末期がん

でしょうね。

うん。
知ってたよ。

ステージⅣ。
多発骨転移・脳転移・リンパ節転移あり。
確定診断が下った昨日。

検査の結果、
特定の薬が使えるかどうかもすべて陰性。

ガイドラインに沿った治療による
延命&緩和ケアで
本人がより充実した生活を送れることを目指す。

要するに現状維持以上は望めない…
ってことなんだろう…な。

         〜

絶望的な診断結果。

でも
本人&家族は希望で笑った。

もっとみる

27.父について ~倒れてから~

そんな父は、動けなくなった時も、

救急車で運ばれているときも、動じません。

「困ったなぁ~。みんなに迷惑かけちゃうな。」

そんな感じ。

さすがに、末期がんの宣告を受けた時は、

ちょっと慌てるかと思いましたが

「しまったなぁ。なぜか、前立腺がんだけは

検査していなかったなぁ。」

と、まるで

「しまったなぁ。あの番組、録画予約忘れちゃった。

見たかったんだよなぁ。」に

置き換えて

もっとみる
ありがとうございます😊

noteのこの機能は、使う気なかったんだが、まあ絶対に使わないと意地張るモノでもないし、1回呟いてみる。

進展型小細胞肺がんの進攻/マインド・ゲームス編

端的に言ってしまえば、自分がいつ死ぬつもりで、人生の残務整理をすればいいのか、それがよく分からないのだ。それは三ヶ月後なのか、一年後なのか、はたまた五年後まで生きられる可能性はあるのか。勿論、それは末期がん由来の生存率見積もりであって、今日クルマに跳ねられて死ぬ可能性だってある。

前回『進展型小細胞肺がんの進攻/スーパーマーケット編』
https://note.com/memo8/n/n1955

もっとみる

進展型小細胞肺がんの進攻/スーパーマーケット編

末期がんと戦って勝たなければならない、それがプランA。が、自分は別にがんばって生きる必要はないのだ、今すぐ死んだっていいのだというプランBという選択もあるのだよという状況。

前回『進展型小細胞肺がんの進攻/コオロギ編』
https://note.com/memo8/n/n9f726650c8b4

どうやって死んでいくか。自分の痕跡を少しずつ消していって、誰も気づかないように小さくなって、やがて

もっとみる

進展型小細胞肺がんの進攻/まだ目は醒めた編

進展型小細胞肺がんの進攻/まだ目は醒めた編

さて、1回目の抗がん剤と免疫チェックポイント阻害薬の投与で入院したのが11月27日(水)、退院したのは12月6日(金)とういのは、前々回に触れた。

前々回『進展型小細胞肺がんの進攻/書いてやるって編』
https://note.com/memo8/n/nd7b3ccbc2acf

前回『進展型小細胞肺がんの進攻/2回目投与ライブ編』
https://

もっとみる

クリスマスプレゼントとかお年玉って大切

とりありず、しばらくは無料公開で書いていくつもりなので、「サポート」とかどうやってやんのか分からないって人は、この記事買ってください。あえて強気の値付け、かつ返金申請受けない設定なので、お気をつけて。

カードで簡単に買える筈。

また記事を既に買った人は、同じ記事は買えないので、ツキイチくらいで、新記事追加していきます。2019年12月-2020年1月期は「貴方こそがサンタクロースバージョン」!

もっとみる

進展型小細胞肺がんの進攻/2回目投与ライブ編

2回目投与初日リアルタイムなう。

あーいい点滴だった。免疫チェックポイント阻害薬、抗がん剤2種に、吐き気止めまで入って、ぐんとお得な感じで。テセントリクなんて、ものの30分で落として、さくさく投与。

おっと、点滴落ちてるの、動画で撮ればよかったか。

前回『進展型小細胞肺がんの進攻/書いてやるって編』
https://note.com/memo8/n/nd7b3ccbc2acf

次回『進展型

もっとみる

進展型小細胞肺がんの進攻/書いてやるって編

入院したのが11月27日(水)、退院したのは12月6日(金)なので、初回抗がん剤投与の入院は結構長丁場。

前回『進展型小細胞肺がんの進攻/エンターテインメント編』
https://note.com/memo8/n/n32e06b0d9ade

入院生活は概して暇なもんだが、おれぐらいの入院のプロになると、時間のやり過ごし方は問題ない。とは言うものの、今回は初めての抗がん剤投与だった事もあり、さす

もっとみる