本日発売!結婚してから同じ布団で寝てません

本日発売!結婚してから同じ布団で寝てません

またまたご無沙汰となってしまいました! 編集者1年生、ついに初めての書籍が発売されました〜!!! (そして2冊目が校了真っ只中です) 今日は私が編集者になって初めての担当作品になった 「結婚してから同じ布団で寝てません」著 小池ぬーみんさん との裏話を少しだけお話します。 入社した時点でこの作品の書籍化は決まっており、ネームのやりとりもすでに松田さんと始まっていました。 私はそのやりとりを一緒に横から見てる…という状態で、こんなふうに赤入れしていくんだな〜。ぬーみんさ

24
折本の制作 承ります

折本の制作 承ります

お仕事依頼記事として書いています。 けれど、一緒に楽しく作っていくようなスタンスで、折本の幸せをおすそわけできればと思ってます。 料金を設定していますが、割引の条件も考えました。様々な状況に合わせて個別に対応していきたいと思ってます。 ぜひ一度お試しくださればと思います。 実際には諸々まだまだ不完全です。正直、とても不安ですが、ひとつひとつ作りながら、学ぶことができたらと考えています。 この記事も加筆修正を適宜していきます。 どうぞよろしくお願いします。 楽しいことを、

11
【10】一緒に見たい景色があるから

【10】一緒に見たい景色があるから

こちらは世瞬舎さんのブログに寄稿した原稿になります。 こんにちは。デザイナーとして世瞬舎さんに協力しております「辰巳ろん」と申します。今日は、デザイナーの視点から世瞬舎さんのことをお話します。 私がnoteで、神谷京介さん作の小説『未来の言葉』を読んで、それを「本にさせてもらえませんか」とお声をかけたのは、一年半以上前になります。それからいろいろなことがあって、世瞬舎さんが設立され、『未来の言葉』も無事に書籍化されました。今や、『未来の言葉』の作者であり、世瞬舎さんの代表

2
100
『文芸ピープル 「好き」を仕事にする人々』著者・辛島デイヴィッドさんインタビュー

『文芸ピープル 「好き」を仕事にする人々』著者・辛島デイヴィッドさんインタビュー

ここ数年、英語圏で日本文学の需要が高まっており、なかでも女性作家の作品が注目を集めているという。日本文学の英訳に携わる翻訳家、編集者、書店員、文芸イベント運営者といった「文芸ピープル」の声を聴き、英語圏における日本文学の現在を明らかにしたのが本書だ。 著者の辛島氏は1979年「東京生まれ、埼玉育ち」で、イギリス人の父と日本人の母を持つ。日本のインターナショナル・スクールからアメリカの大学、イギリスの大学院へ進み、現在は早大准教授を務める。自身も金原ひとみ『蛇にピアス』などを

11
プロがその場で100%の力を出して作ってる、それが書籍なんだ!!!!

プロがその場で100%の力を出して作ってる、それが書籍なんだ!!!!

noteの更新完全にストップしておりました…!! 描きたいことはワンサカあってそれについて1つ1つ順序よく書いていこうかなと思っていたんですけど、こういうのはライブ感命だ!!! ということでまずは創刊第1号の入稿が終わり感じたことを話させてください。 作家として何度も入稿作業はしましたが編集者としてはもちろん初めてのことばかり。 そして私、凄い勘違いしてました。 作家時代も編集者さんは忙しいと思っていたし、書籍には色んな方の力が加わっていることもわかっていたし、喜び

60
企画力のない私の挑戦:インタビュー100人企画をやろうと思ったわけ

企画力のない私の挑戦:インタビュー100人企画をやろうと思ったわけ

新卒で入った自費出版をメインに取り扱う出版社をスタートに、その後も本作りやモノを書く、という世界をうろうろとしてきた私。情報や、人の思想、意見…そういったものを“自分の知らない誰か”に届けることができる“本”という媒体の持つ力に惹かれ、この業界を切望したにも関わらず、じつは私、出版人として最も大事な素質が欠けていたのです。それが、 / 発想力とアイディア具現化力(企画力) \ なんとまぁこれ、いちばんないとアカンやつです。 両方ともに乏しくて(少なくとも自分ではそう感じ

6
カフェでの執筆作業はやはり快適!

カフェでの執筆作業はやはり快適!

今日は久しぶりにカフェで執筆作業しました。昔は毎日カフェに入り浸って仕事をしていたのですが、2.3年くらい前からは家でするようになりました。 特に今の情勢になってからは、カフェで仕事をするのを控えていたんです。でも最近、買い物がてら近所のドトールに親とよく行くのですが…めちゃくちゃ作業しやすそうな環境なのです!! アクリル板設置されるようになったのもあり、カウンターはまるで半個室のように、自分だけの作業スペースを確保できるんです。しかも、繁華街とかではないので、結構お客さ

4
ただいま、奮闘中です

ただいま、奮闘中です

写真の花はカラタネオガタマです。だいたい5月頃に咲くので、今年はもう終わってしまって、今は花のない木を眺めています。 個人的に、私はこの樹木の大ファンです。なので、ちょっと季節外れですが、お目にかけたくて。 花もかわいらしいですが、香りのよい樹木(バナナのような香り)、そして、大きさもコンパクトなので、よく植えられていますよね。 さて、せっかく始め、楽しみに書かせて頂いているnoteですが、昨日はついに記事を書くことができず。 理由は、今、締め切りのさしせまった仕事を

3