人気の記事一覧

松本人志氏問題を元週刊誌記者が真剣に考察してみた

有料
1,000

松本人志

1か月前

2023年12月27日(水曜)休日。下血をしながら文春の松本人志さんのスクープの余波に1日中考え込まされる日。

ここぞというときの中居正広

2023年12月28日(木曜)★М―1グランプリ、敗者復活戦から観了。年末さまざまな清算と懺悔。園子温問題の松崎さん、童貞問題の加賀さんとの話し合い。「ハカセ会」が神回に。「中学生新聞」くんがメンバーに。宇多丸さんラジオで受賞。山本太郎代表と連絡。

24年2月23日(金曜)☆ 『週刊文春』の「松本人志問題、私はこう考える」リモート取材。東京タワーの麓の制作会社まで行って町山智浩さんとYouTubeの生配信。朝か続いた『自転車泥棒』事件、一件落着。

小西洋之参議院議員が放送局に「松本人志を使うな」と圧力

1か月前

文春の報道を整理する - 10人の告発者による性加害事件の一覧表

現世拒否とお笑い芸人 - 価値観の闘争、中世絵画とルネサンス

【読書コラム】松本人志と孔子と千利休と - 『ディスタンクシオン』ピエール・ブルデュー(著),石井洋二郎(訳)

組織的・構造的・常習的な性上納システムと性加害 - 松本引退、吉本解散、維新崩壊

松本人志さんの件で人の手のひら返しの凄さを感じました

ぶれない評価のために知っておきたいこと

3週間前

追い込まれ提訴 - 松本擁護と文春叩きのプロパガンダを流しまくるテレビとスポーツ紙

「性被害」という凶器

【時事考察】いまや漫才は文学であり、M-1は芥川賞である。だが、松本人志以降の権威化した「お笑い」に未来はあるのか?

週刊文春に対して反論も提訴もできない松本人志と吉本興業 - 焦点は性上納システム

急激な変化についていけない人たち

1か月前

いじり芸は回り回って自分に跳ね返る?

1か月前