髪の毛切ってから本当にどっちかわかんない感じになってる
マスクするしメガネかけるし前髪重ためだし

髪の毛切ってから本当にどっちかわかんない感じになってる マスクするしメガネかけるし前髪重ためだし

個性をネタにしない生き方

個性をネタにしない生き方

"性同一性障害って個性でしょ。" 悩み苦しむ時期を超えた僕はずっとそう思って生きてきた。そして少なくとも僕に見えてた周りも、そう生きていた。 ある人は相談役になり、ある人は一任者になり、ある人は講演をする。皆、武器としてこの個性を活かしていた。 僕もその道を進むだろう。と思っていた。 なぜなら僕は会社員を辞めたかったから。会社に属さず生きるにはそういう道がいいだろうと漠然と考えていた。 しかし一向にやる気が出ない。僕に出来るとも思えない。そんな日が続いた。 なぜこ

トントン拍子は神様が背中を押したのか②

トントン拍子は神様が背中を押したのか②

胸オペ 乳腺切除手術 性別は女性だけど心は男性。 胸がやだ。 やだ。 い・や・だ! なーんて思うのはもう終わり 手術後、バカバカご飯食べて、すこし寝ようと思ったけど寝られず、またnote書いてみる。 全身麻酔の話しよかな。 実は1回経験済み。 そんときは軽い病気で手術したんだけど。 知ってたから、よっゆー😀 緊張なかった。 てかね 実は昨日の夜、歯が痛くなって痛み止めを飲もうかどうか悩んで悩んで。 手術前だから飲まないほうが良いかと勝手に判断したら、眠れない

スキ
1
思っている事を叶えるたった一つの方法。LGBT社会人交流会「BRUSH UP」代表 鈴木優希

思っている事を叶えるたった一つの方法。LGBT社会人交流会「BRUSH UP」代表 鈴木優希

みんなそれぞれになりたいもの、手にいれたいものがある。 それを叶える近道。それは、その想いを出来るだけ細かく具体的に言葉にして発すること。 それだけ?と思うかもしれないが、それだけだ。 僕は40歳になったのをキッカケにLGBT社会人交流会「BRUSH UP」を立ち上げ、活動を始めた。 現在、月に一回のペースで開催しているこのブラッシュアップ。今は社会人に限定して、参加して下さる皆さんがそれぞれに「高め合い」「より自分磨き」ができる場所にする事を目的として毎回開催してい

スキ
3
乳腺切除手術

乳腺切除手術

全身麻酔から 目が覚めた。 喉が痛い… 気持ち悪い… お腹空いた… 天井と繋がれた点滴を眺めながらまず思ったのはこんな感じ 邪魔な胸をとる手術。 念願だったな。 ほんとにする日が来るとは。 てか、もー、胸がないんだよなー。 時系列で書こうかと思ったけれど、手がプルプルしちゃうし、お腹空いてるから、あとでゆっくり書くことにしよう。 とりあえず、生きていた😀 ありがたや。 トランス FtM 胸オペ

スキ
1
男性の身体動作の基本は外へ拡張
女性の身体動作の基本は内に収縮

骨盤の内側の器官が思いっきり収縮すると四肢すべてがそこに引っ張られるような感覚
女性が好んで使う(女性にしかできない)動作はその収縮活動を基盤にしている
女性化と同時にそれが自然に起こり
内へ収縮する動作を体得した

男性の身体動作の基本は外へ拡張 女性の身体動作の基本は内に収縮 骨盤の内側の器官が思いっきり収縮すると四肢すべてがそこに引っ張られるような感覚 女性が好んで使う(女性にしかできない)動作はその収縮活動を基盤にしている 女性化と同時にそれが自然に起こり 内へ収縮する動作を体得した

スキ
7
ニューハーフに女性服は拷問

ニューハーフに女性服は拷問

 元が男ってことは=一般女性よりも身体がデカいって部分が目立つことも多い。私の場合だと買ってもらったプレゼント関係でそういったことを度々感じる。  とくに一般女性向けに売られているアクセサリー関係なんかは私にはほぼほぼ小さいものばかり。  例えばネックレスで首が閉まって死にかけるとか。せっかく旦那が買ってくれたネックレスだから着けたいのに着けてると常に酸欠になってしまい、あえなく断念しインテリアとなる…なんてことも。  他にも薬指用に旦那がサプライズで買ってきてくれた指輪が

スキ
2
2つの性別を生きて。FTMトランスジェンダー鈴木優希

2つの性別を生きて。FTMトランスジェンダー鈴木優希

僕はFTMトランスジェンダー 女に生まれたが性同一性障害の治療を進め、今は戸籍を男に変えて生活している。 1980年生まれ 40歳。 女らしく・女だからこれは昔から嫌いな言葉だった。 髪の長さ、仕草、言葉遣い、服装、、 何かにつけて求められた。 女って、めんどくさい。女って、男よりも格下? そう思わされた。 そしてそれは僕に弟が出来た時に確信した。 僕は次女だった。2つ上に姉、7個下に弟がいる。 7歳違いの弟の誕生であからさまに感じた「男」に対する家族の態度の

スキ
4
肋骨が浮き彫りになる武骨さが
いまやすっかりまろやかな肌に
その脂肪は体重に加算されます
平らだった胸にも
いまや山と谷ができて
そのぶん体重に加算されます

男性ホルモンは性欲が増大って聞いてFtM(女→男)じゃなくてよかったと心底思ったものだが
女性ホルモンは食欲増大して太る

肋骨が浮き彫りになる武骨さが いまやすっかりまろやかな肌に その脂肪は体重に加算されます 平らだった胸にも いまや山と谷ができて そのぶん体重に加算されます 男性ホルモンは性欲が増大って聞いてFtM(女→男)じゃなくてよかったと心底思ったものだが 女性ホルモンは食欲増大して太る

スキ
9
カトリック教会がトランスジェンダリズムに反対する理由

カトリック教会がトランスジェンダリズムに反対する理由

「ノンバイナリー」「トランスジェンダー」「性の多様性」という言葉が、日本のメディアでもよく使われるようになりました。カトリック教会が、これらの概念に反対する理由はなんでしょうか?カトリック教会が守りたいものは何なのでしょうか? 米国のカトリック護教団体「カトリック・アンサーズ(Catholic Answers )」のC・Y・ケレット氏の記事をご紹介します(以下、記事の和訳。リンクは文末)。 *** トランスジェンダリズムの狂気は医師を独裁者にする――カトリック教会は、不

スキ
3