マンダム & 正則学園! リトルジェントルマン講座開講❣❣

「う~ん、マンダム✨」 って言ってももうピンとこない人も多いかも知れませんが💦 しかし「GATSBY(ギャツビー)」といえば皆さんおなじみですよね! そうなんです! 本日はなんと、あの有名な男性用化粧品メーカー「マンダム」様にご来校いただき、1年生を対象に特別授業を実施していただきました!! そしてそのタイトルが! 「身だしなみの視点から考える今ドキのジェントルマン」 高校生だって、いやむしろ、男子高校生だからこそ!!日頃から身だしなみには関心を払って爽やか男子で

スキ
14

ありがとう!

一個下の後輩が僕のことを取り上げてくれました!

スキ
2

覚えているとも。

 ワキモトは文章の、物語の力を信じていた。それ故、自ら一時は小説家を目指した。夢破れた今もそれは変わらない。  「文鳥は箱から出ながら千代千代と二声鳴いた。」  国語教師として母校で教壇に立つワキモトの朗読は、怒っているかのような大音声で響く。それは若く青き生徒たちに「文章の力」よ届け、という願いの現れであった。今まさに巣立たんとしている彼らには前途多くの苦難があるだろう。膝折れ、背中は屈し、一歩も動けぬその時にこそ、今、この壇上で読み上げた一文一文が骨となり、筋肉となっ

スキ
29
+1

アオハルへのレクイエム ~56th獅子児祭を終えて~

 僕はなんて幸せな人間なんだろうか。  第56回獅子児祭で実行委員の代表(正式にはチーフプロデューサー兼チーフディレクター兼部門インターフェース兼モデレーター兼ゼネラルマネージャー)を務めさせてもらい、僕は中高生活の「集大成」を迎えることができた。  「集大成」という言葉については閉会式の挨拶でも取り上げたので、まずその時のスピーチを書き起こし記しておきたい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー (閉会式挨拶)  無事大きなトラブルもなく、獅子児祭オ

スキ
4
+5

『15%』

こんにちは、教員Hです。本日は芸術科教員としてではなく、先日行われた特別授業(講演会)の担当者としてお話しさせていただきます。 今回講演者としてお招きしたのは、秦優人(はたゆうと)さん。(写真左) 学於noteで「出藍の誉」という言葉を紹介した時に、最後チラッと話をした教員Hの教え子です。私の自慢の生徒です。 現在、大東文化大学4年生で、卒論執筆の真っ最中。 そんな中、11月19日(金)の午後、本学1年生を対象に特別授業をしてもらいました。 なぜ現役大学生が高校で講

スキ
18

走れ! ナルシス!

 奴はたった一人の演劇部員。奴が現れるまで、我が校に演劇部はなかった。男子校だから無理もない。男子ばっかり集まってやる劇は、必然的に男子校か刑務所の劇になってしまうではないか。だが奴はどうしても舞台の上に立ちたかった。そしてある日、一人で演劇部を立ち上げた。たった一人の演劇部員による一人芝居。セットすらない。それを目にしたことのある者は俺の身内におらず、都市伝説のようになっていた。そいつが演劇部を立ち上げた時と同じ熱量で俺に迫ってくる。なんだかいい匂いを漂わせて。近い近い。俺

スキ
31
+3

男子校で武田砂鉄さんによるジェンダー講演が行われました!!

ごきげんよう。 正則学園高校のSNです。 昨年度から本格的にジェンダー教育が始まり、今年も2年生を対象に校内でジェンダー講演会が行われました!! 昨年度は、大妻女子大学教授の田中東子先生にご講演いただきまして、 今年度は、ライターの武田砂鉄さんによる講演が行われました!! ↓講演の様子↓ 同時刻で、実際にYouTube Liveを使って教室から受講する生徒もいました!! 男子学生が「ジェンダー」を学ぶ機会は少なく、女子学生との「ジェンダー」に関する知識の隔たりが

スキ
11
+3

【花いけ】入試説明会にて花いけバトル?!

ごきげんよう~❣ 今週は全国高校生花いけバトルの激熱week✨ そして花いけ男子はもちろん激熱の真っただ中 11月23日(祝火)関東大会@池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催 優勝   正則学園  松下慎之介&大石新ペア『ニューパイン』❣おめでとうございます❣ そして本日は、茨城大会が開催されております、今晩YouTubeでチェックしなきゃ💦💦 そして東京神田でも、そう正則学園がは東京神田です❣ ここで14時から中学生対象の本学園入試説明会が7階体育館であります。

スキ
10

男子校文芸部は学校空間の権力性を相対化する

世田谷学園文芸部のOBと顧問の対談企画です。 中高を文芸部で過ごしてきた経験がどんな逸材を生み出すのか、お楽しみください。 今回は、昨年2020年8月~12月にかけて行われた対談の後編です。 前編はこちら。 自由と責任の不公正 鵜川 日本的な関係性や場の特徴というか問題点について、高校の現代文では必ず扱ってきたと思うんだ。阿部謹也の「『世間』とは何か」とか、丸山眞男「『である』ことと『する』こと」とか。あれって、「世間」という空気だったり、職場などで割り当てられた役割だった

スキ
9

男子校文芸部は性愛のイデオロギーを相対化する

世田谷学園文芸部のOBと顧問の対談企画です。 中高を文芸部で過ごしてきた経験がどんな逸材を生み出すのか、お楽しみください。 今回は、昨年2020年8月~12月にかけて行われた対談の前編です。 鵜川 はいどうも、始まりました文芸部OB対談。第2回目の今回は、矢口陽二くんに来ていただきました。それでは、軽く自己紹介を。 矢口 こんにちは。2016年度に文芸部の部長をしていた矢口です。大学入学と同時に京都に来て今年度で二年目です(注:2020年時点)。今は大学近くのキリスト教系

スキ
8