読者感想文

漫画『私のジャンルに「神」がいます』読んだ

漫画『私のジャンルに「神」がいます』読んだ

[購入のきっかけ] Twitterでバズってたから。 [感想] やっぱまとめて読めるの楽でいいわ~おもろかった。 細い帯とVIVAの表紙がおしゃれ(紙で買ったから知らんかったけど当たり前に電子のほうが発色綺麗だな。でも紙もおしゃれでいい。) 目次とかもふんだんに色使っててすごい。 オタク女子はみんな楽しめると思うけど、逆に一般人がどういう感想を持つのか気になるな。

スキ
2
100年後何が“役に立つ”かなんて誰にも分からない 『キリン解剖記』郡司芽久

100年後何が“役に立つ”かなんて誰にも分からない 『キリン解剖記』郡司芽久

国立科学博物館には、カモシカの頭の骨だけで1万点以上保管されています。何のために? それは、博物館に根付く「3つの無」の理念ゆえ。無目的、無制限、無計画。たとえ今は必要なくても、100年後、誰かが必要とするかもしれない、そのために。それが博物館の仕事なのです。科学が目の前の“役に立つ”だけに振り回されがちな現状を考えるにあたって、とてもよい補助線です。100年後何が役立つかなんて、びっくりするくらい誰にも分からないものなんです。 世界一キリンを解剖している郡司芽久さんの『

スキ
10
婚前交渉とイスラム女性 『刺繍―イラン女性が語る恋愛と結婚』マルジャン・サトラピ

婚前交渉とイスラム女性 『刺繍―イラン女性が語る恋愛と結婚』マルジャン・サトラピ

漫画のタイトルに使われた隠語"刺繍"の意味に度肝を抜かれました。どういう意味か分かりますか?言われてみれば納得の意味で、イスラム社会を理解するのに欠かせない隠語だと思います。ちなみに"全面刺繍"もあります。 タリバン政権がアフガニスタンを支配する中で、女性の抑圧が問題となっています。厳格なイスラム社会で、女性はどのような思いをするのか?理解するための強力な補助線となってくれるのが、イラン出身でフランスに住んでいる女性漫画家マルジャン・サトラピさんの漫画です。 『刺繍―イラ

スキ
12
家庭内感染する家族としない家族は何が違うのか 『分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議』河合香織

家庭内感染する家族としない家族は何が違うのか 『分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議』河合香織

考え抜いた末に“あえて積極的には伝えない情報”というものがあります。例えば新型コロナウイルスについて言えば、“スーパースプレッダー”という概念です。 “スーパースプレッダー”という概念河合香織『分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議』を読んで、ずっと自分の中でもやもやしていた問題の一つがくっきりと整理できました。スーパースプレッダーという補助線は強力です。  SARSの時にはある環境で特定の人が著しく二次感染を生み出す「スーパースプレッダー」という言葉が広がったが、人

スキ
19
「カラスのいいぶん」「カラスの教科書」を読んで

「カラスのいいぶん」「カラスの教科書」を読んで

こんにちは。宇宙に夢中な水曜日ですが、今回は子供が夏休みに読んでいた本。 嶋田泰子さん著 「カラスのいいぶん」 転勤族なので、いろんな場所に住んできたけど、カラスと出くわさない地域はまずなかった。 川沿いを散歩中、前の人がカラスに頭を突かれていたり 公園に遊びに行ったら、私の自転車カゴをカラスが漁っていたり (画用紙をスーパーの袋に入れていたので、食べ物と思ったのかな?) 公園でパンを食べようとした人がちょっと席を離れたら、カラスがパンを持って行っちゃったり。(よくみてるな

スキ
2
読書感想文(65)トルーマン・カポーティ作、村上春樹訳『ティファニーで朝食を』

読書感想文(65)トルーマン・カポーティ作、村上春樹訳『ティファニーで朝食を』

はじめにこんにちは、笛の人です。 読んでくださってありがとうございます。 今回はオードリー・ヘップバーン主演の有名な映画の原作です。 ちなみに映画は観たことがありません。 読んだきっかけは、知人のオススメです。 だいぶ前に買ったのですが、久しぶりにその人に会う予定があったのでその前に読もうと思って読み始めました。 感想この作品には全部で4篇の作品が収録されています。 本のタイトルになっている「ティファニーで朝食を」が中篇、「花盛りの家」「ダイヤモンドのギター」「クリスマ

スキ
14
朝の挨拶

おはようございます!
太陽に向かっておはよう!
みなさんに向かっておはよう!
今日やることを書いていけばやっていける!

来週は8月の振り返りを簡単にします!
あとtestosteroneさんの本感想も書くぞ~!

朝の挨拶 おはようございます! 太陽に向かっておはよう! みなさんに向かっておはよう! 今日やることを書いていけばやっていける! 来週は8月の振り返りを簡単にします! あとtestosteroneさんの本感想も書くぞ~!

スキ
1
52ヘルツのクジラたち

52ヘルツのクジラたち

目次 ・この本を読んだ理由 ・感想、学び ・これから ・この本を読んだ理由 夢中になって読みたい小説を探していた。 先輩に勧めれもらった。 蔦屋書店の目の前に置いてある。 ・感想、学び ・虐待の恐ろしさ 物語に出てくる虐待を受ける者たちのダメージは半端ない。 心を壊し言葉までも奪う。 あってはならないと思うとともに、ここまでなに不自由なく育ててくれた両親への感謝を改めて感じた。 ・誰でも52ヘルツの声を持っている 虐待を受けたとか、大きなダメージを受けて要るものだけ

スキ
1
『夏休み』が恐ろしいです。どう過ごしたらいいですか。

『夏休み』が恐ろしいです。どう過ごしたらいいですか。

東大生2人母コーチが伝える夏休みの過ごし方とは。 子どもが一日中在宅している夏休みが恐ろしいというお話を聞きました。 子どもがおとなしくゲームに集中してくれた方が助かるけど、それだとまずい気がする。 かといって、在宅での自分の仕事の時間を確保したいし。 家の中から私の姿を消す。 週末土日のどちらかは、丸一日夫と子どもの時間にして、私がパソコンを持って避難する。その日は仕事に集中する。 家に私の姿がある限り、どうしても子どもは「ママ、ママ。」となってしまう。 呼ば

スキ
7
#7 芥川賞作家が描く青春小説

#7 芥川賞作家が描く青春小説

お疲れ様ですtamacomaです。 今回は町屋良平さんの『坂下あたると、しじょうの宇宙』を読みました。町屋良平さんは、『1R1分34秒』で第一六〇会芥川賞を受賞された方です。芥川賞作家ということで文章の難解、話も小難しく敷居が高いと思われる方も多いと思いますが、高校生が主人公の青春小説となっていてとても読みやすい一冊です。 芥川賞作家の文章を読んで見たいけど受賞作品は敷居が高いし、という方や今の時期だと読書感想文の本を探している学生にオススメしたい一冊です。 以下、帯に書

スキ
3