日経産業新聞

正しい戦略よりも「熱量のある戦略」であることが重要ー負けない経営戦略の立て方〜不確実な時代に求められる思考法
+9

正しい戦略よりも「熱量のある戦略」であることが重要ー負けない経営戦略の立て方〜不確実な時代に求められる思考法

2021年9月28日(火)に開催したNIKKEI LIVE「負けない経営戦略の立て方〜不確実な時代に求められる思考法」では、不確実性の高い現代において、小さな失敗を繰り返しながら、それをどのように自己成長につなげていけばいいのかについて議論しました。イベント内容の一部をご紹介します。 コロナ禍においてもサービスが非常に注目を集めていたオイシックス・ラ・大地社長の高島宏平さん、長年経営コンサルタントとして活躍され戦略の歴史に関する書籍も多数執筆しているKIT虎ノ門大学院教授で

スキ
21
AIによって人間のあらゆる価値観が変えられた未来は「ハイパー原始社会」に辿り着くー未来から逆算する〜想像力をビジネスに生かすには
+6

AIによって人間のあらゆる価値観が変えられた未来は「ハイパー原始社会」に辿り着くー未来から逆算する〜想像力をビジネスに生かすには

2021年8月25日(水)に開催したNIKKEI LIVE「未来から逆算する〜想像力をビジネスに生かすには」では、不確実性の高いVUCAの時代、多くの企業が2050年の在りたい姿を掲げて「バックキャスト」の視点で経営を行う中、関心が高まる未来予測について議論しました。イベント内容の一部をご紹介します。 テクノロジーから政治、経済、社会、ライフスタイルまで幅広く取材・執筆活動を行ないながら数々のメディアでも活躍中の作家でジャーナリストの佐々木俊尚さん、オムロン創業者立石一真氏

スキ
10
就職内定の最強兵器としてのスクラップ
+2

就職内定の最強兵器としてのスクラップ

インターネット情報では差がつかない高校生の皆さん、元気ですかー! さて、今日はスクラップについてお話したいと思う。 スクラップぅ?新聞をハサミで切り抜いて、スクラップブックに貼るの? そんなのインターネットにあらゆる情報があるから、いらないでしょ。 そういうんだね。 そもそも新聞をとらないから、紙がない? 雑誌も買わないから、紙の資料はないから、スクラップやらないでいいでしょ。 スクラップで本能を満たせ いや、あえて言う。紙もスクラップも、人間の本能なのだ。

スキ
5
「○○業」という枠組みに縛られていないか?ー発想の転換を研究しよう

「○○業」という枠組みに縛られていないか?ー発想の転換を研究しよう

2021年7月20日(火)に開催したNIKKEI LIVE「発想の転換を研究しよう」では、デジタル技術の進展で多くの企業が事業の再構築・新しい発想による新事業の構築を迫られる中、どのようにビジネスモデルの変革を行えばいいのか、どうすれば発想の転換ができるのかについて議論しました。 「世界でもっとも有力なコンサルタントのトップ25人」にも選出された経営のプロフェッショナル早稲田大学大学院経営管理研究科・ビジネススクール教授の内田和成さん、情報経済学・デジタル経済論が専門で「デ

スキ
16
「ダブルスタンダードを許して新陳代謝を繰り返すことが企業を強くする」
ー先駆者に聞く、スタートアップを生かしたDX新事業の作り方

「ダブルスタンダードを許して新陳代謝を繰り返すことが企業を強くする」 ー先駆者に聞く、スタートアップを生かしたDX新事業の作り方

2021年6月22日(火)に開催したイベント「先駆者に聞く、スタートアップを生かしたDX新事業の作り方」では、イノベーションの創出が必要だと考える大企業が「スタートアップに投資をしたい、協業したい」と考えるケースが増えている中、スタートアップを生かしてDX新事業を創出し育むための本質や課題について議論しました。 機械部品商社ミスミでの新規事業会社の立ち上げやネット印刷通販のラクスル立ち上げなど新規事業家として活躍する守屋実さん、人工知能(AI)開発のスタートアップを設立し内

スキ
9
日本経済新聞webに拙コラム掲載「PHVから未来を考える」

日本経済新聞webに拙コラム掲載「PHVから未来を考える」

6月11日の日経産業新聞SmartTimesに寄稿した拙コラムが、日本経済新聞のwebにもアップされました。登録すれば無料で読めますので、ご高覧いただければ幸いです。 https://www.nikkei.com/article/DGXKZO72770940Q1A610C2XY0000/ #ボルボ #volvo #xc60 #プラグインハイブリッド #日本経済新聞 #日経産業新聞 #smarttimes

スキ
1
日経産業新聞SmartTimes 210611寄稿「PHVから未来を考える」

日経産業新聞SmartTimes 210611寄稿「PHVから未来を考える」

約月1回のペースで日経産業新聞の連載コラムSmartTimesに寄稿しています。本日2021年6月11日付の日経産業新聞には「PHVから未来を考える」というテーマで考えてみました。 ボルボのブラグインハイブリッド車モニターの体験をもとに、未来のあるべきライフスタイルを夢想した雑文です。お手元にあればご笑覧くださいませ。 近日、日本経済新聞のウェブサイトにも転載されます。 #日経産業新聞 #Smarttimes #volvo #ボルボ

スキ
1
日本の木材資源に希望を

日本の木材資源に希望を

<日経産業新聞2021/6/2「住宅業界に「ウッドショック」」を受けて> ウッドショックとは… 住宅の柱や梁などに使う輸入木材の需給が逼迫して価格が高騰し、大きな混乱が生じている状況。 ▷要因  需要①:アメリカの住宅需要      (低水準の住宅ローン金利/都市から郊外への転居の増加/      金余りを受けた富裕層の購入意欲の増進)  需要②:中国の経済回復    供給①:コロナ禍での労働者(林業、製材工場)の減少   供給②:キクイムシによる森林被害  供給③:海上

スキ
2
新事業をゼロから設計できる経済学技術がいま食べ頃でお手頃……気鋭の経済学者と起業家、Fintech研究者が白熱討論

新事業をゼロから設計できる経済学技術がいま食べ頃でお手頃……気鋭の経済学者と起業家、Fintech研究者が白熱討論

この記事は5月25日(火)に開催した、オンラインイベント「競争力を高める「経済学」の生かし方」の内容をもとに作成しました。 今、顧客の行動データが非常に大事にされるようになってきています。しかし、そのデータを「どう生かすのか?」という理論がなければ、ビジネスや企業経営で成果を出すことは難しいでしょう。 日本では経済学のような学問をビジネスに生かして成果を出している企業はまだまだ少ないですが、今回は、学術的な理論を実際にビジネスに展開されている先駆者の方々と一緒に、競争力を

スキ
29
「就職四季報」と「業界地図」

「就職四季報」と「業界地図」

👉『就職四季報』 「会社四季報」ならぬ『就職四季報』とは? 「東洋経済新報社」が企業アンケートや公開情報、取材をもとに、企業約5,000社の「求める人材」「採用人数・配属先」「採用実績校」「平均年収」「3年後離職率」「有休取得状況」「残業時間」「新卒採用プロセス」、「試験情報(選考ポイント、適性検査の種類他)」などの情報を集め、掲載したもの。  同書には、「業種別・博士課程修了予定者を採用する会社」「業種別・海外勤務地と人数」「業種別・通年採用する会社」などのデータも。

スキ
34