紀伊國屋書店

noteは「#読書の秋2020」で盛り上がっていますが、書店では「光文社新書クラシック&ニュースタンダードフェア」を大展開中!

皆さん、こんにちは。光文社新書編集部の三宅です。10月14日に始まったnote「#読者の秋2020」、光文社新書のエントリー作品にもすでに多くの感想文をいただき、これは選ぶのが大変だなと、今から嬉しい悲鳴を上げている今日この頃です。

さて、noteでの盛り上がりの一方、書店でも年一の大イベントが始まっているのをご存じでしょうか? そう、毎年10月の光文社新書創刊月に合わせて行われる既刊本のフェア

もっとみる
アランちゃんも喜んでいます!
43

夢の夢なら覚めないで🙏三つ巴ラプソディin新宿紀伊國屋❤️

「ちゃんとベッドで寝れば」

気づいたら眠っていた。

革張りのソファで顔を継ぎ目に突っ伏していた。

顔がメスでバッサリ切られたみたい。

誰の声だろう? 

カーテンの隙間から白い光が漏れる。

その日、仕事が手につかなかった。

本屋にでも行こうかと思う。

早く夢から覚めるために。

天豆エッセイ詩小説13
夢の夢なら覚めないで🙏三つ巴ラプソディin新宿紀伊國屋❤️

相変わらず帰りの丸

もっとみる
ありがとうございます!とても嬉しいです。共にnote楽しみましょう☺️
219

サブカル大蔵経251橋口敏男『新宿の迷宮を歩く』(平凡社新書)

乗降客世界最大の新宿駅を誇る現役の要塞であり、同時に昭和の時代さまざまな舞台となった歴史的な街といえる。その街の紹介本としては完璧に近い。歴史、鉄道、店、と最高の展開。さまざまな人種が交わった社交の場としての喫茶店の歴史も、資料としても価値が高い。平凡社新書のシリーズになって、上野や神田や浅草など類書作ってほしいが、この本、新宿だからこそできた本なのかな?

特に、江戸のはずれ、郊外だからこそ生ま

もっとみる
ありがとうございます。
1

ひと味違った本屋さんの楽しみかた

文響社のハッピー担当 浅野です!

私は中学生の頃から授業もまともにうけずに
教科書に隠して本ばかり読んでいました。
中学生の私がハマっていたのが

東野圭吾さん、伊坂幸太郎さん、貴志祐介さん、誉田哲也さん、歌野晶午さんと かなりませています。

父の本棚にあった
東野圭吾さんの「レイクサイド」という小説を読んだのがきっかけでした。 父が読書家なこともあり
父からの誕生日プレゼントは毎年、

もっとみる
ありがとうございます!オススメの本『漫画バビロン大富豪の教え』
12

#本屋で都市を編む 新宿紀伊國屋書店のブックフェアに参加

プロトタイプシティを出したことがきっかけで、このブックフェアを主催している雑誌『MEZZANINE』吹田編集長にお声がけいただいて、都市に関する本を一人2冊推薦するブックフェアに参加しています。

自分が推薦したのはこの2冊。

Kindle版のリンクは貼ったけど、できれば物理本を紀伊國屋書店でお買い上げ頂けると嬉しいです。現地に行くと、選者それぞれの推薦コメントも見られるそうで、行くのが楽しみで

もっとみる
ありがとうございます!
3

📚猛読するときを思い出したよ📚

新卒で就職したのはほぼ群馬な埼玉の北部エリア。5キロの距離をチャリで往復して新しくできた中央図書館に通い、紀伊國屋でバイトするほど本が好きだったわたしにとって、そこにある本屋さんも図書館もとてもではないが飽き足りるものではなかった。

あの頃の楽しみといえば、高崎線に延々揺られて赤羽で乗り換えて池袋のジュンク堂に行くか、終点の上野まで行って(当時は湘南ライナーなんてこじゃれた便利な路線はなかった)

もっとみる
記事書くエネルギー、ありがとうございます!
5

publishing news 2020.08.04

広義の出版関連ニュースをデイリーでまとめています。見落としてたのを後から拾うことも。イベント情報は、参加者募集中のあいだは載せ続ける感じで。

国内

◆ ネットの誹謗中傷、「迅速な被害回復」と「匿名表現の自由」をどう両立すべきか 丸橋透教授に聞く〈弁護士ドットコムニュース〉
https://this.kiji.is/663186056222098529?c=491375730748638305

もっとみる
감사(ありがとうございます)
4

publishing news 2020.07.30

広義の出版関連ニュースをデイリーでまとめています。見落としてたのを後から拾うことも。イベント情報は、参加者募集中のあいだは載せ続ける感じで。

国内

◆ イーブックイニシアティブジャパンの1Q業績、売上が前年比50%増と大幅伸長…新型コロナウイルスやヤフーとの連携で〈Media Innovation〉
https://media-innovation.jp/2020/07/30/jp-1q-re

もっとみる
Danke(ありがとうございます)
3

『文学こそ最高の教養である』まえがき&目次を全文公開

光文社新書編集部から刊行された『文学こそ最高の教養である』。おかげさまで、売れ行き好調です。

この本は、光文社古典新訳文庫の創刊編集長である駒井稔が、14人の翻訳者の方々と語り合ったイベントをもとにした本です。

紀伊國屋書店新宿本店で60回を重ねる、大人気の対談イベント。そのもっとも刺激的で濃厚な部分を、600ページの新書に収めました。

入り口は、文学に詳しくない人でも肩の力を抜いて気楽に入

もっとみる
アランちゃんも感謝しています!
81