古性のち

フォトグラファー / 物書き。珈琲ブレイクのようなホッとした時間を綴ってます。たまに写真の話。
    • 【毎月配信】美しい日本語と写真待ち受け
      【毎月配信】美しい日本語と写真待ち受け
      • ¥450 / 月

      毎月季節を感じる美しい日本語と写真を4枚編み、撮影場所や背景についての短い言葉を綴り配信しています。(サンプル: https://twitter.com/nocci_84/status/1325356214293651456?s=20) 450円で毎月1日にお届けいたします。 ※ 待ち受け対応サイズ(この他も近いサイズであれば使用できます): iPhone6-8 iPhone11・12 / サイズが合わない方用に背景のみもあります

    • 最高の1日を考える
      最高の1日を考える
      • 3本

      古性のちが半年に一度のペースでやっている個人ワーク「最高の1日を考える」のまとめと、実際にやってみた方々の1日をまとめているマガジン。チャレンジしてみたい時の参考にどうぞ。

    • 今日のなんでもない日記
      今日のなんでもない日記
      • 161本

      放っておいたら、しゃぼん玉のようにいつか頭から消えてしまいそうな、だけれどどこかに残しておきたいような、ふとした日常のひとりごと。昔のmixiのような、とりとめのない文章を認める場所に。

    • 母の闘病生活 -10万人に1人の希少癌「子宮平滑筋肉腫」-
      母の闘病生活 -10万人に1人の希少癌「子宮平滑筋肉腫」-
      • 8本

      2019年6月に診断された「子宮平滑筋肉腫」という奇病と闘う母の忘却録。 進行ステージは3。 いつか誰かの手助けになったら。

    • #FUJIFILMとわたし
      #FUJIFILMとわたし
      • 9本
    • すべてのマガジンを表示

【2021年5月 ver】朝起きて、夜寝るまでの「最高の1日」を考える(指南書付き)

これは古性のちが恒例で行っている「最高の1日を考える」の「こうなれば最高の1日だ」を綴ったものです。後ろの方にはやり方も書いてあるので、やってみたい方はチャレンジ…

【毎月配信】夏に向けて助走する5月の、空の写真と言葉の待ち受け

こんにちは。古性のちです。あっという間の5月。 今月は夏に向かって徐々に走り出すための月かなと思い、 心と体の準備運動のようなイメージで空の写真と言葉を選びました…

450

しとしと、雨の気配が都会に森を連れてくる

晴れの日より雨を好きになったのはいつのことだろう。 いくら記憶の糸を手繰り寄せてみてもどこにも結目が見つからず、引っかかるのは学校の雨の図書室で楽しそうに変な本…

「何でもない文字を綴る」は人生の余白を愛するためのおまじない

自分の心の健康をはかる方法が何個かある。 ひとつめは、聞いたことのないあたらしい音楽を手にとること ふたつめは、外をぼーっと見つめる時間を持てること みっつめは、…

何かを始めてみたくなる4月、勇気をもらうための四文字熟語と写真の待ち受け

こんにちは。古性のちです。 今月も撮りたての写真たちで、日本語と写真の待ち受けを作りました。 どの言葉にしようか、どの写真にしようかと迷っている時が1日で1番平和…

450

【毎月お届け】うららかな春を迎える。3月の美しい日本語と写真の待ち受けを作りました

こんにちは。古性のちです。 少しずつ肌にあたる風もあたたかくなってきて、いよいよ春が近いづいてきたなあ、とまいにち嬉しくなっています。 まだまだ寒い日も続くけれ…

450