紀伊國屋書店

閉店する前に新宿・紀伊國屋書店ビル「モンスナック」のカレーを食べた

子どもにとって新宿は「ウルトラ大都会」だった小学生の頃、都下に住んでいた私にとってターミナル駅の新宿は目が眩むほどの大都会だった。ひとりで電車に乗って紀伊國屋書店本店で横山光輝「水滸伝」全巻を買ったのは4年生の時だったか。親に連れていってもらった際の記憶を頼りに雑踏を辿って、地下…

まもなく終わりのお店のコト…。

大きな地震がくると確実に倒壊してしまうと前々から噂されていた新宿の紀伊國屋書店のビル。 いつかは建て替えられる運命だ…、と言われていたけど建て替えでなく耐震基準を満たすための改修工事をすることになったよう。 確かにル・コルビュジエの弟子、モダニズム建築の巨匠のひとりと言われた前川國…

新宿紀伊國屋前

 大昔のことだ。新宿で待ち合わせ場所といったら、ここか、アルタ前だった。  昔は、新宿によく行った。いまは行かない。おそらく年に、数回だろうか。用事がないからである。  用事? でも、当時は、どんな用事が? 思い出してみる。  思い出の多くは、芝居を観にきていたのである。紀伊国屋ホ…

【電子書籍フェア】Kinoppy10周年記念企画【50%OFF】

こんにちは。連日の投稿で失礼いたします。光文社電子書籍担当の佐藤です。 本日は紀伊國屋書店さんの電子書籍ストアKinoppyさんの10周年記念企画のお知らせです。 題して「出版社横断ビッグセール 今、本当に読んでほしい本はこれだ!」フェアです。光文社からは9冊がエントリー、50%OFFとなってお…

【2021年春の振り返り】紀伊國屋書店で良書探しをしていたら、高校生の教科書販売ブースに突き当たりました。いまの教科書事情がものすごく気になって遠まきにうろつく姿に店員さんが一言、「あっ、保護者のかたどうぞ〜」 この好奇心をほかのところで存分に活かすべく精進したいと思います。

青騎士はここで買える! 青騎士応援書店をご紹介(その2)紀伊國屋書店グランフロント…

いよいよ週明けには発売される、青騎士第1号。 大阪の梅田にある紀伊國屋書店グランフロント大阪店では、青騎士第1号をお買い求めの方に、青騎士の執筆陣が描き下ろしたブックカバー(B6判コミックス用)を配布しています。 絵柄は以下の7とおりです。 ・森薫『乙嫁語り』 中央アジアのメインキャ…

たをやめぶり

【仮名序 (上段)】   この世界には、誰が記したのか分からない作品が存在する。今となっては意味もよく分からない。しかし確実に存在する。そんな話の方が、実は多かったりもする。なぜそんなに多くの物語があるのか。それは人の数だけ物語があり、それはひとり一話ではない。   生きとし生けるす…

兄が教えてくれた新宿・紀伊國屋書店とカキフライの楽しみ/沢野ひとし

 初めて入ったレストランは、新宿三越の横の西洋料理店である。私が小学六年生で、兄は高校三年生だった。  兄はカキフライを二人分注文して、紀伊國屋書店で買った洋書を開き、ブックカバーをしげしげと見つめていた。  都立の優秀な高校に入った兄は、山岳部に入部して休日になると山へと出かけた…

自#353「大学1、2年の頃、紀伊國屋書店で、バイトをしてました。エロ本とか、それほど好…

         「たかやん自由ノート353」  大学1、2年の頃、吉祥寺の東急デパートの9階にある紀伊國屋書店で、アルバイトをしていました。大学生になったら、本屋か古本屋で、バイトをするつもりでした。志望動機は、本が好きだからです。新刊よりは古本の方に関心がありましたが、古本屋のバイ…

引っ越ししたけどまだリビングがリビングでない人です

・引っ越ししました。1週間とちょっと前。新しい家も新しい街もやっとホーム感が出てきたところ。ここには本屋もマクドナルドもミスドもあるのよ。うれしい。うふふ。 ・でもまだリビングでほとんど過ごせてないんだよね。今もキッチンでnoteを書いてる。というのも、引っ越しの日があの大雨の3月13日…