産業医

産業医の選任が義務付けられる条件。従業員の多さに応じた産業医の選任について

MEDIATEによると、50名以上の従業員が常駐する企業や職場では、産業医の選任が義務付けられています。
常時50名以上の労働者を使用するに至ってから、14日以内に産業医を選任することも義務です。

産業医に欠員が出た場合も14日以内に選任し、遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出る必要があります。
届出の際に必要な書類は、労働安全衛生規則様式第3号の衛生管理者・産業医選任報告、医師免許証の写し(原

もっとみる

産業医の紹介をするMEDIATEのスポット面談サービスの詳しい概要

日本の経済を支える従業員は、高いパフォーマンスで業務するために、心身共に健康であるべきなのは言うまでもありません。
けれども従業員の健康管理をしてくれる方がいないと、中々従業員の健康問題に気付けず、メンタルヘルスケアが必要になるのは珍しくないです。

MEDIATEは産業医紹介で、産業医の確保に窮している方の力になり、従業員のメンタルヘルスが深刻化する前のサポートをしています。
MEDIATEのス

もっとみる

文脈のない就業上の措置という落とし穴

前回は、就業上の措置である医師の意見は、どうやったら労働者が健康に働けるか、の視点で考える必要がある、という内容を配信しました。今回はさらにその就業上の措置というものに文脈についての落とし穴です。参考にするべき文献がこちらです。

こちらの文献では就業上の措置は5類型が示されていますが、類型5は安易な運用は避けるべきとの言及があり、実際の就業上の措置は主に次の4つの類型に分けられます。

本文献の

もっとみる

産業医は就業を制限する存在?という落とし穴

前回の記事では、健診判定の就業区分が「通常勤務」、「就業制限」、「要休業」という3つに分けられているという話を配信しました。ここに潜む落とし穴が、産業医は就業を制限する立場であると捉えてしまうというものです。たしかに産業医は就業上の措置として、時間外労働(残業)や、夜勤・交代制勤務などについて制限や禁止といった意見を出すことがあります。しかし、産業医は労働者が安全に・健康に働けるように支援するのが

もっとみる

健診で治療の要否を判定するという落とし穴

前回に引き続き健診の話題です。
産業医の仕事の中に、健診判定というものがあります。産業医は健診で何を判定すればよいのでしょうか?

参考にするべきは、厚労省「労働安全衛生法第66条の5第2項の規定に基づく健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針」です。

この指針では、健診を実施した医師(産業医とは限らない)が診断区分をつけ、異常所見がある労働者については企業が医師(産業医や地域産業保

もっとみる

「診断と治療をする」という落とし穴

産業医活動は医療活動ではありません。
企業の中で行う安全衛生活動です。
臨床現場で行うような「診断と治療」は原則として行いません。

少し前には多くの大企業で企業内診療所があり、産業医が治療や処方などの医療行為をしていたことがありますし、いまだにそういった企業があるのも事実ですが今では、多くの場合はそうではありません。

健康診断の結果から疑われる高血圧症や糖尿病などの身体的疾患や、うつ病や適応障

もっとみる

産業医活動のピットフォール配信します!

はじめまして
ガチ産業医です
私はガチ産業医として、産業医科大学を卒業し、産業医としてのトレーニングを積み、現在も産業医学を専門としているものです。

このnoteでは産業医活動をしている方や、これから産業医をしようとしている方、もしくは産業看護職や人事の方などの産業医に関わる方に向けて、産業医に関する情報を発信していこうと思います。

切り口としては「産業医活動のピットフォール(落とし穴)」

もっとみる

産業医の人材紹介をするMEDIATEは利用し甲斐があります。急なご依頼にも迅速に対応します

我が社にも産業医を配置して、従業員のメンタルヘルスケアすべきと考えた方は、産業医の人材紹介をするMEDIATEをご利用しましょう。
メンタルヘルス対策が専門の産業医が登録されて、従業員のメンタルに異常がないかを診断して然るべき対策をします。

休職や復職判定などの経験がある産業医も、MEDIATEに登録されています。
休職や復職判定で判断が難しくて頭を悩ませている方も、MEDIATEの産業医紹介を

もっとみる

一年を振り返ると自分の視座が見えてきた

今日で2019年も終わる。どんな一年だっただろうか?

 先日ふーみんと今年一年の振り返りをしたら、思った以上に濃密な一年だった。

 もともとは、誰かが一年の振り返りをしたり、新年の抱負を言ったりしている姿を少し冷めた目で眺めていたのだが、なぜか今年はやる気になった。

振り返りをしようと思ったきっかけ

 きっかけは落合陽一さん。どうやら落合陽一さんのゼミ生からも「オッチー」と呼ばれているらし

もっとみる
ヤッターーーーー🤗
9

産業医の資質

現在の産業医の資質に疑問があり、その交代が相次いでいるそうだ(12月12日日経)。経験的には産業医を意識するのは、過重残業者への面談と、メンタル不調者の職場復帰の際の面談だ。職場ストレスチェックのフォローも合わせ、いずれも精神科の領域が大部分を占めると思われる。しかし産業医には、他科を専門とする医者も多いだろう。これではなかなか実効性のある助言や監督はできない。加えて、産業医は職場をよく知る必要が

もっとみる