自画自賛!私ならコレが着たい「還暦トレーナー」作りました!

きっかけは、ダンナに

「もうすぐ還暦だね」

と、言われた事。

いやいやいやいや!まだ三年あるから!
それに、還暦ってまだ若くね?
ちゃんちゃんこ着ないよ?
トレーナーが着たいなぁ<冬生まれ

んで、検索したらもちろん還暦トレーナーあったんですけどね、
趣味じゃないのね、

じゃ、作ろう。

デザインしました。じゃーん!

トレーナーにしました。じゃーん!

ついでに、季節を考えて長袖Tシャツ

もっとみる
ありがとうございます!ラッキーセブン、7番目のメッセ!今日はツイてる!
6

姥捨山    第4章  全17章

「ただいま」

 疲れた声が真っ暗な玄関に響いた。守は手探りで照明のスイッチを探し、玄関の灯りを点けた。日課では守の声の直後、玲子の返事が帰ってくる。しかし、今日はどこからも返事がない。キッチンから聞こえるはずの調理の音もない。闇に落ちたように静かだ。目線を落とす。足元には健康サンダルが並び、片隅には乾いた傘が傘立てに立ち、いつもと変わらぬ光景だった。首を左右に振ると、違う点を一つあった。下駄箱の

もっとみる
嬉しいです。
10

還暦でも、角度は20代🎵

んんん~~~正確には、「角度は20代の後半」かっ😱でも、四捨五入とは言え、還暦にしては頑張ってるでしょ🙆

ありがとございます☀️ステキな一日になりますように👌
5

連載 ボクっ娘のなれの果て、還暦を迎える。第6回:編集者になる方法

こんにちは。還暦リーチの小説家・魚住陽向(うおずみ・ひなた)です。
のっけからなんですが、美少年系アイドルはたいていお姉さん(もしくは親戚や友達のお姉さん)が本人にはナイショで事務所に履歴書を送っていたことがデビューのきっかけというのが定説ですが、それ以外ではモデルや女優は原宿で「スカウト」が有名な「きっかけ事由」です。

さぁ、それではここで問題です。
Q:私はどうやって編集者になったでしょう。

もっとみる
( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ〜
7

「変わってるね」は誉め言葉✨

風はすっかり秋めいては来たけれど

蒸し暑いさいたまです。

私は人と同じじゃツマンナイ

と思ってます。

子供のころは

目立たず

みんながやるから

同じでいい

自己主張などしない

2歳年下の妹の

影に隠れているような

子供でした。

妹は典型的な次女タイプ

活発で甘え上手で要領がいい

よくどっちがお姉さん?

と聞かれていた。

今でも

間違われる

見た目もあるんだけど

もっとみる
私も好きです
30

テクマクマヤコン テクマクマヤコン

ラミパスラミパス ルルルルルー

この呪文でピンときたかたは

同年代ですねー

「秘密のアッコちゃん」

小学生の頃夢中でみてました。

変身できる

コンパクト欲しかったですね🎵

女性ならば

鏡を見ることが好きな人が多いと思います。

ですが本当の自分の姿は

鏡で見ることはできないのです。

ちょっと

試しに鏡を見てください

顔を作ってませんか?

微笑んで見たり

おすまししたり

もっとみる
メルシー💝
21

親父の還暦

2020/9/16

親父が還暦になりました。

一緒に住んでいないし、普段全く連絡をとらん(そもそも親父はラインすらやってない)けど流石に還暦やし一言いれんとなあ、、と思って電話しました。

知り合いと飲みに行っていたみたいで非常にご機嫌でした。

親父は非常にトリッキーな人物で、俺の物心ついた時から家にはろくに帰らず毎日祇園で飲んでばっか、そんな生活が続いたせいか40代で膵臓が破裂して生死をさ

もっとみる
ほんまに嬉しいです、ありがとうございます!
7

ボクっ娘のなれの果て、還暦を迎える。004:とんねるずと同い年です。

先日こんなインタビュー記事がネット上で話題になっていた。
『「とんねるずは死にました」―戦力外通告された石橋貴明58歳、「新しい遊び場」で生き返るまで』

とんねるずの二人は同い年である。同い年というのは複雑なものがある。

面識はない。取材やインタビューもしたことはない。
ファンではない。憧れたこともない。
彼らを見ていると腹が立つこともあるし、昭和36年生まれ(丑年)の代表みたいな顔をしてほし

もっとみる
( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ〜
15

セカンドライフにも学びの時間を

こんにちわ!
今65歳ですが、58歳の頃、還暦を前に未来にとても強い不安を覚えました。

何を、どこが、どうして不安なの? といわれても本人もよく判らない・・ただ、何となく不安なのです。

キチンとした、理路整然と自分の考えを話せる人は頭おかしいじゃないの?
と思われ、それに対して反論もできないし、判らない自分が情けない。

毎日をモヤモヤしながら過ごしました。
でもある日、モヤモヤしていても仕方

もっとみる
とっても嬉しいです。
2

【NY在住のジャズピアニスト大江千里のコラム「NY 今を生きる」3回目!9月12日の朝日新聞大阪本社版夕刊、掲載されました。まだ間に合う?まだ眠くなければ是非。「還暦の真っ赤な情熱、未来へ」です。
デジタル版は14日(月)ごろ。
【毎月原則第2土曜日に掲載予定です】

嬉しいです。
79