田中青紗(たなか あさ)

エッセイと物語を書く人。ライター。まだ夜が明けてほしくないと思う人が、布団の中で読みたくなる文章を書いています。noteで作品公開中。お茶の時間と朝ごはんが好き。Instagram▶︎https://www.instagram.com/tanakaasa_life/

田中青紗(たなか あさ)

エッセイと物語を書く人。ライター。まだ夜が明けてほしくないと思う人が、布団の中で読みたくなる文章を書いています。noteで作品公開中。お茶の時間と朝ごはんが好き。Instagram▶︎https://www.instagram.com/tanakaasa_life/

マガジン

  • 短編小説まとめ

    これまで書いた短編小説をまとめました。

  • ふみのわ

    • 44本

    文芸部「ふみのわ」の文芸集です。 顧問のわたし、文(ふみ)先生が定期的に課題 "ぶんげぇむ" を出しますので、部員の皆さんはしっかりと課題に取り組んでくださいね! もちろん部員でない方も、ご自由にお読みいただけます。 ぜひフォローしてくださいね。

  • 今夜、ご自愛させていただきます。

    「ご自愛」がテーマの連載小説です。全12話予定。

  • note毎日更新した記録

    2019年7月〜2020年12月末まで毎日更新したnoteの記録です。

最近の記事

固定された記事

【第1話】今夜、ご自愛させていただきます。

「もしかして、お客様も“ゴジアイ”ですか?」 喫茶店のテーブル席。深い赤色のソファに座り、ノートに文字を書き込んでいた私に声が降ってきた。 「えっ?」 3ヶ月前の冬、私は「ご自愛」に出会った。 *** 「ははん。さてはデートですな」 遅番スタッフの杏子ちゃんはニヤニヤしながら私を上から下まで見ている。いつもと少し違う雰囲気の私服に着替えたからといって、すぐにデートと結びつけるのはいかがなものか。何度も「違う」と言っているのに、恋愛大好き・杏子ちゃんは「良子さんデー

スキ
164
    • webメディア「ROOMIE」で、短編小説の最終話が公開しました!今回は「自家製ラムレーズン」を作った話。ラムレーズン作りとても楽しかったです。 これにて小春ちゃんの話は終わりです☺️全三話読んでいただき、ありがとうございました! https://www.roomie.jp/2022/09/880313/

      スキ
      19
      • 「私はライターから作家になりたい」活動名を変えた1年後に待っていた世界

        2021年9月1日。 私はある決断をしました。 これまで名乗っていた活動名を変え、作家を目指して「田中青紗」として生きていくことを。 * 「田中青紗」になる前の私は、「ライター」「フリーランス」に関する発信を主にしていました。 ライターの仕事のこと、自分がキャリアチェンジをするために考えていたことなど、わかりやすくいうと“情報寄り”な発信が多かったです。 当時はライターの仕事をしながら、noteでエッセイや短い物語を書いてはいたものの、堂々と「創作の仕事がしたいで

        スキ
        167
        • 8月31日に公開予定だった「ROOMIE」の短編小説(最終話)ですが、公開予定日が変更となりました🙇‍♀️また決定したらTwitterにてお知らせします(Twitter:@tanakaasa_life) 第一話はこちら↓ https://www.roomie.jp/2022/08/869715/

          スキ
          10

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 短編小説まとめ
          田中青紗(たなか あさ)
        • ふみのわ
          文芸部『ふみのわ』 文先生 他
        • 今夜、ご自愛させていただきます。
          田中青紗(たなか あさ)
        • note毎日更新した記録
          田中青紗(たなか あさ)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          本日webメディア「ROOMIE」で、短編小説の第二話が公開しました!今回は「グリーンのある暮らし」にチャレンジした主人公。観葉植物を買おうと思っていたけれど……? https://www.roomie.jp/2022/08/873390/ 個人的に特にお気に入りの回です☺️最終話は8月31日更新予定です!

          スキ
          14

          【TGC創立70周年記念展】展示会作品

          *** 天井の蛍光灯がもうすぐ切れそうだ。チカチカと規則的に点滅している光を瞼の奥で感じる。 今日は何月何日だろう。一年中暖かい現代の日本を生きていると、何百年も昔に“四季”があったなんて信じられない。 「あと三ヶ月」と言われてから、一年は持ったのだろうか。起き上がることも喋ることも、今の俺にはもう難しい。 誰かが手を握っている。ゆっくりと握り返す。「今日はいい天気だよ」と声が聞こえ、隣にバディがいることがわかり安心した。「もうちょっと話そうか?」と聞かれて二回手を握

          スキ
          8
          有料
          100

          【ご報告】メディアで短編小説を執筆しました

          いつもnoteを読んでいただき、ありがとうございます。今日はとても嬉しいご報告です。 最近は展示会についての記事が多く、今回もご報告の記事となるのですが……!noteのフォロワーのみなさんにはぜひお伝えしたく!!!! なんと、webメディア「ROOMIE(ルーミー)」にて、短編小説を書かせていただきました! しかも全三話という夢のような展開。一話だけではなく、三話分も書かせていただきました(あれこれ夢かな) 本日第一話が公開されました。 ROOMIEは「おうち」にま

          スキ
          71

          いよいよ明日から。展示会が始まります

          こんばんは、青紗です。先日お知らせしていた展示会が、いよいよ明日から始まります! 今日は改めて展示会についてと、私たちが在廊する日程についてお知らせします。 * 今回私が出展するのは、東京グラフィックデザイナーズクラブ(TGC)さんが主宰する、「TGC創立70周年記念展」です。 テーマは「つなぐ」。さまざまなクリエイターの「つなぐ」を表現した作品が展示されます。 私一人で出展するのではなくて、クリエイターのダイスケクスモトさんと、キコさんと一緒に、3人で一つの作品を

          スキ
          23

          【一部公開】 展示会作品

          2XXX年の日本では、この世に生を受けた瞬間から、一人につき一体の人工知能ロボット“バディ”がつく。 バディは人間たちにとって家族であり、友達であり、恋人であり、夫婦だ。 孤独死、少子高齢化、介護問題、未婚率上昇が問題視されている現代。政府は全ての原因を「寂しい」感情のせいだと判断し、人間が絶対に一人にならない状況を作り上げた。 生まれてから死ぬまで、人間を一人にさせない。 そのために私は生まれた。 --私は詩(うた)のバディである。 *** 「製造番号『D-9

          スキ
          22

          【8/17~8/21】展示会に出展します

          こんにちは、青紗です。今日は展示会のお知らせです。 今月、東京グラフィックデザイナーズクラブ(TGC)さんが主宰する、「TGC創立70周年記念展」に出展します! テーマは「つなぐ」。さまざまなクリエイターの「つなぐ」を表現した作品が展示されます。 以下、詳細です。 今回私は声をかけていただき、出展させていただくことになりました。 私一人で出展するのではなくて、クリエイターのダイスケクスモトさんと、キコさんと一緒に、3人で一つの作品を作りました。それぞれの得意(好き)

          スキ
          20

          我が家には、もうルールなんてないと思っていたけれど

          6月、「父の日」のプレゼントを贈った。 北海道の海鮮が数種類入っているおつまみセット。ホタテやいくら、大きなホッケなど、海の幸がぎゅっと詰まっていて、注文しながら私も食べたくなってくる。 えーっと、冷凍便でのお届けね、到着日は◯日で大丈夫。はい、注文完了。 母に電話をして「注文完了したからお父さんにサプライズで渡してね〜」と伝える。きっと父は気づいていると思うけれど……私が何を注文したのかは、当日まで内緒である。 * 配達予定の当日、仕事をしているとピコンとスマホが

          スキ
          88

          コメントは、私にとっての「推進力」だ

          noteやTwitterでいただいた、嬉しいコメントをスクショする癖がある。 情報が溢れかえっている現代で、私の発信を見てわざわざコメントをしてくれることがまず嬉しくて。「楽しみにしています」「共感しました」など、温かい言葉をもらうたびに、熱いものが込み上げてきてしまう。 きゅんとした気持ちを込めて、私はパシャリとスクショを撮影。写真フォルダの中には、これまでスクショをした言葉が並んでいる。 保存されたコメントを定期的に見返して、私はエネルギーをもらう。 * 優里さ

          スキ
          40

          1K6畳の部屋で、小さなデスクを使う私は、「恥ずかしい」と思っていた

          私の部屋は狭い。 1K・6畳。一般的な賃貸の部屋を想像してもらえたらと思う。畳の広さはさまざまだと思うんだけど、「ワンルーム・1K」は東京で一人暮らしをする間取りとして多い気がしている。 キッチンは一口コンロだし、食事や仕事、睡眠をする空間は全て一緒。部屋の広さや収納も限られているため、家電や家具をそこまで増やせない。 とはいえ、住んでみると特別不自由はない。一人暮らしをする上で、必要なものは揃っているし、部屋数が多いと掃除が大変である。案外こじんまりとしているほうが、

          スキ
          1,204

          仕事のための文章、自分のための文章

          ライターとして書く文章の量が多くなったとき、だんだんと自分のための文章が書きたくなってくる。 文章を書く仕事ができることは非常に嬉しい。体力や気力が続く限り原稿と向き合っていたい。 しかし不思議なもので、ライターとして書く量が増えると、私はnoteに、日記に、自分のための文章を書きたくなってくる。 腕はとっくに疲れているし、考えることも今日はもうやめにしたい。とりあえずヒートアップした頭を冷却させるために、冷えピタを貼って眠りたい。天井を見上げてボーッとしたい。なのに、

          スキ
          117

          クリームソーダ作りを楽しくするアイテムを買ってしまった

          ついに買ってしまいました。 アイスクリームディッシャーを……! * アイスクリームディッシャーは、アイスを一定量すくい、形を整え、きれいに盛り付けられる道具のこと。簡単にいえば、お店で食べるような丸いアイスが作れるアイテムです。 このアイスクリームディッシャーがとても欲しかった私。 これまでアイスをすくうとき、スプーンを使ってくり抜いていたんですけど、きれいにまとまらず、なんとなくモヤモヤしていました。 特に最近だと、クリームソーダにハマっていて、「アイスを丸くの

          スキ
          66

          学生向け「エッセイコンテスト」が開催中です

          こんにちは青紗です。今日はエッセイコンテストについてお知らせします。 現在、『マイナビ学生の窓口』で、学生投稿プロジェクトが実施されています。「#大学生の目線から」というプロジェクトで、学生さんの日常や気づき、目線を投稿してもらう内容となっています。 「エッセイ」「フォト」「川柳」のコンテストが同時に開催されていて、なんと今回、私はエッセイコンテストの企画に携わらせてもらっています!(嬉しい!) キーワードから連想したエッセイを書いて送ってください。 「ガチャ」だとい

          スキ
          16