スキありがとうございます。フォローもお待ちしてます🤣

100の質問〜96問目を終えて〜

どうも、マットチャンことマット松永です。

【大会】
今回のインタビューを終えて思った事は、「NSCが1番楽だったな」ですね。
NSCにいた当時は辛い事の方が多いイメージでしたが、デビューしてからはライブが少ない日々の方が辛いという状態です。NSCの時は、少なくとも授業があったり、ライブがあったり、何かしらやる事が多いかったです。その分、疲れなども出て辛いというのがあったのですが、今はそのライブ自

もっとみる

怒り方間違えてるやろ!

⭐️⭐️
(星の数でこの記事のオススメ度を五段階で評価しています)

皆さんは日常生活でこんなことを
思った事はないだろうか。

例えば、
親子連れがいたとして
母親が子供に注意をしている場面を
思い浮かべて欲しい。

「〇〇しちゃダメでしょ!」

みたいな感じで

その時、

そんな怒り方あるー!?

と思う事が僕にはよくある。

的外れというか
少し怒るポイントが違うというか

こんな時僕はす

もっとみる
ありがとうございます😊よければフォローお願いします!
3

初投稿 

初めまして。note初投稿させて頂きます😌

初投稿は、簡単に自己紹介とnoteを始めた経緯を書こうと思います✏️

🌼自己紹介🌼

🌱名前 : 無子 
🌱性別 : 女  
🌱年齢 : 20歳 都内の大学に通う2年生
🌱趣味 : お笑いを見ること、古着屋巡り
    音楽(特にあいみょんさんが大好きです)

以上が簡単な自己紹介になります!!

🌼noteを始めた理由🌼

私がn

もっとみる

メモの魔力を読んで

久々にnote書きます。

私は6月ごろから就活を始めて、インターンやら何やらで、まあまあ忙しかった。
色々やっていくうちにぶち当たったのが「自己分析」の壁。
やってるようで、何もやってない気がする。
そこで、多くの先輩が勧める「メモの魔力」(前田裕二)を読んでみることにした。

とても良かった。

私には夢がある。それは、「芸人さんとお仕事をすること」だ。

私は小さいころからずっとお笑いは好き

もっとみる
ありがとうございます!Have a great day!
6

ネタ大好きインスタライブ~即興ネタの罠~

10/24(土)と10/25(日)の2日間、配信ライブ「ネタ大好きインスタライブ」を開催しました。
ネタ4本と即興ネタを尺を気にせずに披露するという内容の配信でした。
この時期の芸人は、賞レースに向け、ネタの無駄な部分を削ぎ落としていく作業をします。
我々は、アドリブで尺が増したネタを次々と披露するという、贅沢なネタの磨き方。
減量中にケーキ食べてる感じ。最高。本当に開催してよかった。

あと、今

もっとみる

フリー素材でひとこと Vol.22

※使用している画像は全てフリー素材です
え!?信じてるふりしてただけ!?

ご主人様が猫飼いたいとか言い出した

振り返ったらおっさんしか
おらんかった

「桃太郎さん鬼ヶ島まで飛ばしますよ」
って言ってるけど多分歩いた方が速い

ん?あっちでしりとり始まりそうだな
りんご、ごりらになった瞬間
ご本人登場してやるか

ムニャムニャ
僕はライオン…

ご主人様が違う女連れてきた

ハリーポッターの撮

もっとみる
次の記事も見てくれ
2

私は松本人志から出来ている。

私は中学生の頃から
ダウンタウンの松本さんが大好きだった。
(現在アラフォー)
あまり頭の良くなかった私には
区立の高校で行ける高校の選択肢がなかった。
そんな私に 先生が勧めてくれた
私立の学校の推薦。
(筆記テストがなく推薦を受けれたら ほぼ100%受かる制度←今あるかは謎)
勧められた高校が 当時某局の近くで
私は 「試験もないし ダウンタウンに会えるかもしれないし メチャクチャいいじゃん!

もっとみる
(*≧∀≦*)
15

浅草ニューウェーブの過去の公演を思い返しながら海外向け映像の感想を書く③(終)

前回の続きです

嶋川武秀のここにあり(殺陣)

第二回公演でもやっていた演目かな?

こちらが、冒頭に出るテロップ

CHANBAR:comedy based on the swordfight
Great teatrical combat sould be done
by the leader disguised as SAMURAI, but…

こちらが、冒頭のナレーション

嶋川武秀ここ

もっとみる
スキありがとうございます……頑張りまーす!

オアシズ・光浦靖子さんについて語らせてほしい。

奇を衒っているのは、奇を衒いたいのではなく、できない自分を隠すためである。

光浦靖子さんのイメージ

私は小学校の頃、バラエティ番組ばかりを見て育ちました。
我が家は食事中もテレビを見る家で、もはや食事をしながらテレビを家族で囲むというのが団欒のスタイルだったようにも思います。

その中でも、毎週欠かさず見ていた番組が「めちゃ×2イケてる」、通称、めちゃイケです。

光浦さんもめちゃイケメンバー

もっとみる
感謝・感激・雨・あられ!お礼に島の砂浜を!
30