『今が、オールタイムベスト』をみました

【芝居のポイント】
 多面的な登場人物たち!
 『靴』というキーワード!!
 否定も肯定もしない描き方!

【アクセス】東京芸術劇場シアターイースト とても簡単

【基本情報】
玉田企画「今が、オールタイムベスト」
作・演出:玉田真也
出演:浅野千鶴(味わい堂々)、岩崎う大(かもめんたる)、神谷圭介(テニスコー
ト)、篠崎大悟(ロロ)、玉田真也、奈緒、野田慈伸(桃尻犬)、堀夏子(青年団)

もっとみる

さまぁ〜ずライブ12を観ました。

さまぁ〜ずライブ12
観てきました〜!しかも千秋楽〜!
東京芸術劇場プレイハウス。
1階N列。
まあね、失敗したと思ったのは
オペラグラスを忘れたことね。
乱視なのか、あんまり顔がはっきり見えなくて。←

最初に思ったのは、
テレビと同じ!っていう。←
そりゃね、そうなんだけどね。
でも、ライブで観ると、ほんとに生きてる人なんだなって実感する。

私はさまぁ〜ず大好きだけど、例えば全部のライブの内

もっとみる
スキありがとうございます!よかったらフォローもお願いします♪
14

舞台「ねじまき鳥クロニクル」をみました

【おすすめポイント】
 生演奏!!!
 ぞっとするようなぞくぞくするような!!!
 役者!!

【アクセス】 とても簡単!

【生演奏】
楽器の使い方が面白く聴きごたえがあった。低音のドラムが誰かの足音に聞こえたり、権力とか暴力的な象徴に感じるとともに恐怖も感じる。人の叫び声のようなトランペット(?)も印象的。私は最初『ねじまき鳥』という言葉を聞いてもその存在を具体的には感じられなかったけれど、ね

もっとみる

「演劇」を演劇として観るということ

【お金と時間の足りない学生の劇評#1】
エブリ・ブリリアント・シング 〜ありとあらゆるステキなこと〜
翻訳・演出 谷賢一
出演 佐藤隆太

 1/25から2/5の期間、東京芸術劇場シアターイーストで上演していた舞台『エブリ・ブリリアント・シング』の観劇経験は、「ある人」の人生の1ページを覗いたというより、新しい世界の見方を教えてもらったという感覚にさせられるものである。そしてそれは物語自体にも、物

もっとみる

【劇評163】森田剛。自らの欲望のために悪魔に魂を売り渡してしまった男フォーチュンを演じる。☆★★★★

だれにでも好みはある。
 傾きのある翻訳劇に惹かれてしまうのは、かねてから気がついていた。  傾きというと、曖昧な表現だけれど、主流派ではないと思ってもらってもかまわない。
 過激で、悪ふざけをしながらも、真実に突き刺さっている舞台に惹かれてしまう。

 劇作家サイモン・スティーブンスの新作『Fortune(フォーチュン)』(広田敦郎翻訳 ショーン・ホームズ演出 ポール・ウィルス美術・衣裳)は、フ

もっとみる
「好き」って言い言葉ですね!
1

演劇界を震撼させた 広瀬すず

広瀬すずの登場が、演劇界を一変させるかもしれない。

  野田秀樹作・演出の『Q』は、近年の野田作品のなかでも、集大成というべき舞台だった。日本の現代演劇を代表する野田の舞台は、近年、キャストの固定化があきらかにあった。

 たとえば『贋作・桜の森の満開の下』は、まるで現代演劇のオリンピックとでもいうべきオールスターキャストだったが、片方で、新人の発掘という面では、物足りなさがあった。
 こうした

もっとみる
「好き」って言い言葉ですね!
4

劇場に行く前に、夕食はどこで、何を食べるべきか。

悩ましい問題で、みなさんそれぞれの準備をされていると思う。

 もっとも、私の場合は、勤務先から劇場に直行する場合がほとんどなので、余裕を持って開演前に食事をするのは、なかなかむずかしい。

 かといって、コンビニのおにぎりやサンドウィッチは寂しい。ドトールに行くだけの余裕があれば、まだ、マシな方かもしれません。

 もし、開演一時間前に劇場に着いた場合。私がしょちゅう利用するのは、こんなお店です

もっとみる
「好き」って言い言葉ですね!

劇場へ行ってきました

昨日は、『携帯を捨てて、劇場へ行こう』のスローガンに導かれ、NODA・MAPのQを鑑賞してきました。

野田さんといえば、中学生くらいの時かな?テレビでストーンヘンジ三部作を観て、スゴイ!と思ってから、いいなと思っていたのですが、劇場へ足を運ぶ機会もなく、今回が初の生舞台鑑賞です。ロミオとジュリエットが侍の時代に降臨してしまう物語なんですが、色んな宝物が隠れていて、とっても面白かったです。広瀬すず

もっとみる
ありがとうございます(^✇^)嬉しいです
27

野田秀樹作・演出の『Q 』。英語版監修という仕事

野田秀樹作・演出の『Q The Night At The Kabuki』のチケットが取れないと、周囲から悲鳴が聞こえてくる。

 面はゆいことに、私の名前が、パンフレットなどに「英語版監修」とクレジットされている。だからか、「なんとか、なりませんか」と聞かれることもある。「無理なんです」と小声で答えることにしている。

 もっとも、NODA MAPの席を確保するのは、これまでもむずかしかった。 

もっとみる
「好き」って言い言葉ですね!
5

2019年11月24日 初投稿

Twitterからnoteにたどり着いた

簡潔な文章で不特定多数の方に想いを発信できるから。

でも短文だとしてもその人に文才があるかどうかってわかるんだよね。

挨拶代わりに最近僕が書いてTwitterに投稿した文章を貼ります。

舞台演劇の劇評です。

これからよろしくお願い致します。

もっとみる
ありがとう!
2