観光マーケティング

【ペコラー紹介③】わたる

【ペコラー紹介③】わたる

こんにちは! 上智大学3年の航(わたる)です! 9月20日からぺコラーとして参加しています! 神奈川県出身で高校まで野球をやっていました。 旅行がとにかく好きで、バイトで稼いだお金の大半を旅行に使ってます!  旅行先では釣りをしたり、サイクリングをしたり、他にもキャンプ、トレッキングなどアウトドアに代表されるもの全般が好きです。  また、世界遺産検定2級を持っており、世界遺産の構成資産の寺社仏閣や遺産を訪れることが好きです。あとは温泉やサウナも大好きで、旅行先で汗を流して地

スキ
4
「強み」を見つめるためのVRIO分析

「強み」を見つめるためのVRIO分析

デスティネーション・マーケティングでSWOT分析を行っていると、地域の強みや弱みを見つけようと、焦点がその地域にどんどん絞られていく。 それによって、気づかなかった点が見えてくる利点もあるが、同時に視野が狭くなり、他のことが目に入らなくなる危険性もある。 北海道の地域を考えてみる。 気候的な特徴の「冬・雪・寒さ」は、やはり北国・北海道ならではということで、それを強み(Strength)と設定する場合が圧倒的に多い。 異論はない。「冬・雪・寒さ」は大きな魅力であることは間違い

スキ
4
一周回ってSWOT分析
+1

一周回ってSWOT分析

企業経営や事業の分析するフレームワークとして有名な「SWOT分析」。 内部環境の強み(Strength)と弱み(Weakness)、外部環境による機会(Opportunity)と脅威(Threat)という、4つのカテゴリーの現状分析を行う戦略策定方法である。 事業戦略の検討などの実践場面だけではなく、研修や大学の授業でも紹介されることの多い有名な手法だ。地域の観光関係の戦略策定(デスティネーション・マーケティング)においても、まずはSWOT分析から始めることも多いのではない

スキ
3
日本の旅行業は?オンライン市場においてガラパゴス??

日本の旅行業は?オンライン市場においてガラパゴス??

1.リーマンショック以降の世界における 日本の旅行会社の位置づけ私、なべをが2009年から日本人の海外旅行・国内旅行、インバウンドの誘客戦略やマーケティング、チャネル開拓等のお仕事をお手伝いさせていただいてきました。その中で2009年から考えるとものすごい勢いで変化をしてきたのが、いうまでもなくオンライン旅行社の台頭です。いや今ではテック企業と言った方がそのニュアンスがリアルに伝わるかと思います。 リーマンショックのちょうど後の2009年くらいには、まだ世界中で日本人観光客

スキ
11
観光需要の考察

観光需要の考察

はじめに・・・コロナによって私がずっとお世話になっている観光産業が未曾有の事態に陥っていることは周知のとおりです。 インバウンドブームに乗って、いろいろな地域で新たな観光商品の開発や宿泊施設の建設が進んできましたが、地域ごとに2019年の水準を振り返ってみたいと思います。 1.観光客の分類まず、観光客、観光客と言いますが、大づかみに分類する際は「レジャー・ビジネス・その他」の3つのカテゴリーとどこから来たか?という視点の出発国・地域の切り口で整理をすることが実務上は多いで

スキ
1
旅行予約のチャネルシフト?(久しぶりの投稿)

旅行予約のチャネルシフト?(久しぶりの投稿)

OTAチャネル→サプライヤー直販?へ?フォーカスライトが5月1日付で発表したカナダの旅行者の旅行予約は、OTA(Online Travel Agent)のシェアが減少し、今後サプライヤー直販が増加するとのこと。 本編を読んでいないので、何とも解釈が難しいですが、カナダでは2020-2024に向けて、OTAシェアが減少して、直販(飛行機・ホテル)、旅行会社経由が増加するとのこと 今までは、欧州のホテルへの流通チャネルの調査のように(下図)、直販からOTAへと供給量を増加させ

スキ
4
第1章 ホスピタリティ&ツーリズム・マーケティング

第1章 ホスピタリティ&ツーリズム・マーケティング

顧客志向 ビジネスの目的は、満足した顧客、利益につながる顧客を創出し、維持することである。顧客を引き付け、維持するには、顧客のニーズを満たさなくてはならない。そうすることによって顧客は前回利用した観光商品(ホテル、交通、体験など)を再利用するほか、これらのサービスに満足したことを周囲に話す。 顧客を満足させ利益につながることこそ、ホスピタリティマーケティングの第一目標である。 「利益は目標ではないのか」と最も重要なのは利益で顧客満足度は二の次であると言う向きもあるであろ

スキ
1
#BA63[金融リテラシー/一気読み]インバンドツーリズムの回復に備えてマーケティングを考え直してみませんか(2021/3/25)

#BA63[金融リテラシー/一気読み]インバンドツーリズムの回復に備えてマーケティングを考え直してみませんか(2021/3/25)

パンデミックのワクチンの接種が始まり、治療薬の上市も近づく中、インバウンドツーリズムの回復が待たれます。観光は体験であり、遠隔で交流するzoomでは代替出来ません。数年先には日本のインバンドツーリズム需要が戻ってくると考えています。

スキ
1
有料
100
沖縄の観光業をワーケーションで活性化させる方法

沖縄の観光業をワーケーションで活性化させる方法

新型コロナウィルスは、沖縄の観光業に大きな打撃を与えています。2020年の観光客数は、1,000万人を突破した前年から63%も減少しました。年が明けた1月の失業率は全国ワーストの3.6%で、昨年からの増加率は全国平均より1割ほど高くなっています。 Go to キャンペーンと共に、観光業復活の起爆剤として期待されているワーケーションですが、現時点で、その効果は限定的…と言うか、ほとんど効果を上げていません。日本旅行が行ったワーケーションの実態調査を見ると、ワーケーションに「興

スキ
7
有料
1,500
F1・フォーミラーカーがまちなかを走る国〜都市国家シンガポール🏎

F1・フォーミラーカーがまちなかを走る国〜都市国家シンガポール🏎

  2008年から初めてシンガポールで始まったフォーミラーワン(F1)レース。「マリーナベイ・ストリート・サーキット」。ダウンタウンの横にある埋め立て地、マリーナ地区と呼ばれるエリアの公道を使うもので、途中には市庁舎などの街の顔となるような中心地区も走り抜ける。史上初のナイトレースとなることもあって、ファンならずとも期待が高まる。  市街地コースとしては、モナコグランプリ(F3)が代表的だが、それ以外の市街地コースを採用する都市でも、ダウンタウンはずれの公園などが主で、この

スキ
12