落語公演/講演/出演依頼 受付中

出張落語会・講演企画依頼
ほか各種企画をご用意しております。

落語会企画を数多く
作り上げてきた実績と経験をもとに
イベントの大小に拘わらず
お客様のニーズに添った
相応しい企画を
ご提案・プロデュース致します

「イベント向けの内容を企業で福利厚生としてやりたい」
「大規模の企画を比較的小さい会場でもやってみたい」など

【初めてでも大丈夫】
開催規模/ご予算などの枠組み・高座の道具の貸し出し

もっとみる
これからも応援宜しくお願い致します!

内田樹先生と三砂ちづる先生の対談を聞いてきました!

こんにちは。ふるたです。

5月24日(日)にあった内田樹先生と三砂ちづる先生の対談「自分と他人の許し方」をZoomにて聴講しました。

14時からおよそ2時間半、みっちりお話を聞けてたくさんの気づきがありました!

その中で印象に残った事をご紹介したいと思います。

・日本において、西洋からやってきた概念と土着の概念が合わさると強いものが生まれる。

「西洋の概念は正論を言っているがなんとなく日

もっとみる
ありがとうございます!本当に励みになります!
11

【無料オンライン座談会】5月28日(木) テレワーク反省会2020~実際にやってみてどうだった?テレワークの未来を語ろう~

こんにちは。
日本一背の高いITジャーナリストの久原健司です。

5月28日(木)に講演依頼.comさん主催のオンライン座談会に登壇させていただくことになりました!

オンラインだと背が高いという掴みができないので、どんな掴みをしようか悩み中ではありますが、IT業界のリアルなテレワーク事情をお伝えできればと思います!

参加は無料ですので、ご興味のある方は是非ともお申込みいただけたら嬉しいです!

もっとみる
わたしもスキです!
40

暗がりで光を探し求めるように

日本で唯一、全国の講演会を取材して、その中身を掲載する日本講演新聞です。

私たちが発信している情報の情は「情け」。
思いやりや優しさがあり、読んだ人を元気にする情報発信に努めています。

私たちの使命は、そんなポジティブな情報を得る習慣を提供することで、読む人の人生をより豊かにし、優しさや思いやりが溢れる社会を創ることです。

noteでは特にファンの多い社説をご紹介しています。

 最近、軽ト

もっとみる
ありがとうございます!
4

不登校〜半年間の格闘〜

去年、初めて1年生を持った。

子どもたちは可愛らしくとても生き生きとしていた。

毎日が楽しかった。

しかし、7月わたしのクラスで不登校が出た。

夏休みに入る直前だった。

その日の放課後、母親に電話をかけたところ「理由はわからないです。」そう言われた。

私はとにかくその子がなぜ不登校になったのか原因を探った。

母親から手紙をもらい、養護教諭、学校相談員、私の4人で母親と面談もした。

もっとみる
スキありがとうございます!うれしいです😊
11

褐色細胞腫サバイバー番外編5 まとめのまとめのまとめのまとめのまとめ

こんにちは!
おろしぽんづという芸名でロードコーンを物凄く操るパフォーマンスをしているヤマグチと言います。

はじめて耳にする方が多いであろう褐色細胞腫という激レアな病気の発覚から入院、手術、復帰までを毎日書くのがこの褐色細胞腫サバイバーです。

今回は褐色細胞腫サバイバー番外編5。
手術が終わり、摘出した腫瘍も悪性ではなかったことなど、わかった情報、始めたことが増えたので新たな固定記事として番外

もっとみる
そんなあなたがスキ!
13

双極性障害しか「ない」

タイトルだけ見たら暗い内容のお話に思われるかもしれませんが
その反対です!

僕は自分の病気を曝け出して、今しかできない事を十二分にしたいと思っています。
どんな環境にいてもどんな人間でも生まれた以上はこの人生1度キリ。
どうせ死ぬならこの人生を謳歌して死にたいし
この世に自分の名前を馳せて死にたいです。

ただ普通に生活して、普通に生きていくことさえもできなあい僕にとって
逆に人生を全うしようと

もっとみる
もっと好きになってー!
2

キレイごとじゃないのよ、使命は…HA HAN

全国の講演会の中身を紹介する、日本講演新聞の広報部、重春文香です。

使命や理念ってキレイごとに感じませんか?

理念を唱和していても、どこかで本当にそうなのかな、って思っちゃう自分がいました。

もっと違うところに価値があるんじゃないかって、最近ずっと考えていました。

そして、ようやく分かった気がします。

それは今から29年前、1991年のことです。

水谷もりひと(現/魂の編集長)は、ハロ

もっとみる
ありがとうございました♡
1

【オンライン講演】子育ての今と未来をみつめて

外出自粛もゆっくりと解除されるようですが、まだ感染のリスクがなくなったわけではなく、どのように生活を元どおりにすればいいかは、それぞれが考えていかなければならないようですね。

今、皆さんは何を感じ、どのように先の生活を思い描いておられるでしょうか?

この先、子どもたちの生活はどのように変わっていくのでしょうか?

子どもたちの健康を守るために、そして安心して過ごせる日々となるために、一緒に考え

もっとみる
ありがとうございます。希望の光をいただきました!
8

お知らせ

突然ですが、みなさんにお知らせです。今回のコロナ問題によって、3月以降予定されていた私の講演、指導者研修会等が全て中止になってしまいました。そこで、何人かの指導者の方々から「オンラインコーチング」という形でできませんか?とお問い合わせを頂きました。

以前から私のジムのスタッフ達からもオンラインでセミナーをしてくださいと言われており、また、うちのジムは既にオンラインで個人、チームにトレーニングの指

もっとみる
おおきに!
18