数をおかけしますが、別途お会計のほどよろしくお願いいたします。 -------------------------------------------- > ご注意事項 -------------------------------------------- 無事にお手元にお届けしたいので、以下の項目を入力後にいま一度ご確認いただければ幸いです。 ・ご住所 ・メールアドレス 発送後、ご住所不明等で戻ってきてしまった場合は、再配送手数料をいただく形になってしまうので、ご注意くださいませ。 また、返品については下記をご確認ください。 https://mybestday.base.shop/law
    1,400円
    Mybestdaynote shop
  • 商品の画像

    my bestday note(旧:最高の1日を考えるノート)

    最高の1日を考えるノート → my bestday noteとして名前が新しくなりました。 この「my bestday note」は、朝から夜までの最高の1日を考え、書くための専用ノートです。 自分の思う朝起きてから夜寝るまでの「最高の1日」を書きながら、3つのSTEPに沿って理想を現実へと変えていく全58Pのノートになります。 爽やかな水色にやわらかい薄茶の活版印刷で高級感のある一冊です。 ぜひ人生の節目で開いてみたり、お気に入りの場所へ連れ出したりしてあげてください。 ***** setで使える質問専用ノートの「to me pocketbook」できました。 2つ一緒に使いたいかたは、こちらをどうぞ。 - https://mybestday.base.shop/items/64139036 -------------------------------------------- > my bestday noteについて -------------------------------------------- 「my bestday note」は、人生の舵取りをしていくための、少し先の自分に渡す手紙のような羅針盤のようなお守りのような1冊です。 「最高の1日」とは人生史上最高の一瞬ではなく「ああ、こんな人生がよかったんだ」とじんわり噛みしめるような、そんな毎日のこと。 このノートには自分にとっての「最高の1日」へ向かっていくための書き方や考え方のポイント、具体例など一緒に伴走できるノウハウを惜しみなく詰め込んでいます。 これからの暮らしや仕事、人生のあり方について1度立ちどまって考えてみたいなと思っている方に手に取ってもらえたら嬉しいです。 -------------------------------------------- > my bestday noteの中身 -------------------------------------------- ノートは全58ページ。前半は使い方の説明、後半は自分で書き込みしていくためのページになっています。全部で4回書けます。定期的にアップデートをしてみてください。 前半の「使い方を知る」では、3つのSTEPで書き方のポイントをご紹介。 ・STEP1:「書く」の説明 ・STEP2:「アイディアを出す」の説明 ・STEP3:「分類する」の説明 後半は、3つのSTEPに沿って実際に「最高の1日」を書き出すページです。 ノート内にこっそりと書かれている3つのコラムや写真もおたのしみに。 -------------------------------------------- > my bestday noteの使い方 -------------------------------------------- 1. STEP1~3までを読みながらじっくりことことmybestdayをつくってみる 2. お気に入りのカフェや眠りにつく前にベッドの上で何度も読み返してみる 3. 3ヶ月~6ヶ月ごとにもう1度書いてみる -------------------------------------------- > 最高の1日を考えるノートの仕様 -------------------------------------------- ・サイズ: A5リングノート ・紙: 中身は書き心地の良い上質紙 ・印刷: 表紙と裏表紙は活版印刷 表紙・裏表紙は、手ざわりも楽しめる活版印刷。ぜひ、そのさわり心地もお楽しみください。 ひとつひとつ丁寧に手製本してお届けいたします。 -------------------------------------------- > 発送方法 -------------------------------------------- ご購入から4日以内に郵便にて発送します。 ご自宅の郵便受けに届きますのでご確認ください。 (郵便のため日時指定は不可) ■ 合計ご注文点数によって送料が異なります。配送方法選択にてご選択をお願いします。 ・1~3点:送料300円 ・4~6点:送料600円 ・7~9点:送料900円 ※ 10点以上は事前にお問い合わせください。 ※ スマホのPayIDアプリからご注文の場合は「ご注文内容の修正」の「配送方法」より変更できます。 -------------------------------------------- > ご注意事項 -------------------------------------------- 無事にお手元にお届けしたいので、以下の項目を入力後にいま一度ご確認いただければ幸いです。 ・ご住所 ・メールアドレス 発送後、ご住所不明等で戻ってきてしまった場合は、再配送手数料をいただく形になってしまうので、ご注意くださいませ。 また、返品については下記をご確認ください。 https://mybestday.base.shop/law * ○ 古性 のち / https://twitter.com/nocci_84 写真家・コラムニスト。現在約17万人のファンを抱える自身のSNSでは写真と言葉を組み合わせた作品の発表をはじめ、暮らしに関するコラムやエッセイを展開中。自身オリジナルの「最高の1日を考える」ワークショップを6年ほど前から実践し、2021年6月にノートプロダクトとして発表。半年に1度のペースで書き上げている。 ○ じぶんジカン / https://store.jibunjikan.jp/ 自分と向き合う時間をつくるプロダクトを制作しているブランド。主にワーク型のノートを企画・制作・販売。「my bestday note」のプロジェクトでは、制作・製本まわりを担当しています。
    2,100円
    Mybestdaynote shop
  • 商品の画像

    【予約】毎月テーマ帳 2023ver

    ※こちらは予約限定商品となります。 つい後回しにしてしまう、本当は未来に連れていきたいやりたいこと。 何度も手放しては、もう一度掬いあげている夢のこと。 頑張っている自分にあげたい、ちいさなご褒美のこと。 ふとした瞬間に心の中に生まれた種。 忙しい日々に潰されて、なくなってしまわないように。 あなただけの、専用「月記帳」が今年もできました。 -------------------------------------------- > 毎月テーマ帳について -------------------------------------------- 毎月テーマ帳は、毎月自分と約束したことや、忘れたくないことを記すために生まれた専用のプロダクトです。毎月変わる写真と言葉をたのしみながら、自分と約束したことや、叶えたいこと、忘れたくないアイディアの種など自由に書き込みながら使ってもらえたら嬉しいです。 壁にかけたり、本棚に立てかけたり。 小さめのサイズなので手帳や本に挟んで旅先へ持ち歩いたり。 友達と交換してみたり。色んな方法で楽しんでいただけたらと思います。 -------------------------------------------- > 毎月テーマ帳の中身 -------------------------------------------- 12ヶ月分のページを収録。 以下のような構成になっています。 ・右上:その月のテーマを書く欄 ・右下:一言コラム(text by じぶんジカン) ・左側:毎月を彩る写真(photo by 古性のち) -------------------------------------------- > プロデュース -------------------------------------------- ○ 古性 のち / https://twitter.com/nocci_84 写真家・コラムニスト。現在約17万人のファンを抱える自身のSNSでは写真と言葉を組み合わせた作品の発表をはじめ、暮らしに関するコラムやエッセイを展開中。自身オリジナルの「最高の1日を考える」ワークショップを6年ほど前から実践し、2021年6月にノートプロダクトとして発表。半年に1度のペースで書き上げている。 ○ じぶんジカン / https://store.jibunjikan.jp/ 自分と向き合う時間をつくるプロダクトを制作しているブランド。主にワーク型のノートを企画・制作・販売。「my bestday note」のプロジェクトでは、制作・製本まわりを担当しています。 -------------------------------------------- > 毎月テーマ帳の使い方 -------------------------------------------- 1. まずは書き込むことを決めます。箇条書きでも、文章でも。その月忘れたくないことを記しましょう。 2. 壁や棚、日々見えるところに飾ってください。なるべく毎日目が会合う場所をおすすめします。 3. 月の終わりに振り返りましょう。達成できなかったものは次の月に連れていってもOKです。 -------------------------------------------- > 毎月テーマ帳の仕様 -------------------------------------------- ・ポストカードサイズ ・厚みのあるサラサラとした上質紙 ・全ページカラー印刷 以下の2タイプからお選びいただけます。 ● type1:カードタイプ 製本はせずに、ポストカードの形状のままお届け。 手帳に挟んだり、壁に立てかけたりマスキングテープで貼ったりして使う方に、おすすめです。 ● type2:壁掛けタイプ リングで製本してお届け。 カレンダーのように壁にピンで留めて使う方や、1冊にまとまっている方が好きな方におすすめです。 ※ どちらも料金は同じです。「種類」よりご選択ください。 ※ 壁掛けタイプは予約限定となっております。 -------------------------------------------- > 発送方法 -------------------------------------------- ●こちらはご予約商品です ・ご予約期間:2月28日23:59まで ・発送日程:3月13日(月)に発送 ●ご自宅の郵便受けに届きます 発送からお届けまでの日数については、こちらをご参照ください。 - 関東近郊:発送から2〜3日程度 - 上記以外の本州:3〜4日程度 - 北海道・沖縄:4〜5日程度 ※郵便のため日時指定は不可 ●合計冊数によって送料が異なります 配送方法選択にてご選択をお願いします。 ・1~5点:送料300円 ・6~10点:送料600円 ・11~15点:送料900円 ※16点以上は事前にお問い合わせください。 ※スマホのPayIDアプリからご注文の場合は「ご注文内容の修正」の「配送方法」より変更できます。 ※ご予約商品のため、他のプロダクトは一緒にカートに入れられない仕様となっております。もし他プロダクトもご注文いただける場合は、大変お手数をおかけしますが、別途お会計のほどよろしくお願いいたします。 -------------------------------------------- > ご注意事項 -------------------------------------------- 無事にお手元にお届けしたいので、以下の項目を入力後にいま一度ご確認いただければ幸いです。 ・ご住所 ・メールアドレス 発送後、ご住所不明等で戻ってきてしまった場合は、再配送手数料をいただく形になってしまうので、ご注意くださいませ。 また、返品については下記をご確認ください。 https://mybestday.base.shop/law
    1,400円
    Mybestdaynote shop
  • 商品の画像

    my bestday note(旧:最高の1日を考えるノート)

    最高の1日を考えるノート → my bestday noteとして名前が新しくなりました。 この「my bestday note」は、朝から夜までの最高の1日を考え、書くための専用ノートです。 自分の思う朝起きてから夜寝るまでの「最高の1日」を書きながら、3つのSTEPに沿って理想を現実へと変えていく全58Pのノートになります。 爽やかな水色にやわらかい薄茶の活版印刷で高級感のある一冊です。 ぜひ人生の節目で開いてみたり、お気に入りの場所へ連れ出したりしてあげてください。 ***** setで使える質問専用ノートの「to me pocketbook」できました。 2つ一緒に使いたいかたは、こちらをどうぞ。 - https://mybestday.base.shop/items/64139036 -------------------------------------------- > my bestday noteについて -------------------------------------------- 「my bestday note」は、人生の舵取りをしていくための、少し先の自分に渡す手紙のような羅針盤のようなお守りのような1冊です。 「最高の1日」とは人生史上最高の一瞬ではなく「ああ、こんな人生がよかったんだ」とじんわり噛みしめるような、そんな毎日のこと。 このノートには自分にとっての「最高の1日」へ向かっていくための書き方や考え方のポイント、具体例など一緒に伴走できるノウハウを惜しみなく詰め込んでいます。 これからの暮らしや仕事、人生のあり方について1度立ちどまって考えてみたいなと思っている方に手に取ってもらえたら嬉しいです。 -------------------------------------------- > my bestday noteの中身 -------------------------------------------- ノートは全58ページ。前半は使い方の説明、後半は自分で書き込みしていくためのページになっています。全部で4回書けます。定期的にアップデートをしてみてください。 前半の「使い方を知る」では、3つのSTEPで書き方のポイントをご紹介。 ・STEP1:「書く」の説明 ・STEP2:「アイディアを出す」の説明 ・STEP3:「分類する」の説明 後半は、3つのSTEPに沿って実際に「最高の1日」を書き出すページです。 ノート内にこっそりと書かれている3つのコラムや写真もおたのしみに。 -------------------------------------------- > my bestday noteの使い方 -------------------------------------------- 1. STEP1~3までを読みながらじっくりことことmybestdayをつくってみる 2. お気に入りのカフェや眠りにつく前にベッドの上で何度も読み返してみる 3. 3ヶ月~6ヶ月ごとにもう1度書いてみる -------------------------------------------- > 最高の1日を考えるノートの仕様 -------------------------------------------- ・サイズ: A5リングノート ・紙: 中身は書き心地の良い上質紙 ・印刷: 表紙と裏表紙は活版印刷 表紙・裏表紙は、手ざわりも楽しめる活版印刷。ぜひ、そのさわり心地もお楽しみください。 ひとつひとつ丁寧に手製本してお届けいたします。 -------------------------------------------- > 発送方法 -------------------------------------------- ご購入から4日以内に郵便にて発送します。 ご自宅の郵便受けに届きますのでご確認ください。 (郵便のため日時指定は不可) ■ 合計ご注文点数によって送料が異なります。配送方法選択にてご選択をお願いします。 ・1~3点:送料300円 ・4~6点:送料600円 ・7~9点:送料900円 ※ 10点以上は事前にお問い合わせください。 ※ スマホのPayIDアプリからご注文の場合は「ご注文内容の修正」の「配送方法」より変更できます。 -------------------------------------------- > ご注意事項 -------------------------------------------- 無事にお手元にお届けしたいので、以下の項目を入力後にいま一度ご確認いただければ幸いです。 ・ご住所 ・メールアドレス 発送後、ご住所不明等で戻ってきてしまった場合は、再配送手数料をいただく形になってしまうので、ご注意くださいませ。 また、返品については下記をご確認ください。 https://mybestday.base.shop/law * ○ 古性 のち / https://twitter.com/nocci_84 写真家・コラムニスト。現在約17万人のファンを抱える自身のSNSでは写真と言葉を組み合わせた作品の発表をはじめ、暮らしに関するコラムやエッセイを展開中。自身オリジナルの「最高の1日を考える」ワークショップを6年ほど前から実践し、2021年6月にノートプロダクトとして発表。半年に1度のペースで書き上げている。 ○ じぶんジカン / https://store.jibunjikan.jp/ 自分と向き合う時間をつくるプロダクトを制作しているブランド。主にワーク型のノートを企画・制作・販売。「my bestday note」のプロジェクトでは、制作・製本まわりを担当しています。
    2,100円
    Mybestdaynote shop
  • もっとみる

最近の記事

書籍の世界を暮らしに招き入れる。人生初めてのpop-up storeをオン・オフ同時でオープンします

これまで「写真やプロダクトの販売はやらないんですか?」という問いに自信を持って“YES”と言ってこなかったのは、あえてそれをやるキッカケを見つけられなかったからなのかもしれない。 だって世の中にはすでに恐ろしいほど沢山の「物」があふれていて、わたし自身も、そんな物たちに埋もれ、窒息してしまいそうな時期があったからだ。 「目についたものはとにかく購入すること」から「本当に心から好きなものだけを暮らしに迎え入れる」を始めてからは、少しだけ呼吸がしやすくなったけれど。 202

    • 【2023年ver】古性のちの「BUCKET LIST」やってみたい100のこと

      これを書き始めてやっと「いや、新年か」と実感が湧き始めた。 思えば、20代はこれを書かないと新年がやってこなかった。私にとっては御節とかお雑煮とか、お年玉にならんでこのBUCKET LISTがあったはずなのに、30代、特にコロナで世界の扉が閉じてしまってからはずっと書いてなかった。 今年は"人生"ではなく"2023年ver"を2022年に久々に書いてみたらとても気持ちが晴れやかだったので、2023年も書くことにしました。ちなみに前回は人生、と大きくくくっていたのだけど「その

      • 2022年に出会った美しい日本の季語まとめ

        2022年もたくさんの美しい日本語と出会うことができました。 季語と写真を編む活動を始めて2年が経ちますが、毎月はっとさせられるような、美しい言葉と出逢います。 豊かな四季とともに歩んできたこの日本という国には、先人達が残してくれた宝石のような言葉たちが一緒に暮らしています。 2023年も丁寧に、自分ができる方法で、未来へ繋いでいきたいと思います。 2022年に出会った美しい日本の季語まとめ 2022年11月30日に書籍を発売しました美しい日本の季語と写真をまとめた本が2

        • 「雨夜の星をさがして 美しい日本の四季とことばの辞典」を出版しました

          去年の秋頃からじっくりと作っていた書籍「雨夜の星をさがして 美しい日本の四季とことばの辞典」が玄光社より本日発売になりました。 いつもお世話になっている、GENICさんでもまとめてくださっています。 言葉と写真と、うつくしい日本古来の季語の世界へ完成までの1年間、この本と向き合わない日はなかったような気がしています。何度も何度も言葉をなおして、デザインを調整して出来上がった一冊。 500の美しい季語と写真とエッセイ、詩、物語までぎゅっと詰め込みました。 まだ実は発売の実

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 今日のなんでもない日記
          古性のち
        • 美しい日本語
          古性のち
        • NFT「ゆらぎ乙女」
          古性のち
        • 雨夜の星をさがして
          古性のち
        • 最高の1日を考える
          古性のち
        • 四季の美しい日本語と写真の待ち受け
          古性のち

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「写真と美しい日本の言葉」から生まれたゆらぎ乙女に込めた想い

          初めましての方ははじめまして。写真家やエッセイスト、コラムニストとして活動している古性のちと申します。 普段は岡山県と東京、そしてたまにタイを拠点に暮らしています。 「写真と美しい日本の言葉」から生まれたゆらぎ乙女を2022年11月にリリースしました。 制作に込めた思いやこれからのことについて、まとめてみたいと思います。 *** 20代の後半から念願だったフリーランスになり、それからずっと世界中を旅しながら生きてきました。 国から国へ渡鳥のように自由に行き来する生活は

          言葉と思考のかけらを集める場所に。共同noteメンバーシップ「伊佐知美と古性のちの頭の中」はじまります

          時折さっと立つ鳥肌に冬の気配を感じ始めた今日この頃。 このたび、伊佐知美さんと一緒に共同noteメンバーシップ「伊佐知美と古性のちの頭の中」を運営してゆくことになりました。 簡単にお伝えすると、ふたりが作っていく場所は、言葉と思考のかけらを集める場所です。 彼女と知り合ったのは数年前。当時同じ時期に世界一周に出掛ける女性がいると紹介され、はじめて出会ったときは「なんかすっごいキラキラしたお姉さんがいるな」と感じたのを覚えています。 世界一周中はそれこそ全然会えなかったの

          【10月開催予定のイベントまとめ】朝のワークショップやあることのご報告会、自由なフルーツサンド

          月が変わると色々と新しいことを始めたくなってしまう。 特に秋はなんだか、年末が近づいてくる心地よい焦りのようなものもあって、ついつい予定がもりだくさんに。 気づけば10月も楽しそうなイベントにまみれていたので、まとめてみます。気になるものはカレンダーにそっと入れておいてもらえると嬉しいです。 随時更新していきますね。 その1. 10月21日20:00~ | 伊佐知美と古性のちのTwitter Space「あることのご報告会」旅仲間で元ルームメイトの伊佐さん。20時からTw

          人間界からのストライキはいつも海の真ん中の、あの場所で。

          基本、人間であることはたのしいことだと思う。 それでも時々、人間ではないものになりたくなるのは私だけだろうか? 特別な何かがあったわけでなくて、なんていうか、ひねくれ者なのか、因果なのか「人間」という枠組みがしんどくなって、そこの輪っかから外れたくなる時があるのだ。 そんな時、決まって訪れる場所が海の真ん中にある。 香川県の島、豊島にある、豊島美術館は世界でいちばん好きな美術館。 もちろん世界中の美術館を訪れたことはないけれど(なんなら私はそこまで美術にくわしくない。興

          わたしは多分、生態系から仲間はずれになってしまった自分の心の置き場をずっと探してる。

          大体noteは書きたいことが固まる前に書き出すのだけど(即興曲的な)、あっちかな、こっちかなって迷いながら進む感じが人生と似てるな、と思いながら今夜も書いてます。 私が文字を綴りたくなるのは大体、ものすごく嬉しかったときか哀しかったときで、今日はどちらかというと後者です。なんでこういう時って文字を綴りたくなるんだろうね。不思議な行動だ。 今夜もあんまりまとまってませんが、備忘録として。 * * * 先日、夜なかなか眠れなくって、癒されたいなあと思いNetflixで

          あえかなる星の住処

          本当にどうでも良い話なのだけど、週末、台風でお家にこもっていて「さて何をしようかな」と思いを巡らせていたら「そうだそうだ。Twitterアカウントの棲み分けをしよう」と思い立ち。 ずっと考えていたのだけれど、なかなか踏み切れずにいたアカウント分離をしました。 というのも、古性のちのTwitterアカウントが「美しい日本語と写真」の作風でここまで伸びてしまったので、今更分けてしまうことに抵抗があった。だけれど、やはり今後の活動や自分の楽しさを考えると分けたくて。 ということ

          【9月分sold out】あなただけの最高の1日を一緒に綴る。伴走サービス「my bestday planner」始まりました。

          ※2022年9月いっぱいトライアル期間中につき、ご参加いただけるのは「my bestday note」または「最高の1日を考えるノート(オレンジ&茶色表紙)」をすでにお持ちの方が対象となります。お持ちでない方・お申し込みができなかった方は10月までお待ちください。 9月分はsold outとなりました この度、私の運営するmy bestday shopからあたらしいサービスをリリースしました。 - my bestday planner - 一緒につくる最高の1日プランデ

          わたしたちは一体どこで間違ってしまったんだろう

          美しい映像を目の前にしながら、頭の中にはそんな言葉が繰り返し何度も浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返していた。 久々に映画を観た。 スカイ・ホピンカ監督の「モスニ 海へ岸へ:アメリカ先住民の魂」というチヌーク・ワワ語の長編作品。 この映画は最初から知っていたわけではなくて、知り合いのお店が主催している映画祭でたまたま出会った。 何本かあったタイトルのうちから直感で選んで、ふらっと足を運んだ。 コーラとポテトとサーモンベーグルをお供に観たこの「モスニ」は、刺激的で、それ

          日々と旅の境界線はもう大人しく、かばんの奥に詰め込んで。旅の在り方を捉え直すためのホテル「石垣島・MEGURU|巡」

          旅に「刺激」以外のものを求めるようになったのはいくつの頃からだろう。 20代のわたしは確かに今まで見たこともないものを求め、食べたこともないものを味わいたくて、世界中を文字通り鳥のように飛び回っていた。 国から国へ、町から町へと出会いと別れを繰り返しながら、自分の中のリセットボタンとスタートボタンを忙しく交互に切り替えながら、時には哀しかったり、辛かったり、お腹がよじれるほど笑ったり。そういう全ての「非日常」がご馳走で、ご褒美だった。 自分の内面と向き合うこととか自然

          【2022年ver】古性のちの「BUCKET LIST」人生でやってみたい100のこと

          先月、嫌なことがあった。 嫌なことがあったときのストレス対処法は3種類くらいしか知らなくて「ひたすら寝る」「ひたすら食べる」「ひたすら片付ける」のどれがである。 大抵前2つのどちらかを選択することが多いのだけど、めずらしくこの時は、3つ目が無性にしたくなった。 まずはキッチン、冷蔵庫、そしてトイレ、押し入れに本棚も。 何かに取り憑かれたようにいらないものをすごい勢いで捨てて、拭いてを繰り返しても、イライラの塊がずっと心に乗っかってとれない。 青唐辛子を食べてしまったときに、

          6月4日(土)夜20:00〜「最高の1日を考える」オンラインワークショップのお知らせ

          わたしを含め、多分多くの人が「しあわせであり続ける状態」だとか「心安らかである未来」を、いつも無意識に探していると思う。 でも人によって幸せとか心安らかな状態は異なるから、きちんとした定義は存在しない。 自由に選べることは素晴らしい。 でも、天邪鬼な私たちは、今度は自由すぎる場所に放りだされると戸惑ってしまうのだ。 凛として見える人の人生をなぞりたくなってしまし、 占いや誰かの助言に頼ってみたくなる。 それで時には乱暴に、放り出してしまいたくもなる。 真っ直ぐに歩く人をみ

          私的にここはナウシカの風の谷。「高知県・津野町」が気持ち良かったので記録

          地域をテーマに活動するTURNS さんとのお仕事をきっかけに、定期的に高知県におじゃまするようになって今年で早2年が経ちました。 「一度だけ地域に訪れる」は何度も経験があるのだけど、お仕事でこうして年に2回・3回と繰り返し同じ場所にお邪魔するのは多分はじめて。 すっかり高知県は私の中で「ただいまの場所」に定着してしまったし、特に四万十町は肩肘を張らずに過ごせる場所になってしまった。 ちなみに高知の旅は、地元四万十町を中心に活動するSTS Incの高瀬さんが一緒。行きつけの