英語の歌

きゅーかんばーの転びがちライフ 説明のクセがすごい

色々考えなきゃいけないこと決めなきゃいけないことに気が散りがちなきゅーかんばーです。ひとつひとつ、目の前のことに取り組んで片付けていくのが大事だな。ひとつひとつをちゃんと楽しめたらそれが一番だけど。

娘ちゃんが朝からなにやら張り切ってるな。

娘「今日は英語の歌の一番を教えるんだ。」そうか、パパの妹とのテレビ電話の日だね。叔母さんだけど、おばさんじゃないから妹。歌を教えるの、頑張ってね。

娘「

もっとみる
ありがとうございます(╹◡╹)
2

ドレミの歌で英語のアクセントとリズムを体感しましょう!Let’s sing Do-Re-Mi song!

ドレミの歌は侮れませんよ

ミュージカル「Sound of Music」で有名なドレミの歌はたんなる子供の歌以上の作品です。よく知れば知るほど音楽的にも良くできた曲だと思います。各節のメロディの冒頭がドレミファソラシになっていて、ソルフェージュの音名を覚えるために作られた曲です。英語では do、re、mi、fa、so、la、ti です。(原曲はハ長調(key of C)ではなく変ロ長調(key o

もっとみる
Thank you. It means a lot to me!
17

ネイティブライクへの道〈16〉~音楽を教えるように英語を教えたい~

Welcome again to my endless journey of learning and teaching English!

このシリーズは、ELSA Speak という発音トレーニングアプリの効果を調べるとともに、私の英語教員としてのつぶやきを載せています。

このアプリは、Hikaruさんの記事で初めて知りました。

(タイトルは以前のものに戻しました…すみません。)

前回の

もっとみる
Have some ice cream from Toronto!
31

英語の歌、映画 136

 英検を取らないと損だからと言って、英語の勉強を焦ってはいけません。幼稚園も英語のインターナショナルスクールに入れる必要もありません。  しかしながら、日本人が英語が下手な理由として聴覚の問題が致命的なのだと考えます。
 日本語と英語を聴く際に周波数の領域の違いがある事を頭に入れておいてください。
この周波数帯は、言葉のパスバンドと呼ばれています。英語が2,000~1万2,000ヘルツに対し、日本

もっとみる
スキありがとうございました!
3

今月の歌は 12days of Christmas

【大人も子供も歌ってみよう!】

毎年クリスマス会をするけれど、今年はお教室で...

たくさんのお友達とできる楽しさと、

少人数で楽しむクリスマスも良いなと思い、

今年は"12days of christmas"に挑戦!

クリスマスの歌と言えば

ジングルベル・赤鼻のトナカイ・あわてんぼうのサンタクロースなど

クリスマス気分になる曲がたくさんありますが、

子供達の英語力がどんどんあがっ

もっとみる
I'm happy! (*^_^*)
10

キッズに英語を教えたいなら

 17年ほど海外にいたのだが、昨年帰国した。

 海外に行った時には、子供達は、9歳、7歳、5歳、2歳という状況で、上の3人は、渡航直前に強引に英語クラスにぶちこんでみた。トータルで20時間くらいのレッスンに通ったはずなのだが、その後、英語圏に引越して、現地校に転入してしばらく経ってから聞いてみたら、「日本での20時間の英語クラスは、現地での1日にも満たない、つまり全くのムダだったよ」と言われて衝

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。
6

家庭内バイリンガル教育応援コラム&おすすめの英語絵本 モス幸子

世界標準の子育てに不可欠なもの

こんにちは。
家庭内バイリンガル教育を
応援するモス幸子です。

我が家の子ども達は
二人とも小学生になり、

今はすっかり
学校中心の生活となりました。
週末には

スポーツ行事なども
入ってくるようになったため、

一緒に過ごす時間を捻出するのも
なかなか難しくなっています。

就学前とは
家庭で行うバイリンガル教育の形も
だいぶ変わりましたが、

だからこそ

もっとみる

Stand Out Fit In - ONE OK ROCK (Phonetics)

aɪ noʊ ðeɪ doʊnt laɪk mi ðæt mʌʧ
gɛs ðæt aɪ doʊnt drɛs haʊ ðeɪ wɑnt
aɪ ʤʌst ˈwɑnə bi ˌmaɪˈsɛlf
aɪ kænt bi ˈsʌmˌwʌn ɛls
traɪ tu ˈkʌlər ɪnˈsaɪd ðɛr laɪnz
traɪ tu lɪv ə laɪf baɪ dɪˈzaɪn
aɪ ʤʌst ˈwɑnə bi

もっとみる

Whenever You call - ARASHI (Phonetics)

wiː dəʊnt hæv tuː biː təˈgɛðə
wiː kʊd ˈiːvən biː ə ˈθaʊzənd maɪlz əˈpɑːt, ɑː
ðɪs aɪ ˈprɒmɪs juː fəˈrɛvə
aɪl ˈɔːlweɪz biː ðə laɪt ðæt gɛts juː aʊt ðə dɑːk, əm

nəʊ ˈmætə ðə taɪm
nəʊ ˈmætə ðə pleɪs
ðeəz

もっとみる

英語の歌の発音ー歌唱力がある人ほど、発音には気をつけて!

<英語の歌を歌うとき>
1.「歌唱力」で「発音」をごまかしていませんか。
2.英語の歌の発音は、パフォーマンスの70%を占める?!
3.何が問題なの?-「子音」の抑えが甘すぎるっ!
4.発音を自己流に崩すなら、まず〇〇のべた読みで「基本」から!

あなたの人生を Re:プロデュースする
夢をかなえる英語発音コーチ・波動プロデューサー
Tamakiです。

英語の歌を歌う時、歌唱力がある方ほど、発音

もっとみる
ありがとうございます!
1